▶大相撲 ……大相撲記録

【大相撲記録】十両6枚目以下で幕内力士と対戦

2021/01/24

2021年1月場所は、新型コロナに感染または濃厚接触者になった力士が出場できなくなったため幕内7人十両9人の計16人が初日から休場しました。(怪我で休場した力士も含む)

幕内出場者の人数が奇数になってしまったため、十両から対戦相手を持ってこなくてはいけません。

しかし十両の上位・5枚目以内の10人のうち7人が休場してしまったため、幕内力士との対戦に6枚目以下の力士まで起用される事態になってしまいました。

◆2021年1月場所の十両力士

( )は休場力士

(石浦)十両1大奄美
(千代丸)十両2(千代ノ皇)
(炎鵬)十両3美ノ海
松鳳山十両4(旭秀鵬)
(若元春)十両5(千代鳳)
東龍十両6英乃海
(旭大星)十両7錦木
剣翔十両8大翔丸
常幸龍十両9琴勇輝
宇良十両10水戸龍
(千代の海)十両11王鵬
白鷹山十両12貴源治
十両13矢後
竜虎十両14東白龍

4日目に東十両6枚目の東龍が、5日目には西十両6枚目の英乃海が幕内の土俵に上がりました。

6日目には西十両7枚目の錦木が幕内で取組を務めます。

さらに6枚目の力士では10日目に東龍が、千秋楽に英乃海が幕内で。

同じ千秋楽には西十両8枚目の大翔丸が幕内で相撲を取ります。

十両6枚目以下の力士が幕内で対戦するのは珍しいことです。

これまでの十両6枚目以下の幕内対戦について調べてみました。

おすすめ相撲書籍

おはぎやまのいちにち

十両6枚目以下の力士が幕内の土俵に上がった回数

※15日制が定着した1949年5月場所以後、2021年1月場所千秋楽まで

十両5枚目 216回

十両6枚目 57回

十両7枚目 13回

十両8枚目 5回

十両9枚目 1回

十両5枚目と6枚目では4倍近い差があります。

幕内力士が十両6枚目以下の力士と対戦することがいかに珍しいことかが分かります。

5枚目以内なら幕内との対戦は想定内。6枚目以下の場合は想定外の事態です。

十両6枚目の力士が幕内土俵に上がった日

※15日制が定着した1949年5月場所以後、2021年1月場所10日目まで

4日目 1回

5日目 1回

10日目 3回

11日目 2回

12日目 3回

13日目 8回

14日目 15回

千秋楽 24回

幕内力士との対戦は終盤の13日目以降に8割以上が集中しています。

大きく勝ち越した力士が幕内との入れ替え戦的な取り組みに臨むケースや、幕内で大きく負け越している力士の救済的な対戦に使われるケースなどがあります。

1991年7月場所では、前頭14枚目で15戦全敗を喫した板井が千秋楽に対戦した相手が十両6枚目の薩洲洋でした。

十両6枚目の力士が4日目・5日目と序盤に幕内力士と対戦したのは2021年1月場所が初めて。

いかに異例の場所だというのが分かります。

十両7枚目で幕内力士と対戦

1951年1月場所12日目
東 ● 緋縅 - 神若(西前頭21)

1951年9月場所13日目
東 ● 大龍 - 平ノ戸(西前頭20)

1957年3月場所14日目
東 ○ 房錦 - 広瀬川(西前頭22)

1973年9月場所千秋楽
西 ● 吉の谷 - 双津竜(東前頭12)

1974年5月場所14日目
西 ○ 時葉山 - 吉の谷(西前頭12)

1982年7月場所千秋楽
西 ● 大飛 - 王湖(東前頭14)

1987年3月場所13日目
東 ● 隆三杉 - 騏乃嵐(東前頭14)

1987年3月場所千秋楽
東 ○ 隆三杉 - 琴ヶ梅(西前頭13)

1991年9月場所千秋楽
西 ○ 大岳 - 玉海力(西前頭15)

2001年9月場所14日目
西 ○ 燁司 - 若孜(西前頭15)

2011年5月場所11日目
西 ● 明瀬山 - 木村山(東前頭17)

2011年5月場所12日目
西 ● 明瀬山 - 高見盛(東前頭15)

2021年1月場所6日目
西 ● 錦木 - 豊昇龍(東前頭14)

十両8枚目で幕内力士と対戦

2000年9月場所千秋楽
東 ○ 若光翔 - 金開山(東前頭13)

2002年7月場所千秋楽
西 ○ 潮丸 - 追風海(東前頭13)

2011年5月場所8日目
東 ● 佐田の海 - 栃乃洋(西前頭14)

2011年5月場所9日目
西 ● 富士東 - 時天空(西前頭13)

2021年1月場所千秋楽
西 ○ 大翔丸 - 徳勝龍(東前頭8)

十両9枚目で幕内力士と対戦

1950年5月場所千秋楽
東 ● 甲斐ノ山 - 宮城海(東前頭20)

甲斐ノ山は敗れたものの13勝2敗で十両優勝。翌場所の新入幕を決めました。

前回、十両7枚目・8枚目の力士が幕内と対戦したのは大量の引退力士を出したあとの技量審査場所でのこと。

十両では28人中10人が出場しませんでした。

関連記事

明瀬山が幸運の新入幕―十両4枚目以下8勝7敗での入幕

関連キーワード

大相撲カテゴリー
大相撲総合

大相撲ガイド

大相撲記録

珍決まり手

大相撲観戦

大相撲イベント

地方巡業

予想番付

四股名

相撲女子

優勝力士一覧

三賞一覧

関取一覧

湘南地区出身力士星取表

\この情報をシェアしよう/

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶大相撲, ……大相撲記録
-,