▶プロ野球 ……プロ野球記録

【プロ野球記録】先発全員奪三振を達成した投手 出場した全員から三振を奪ったのは過去6人だけ

2020年8月14日に大阪ドームで行われた阪神vs広島戦で、広島のルーキー森下暢仁投手が阪神の先発出場した選手全員から三振を奪い2安打完封勝利を収めました。

また、2020年8月18日に大阪ドームで行われたオリックスvs西武戦で、オリックスの山本由伸投手が7回で降板しながらも先発出場した全員から三振を奪いました。

この「先発全員奪三振」の記録に関して、一部メディアで森下投手がセ・リーグ史上2人目(史上7人目)、山本投手が史上8人目という報道がなされましたが、正確ではありません。

2004年の松坂大輔投手をはじめ史上6人(セ・リーグ1人)が記録しているのは「先発全員奪三振+出場選手全員三振」というもの。相手チームに交代選手が出なかったために達成された記録です。

森下投手と山本投手の場合は、途中出場した選手全員からは三振を奪っていないので「先発全員奪三振+出場選手全員三振」には当てはまりません。

したがって、森下投手が史上7人目、山本投手が史上8人目とするのは誤りとなります。

森下投手と山本投手が記録したのは単なる「先発全員奪三振」で、年に1~2回ほど出現しています。

とはいえ、先発全員奪三振を達成するのは簡単なことではないです。ノーヒットノーランに匹敵するほどの出現率なので偉大な記録であることには変わりがありません。

プロ野球の記録をまとめたサイト「クラシックSTARTS鑑賞(野球の記録で話したい)」では、たばともさんによって先発全員奪三振を達成した投手がまとめられています。

先発全員奪三振達成投手/1950~1988

先発全員奪三振達成投手/2007~2020

当記事では、森下投手と山本投手ならびに「先発全員奪三振+出場選手全員三振」を達成した投手の打者別三振数をまとめます。

スポンサーリンク

森下投手、山本投手打者別三振数

※途中出場選手全員から三振は奪えず

森下暢仁(広島)

2020年8月14日(大阪ドーム)

○6-0 阪神

打順打者三振
1近本光司1
2中谷将大2
3サンズ2
4大山悠輔1
5ボーア1
6梅野隆太郎1
7木浪聖也1
8植田海1
9藤浪晋太郎1
代打福留孝介1
合計12

他に代打で髙山俊(左飛)と糸井嘉男(左邪飛)、守備で陽川尚将・北條史也・坂本誠志郎、リリーフ投手で尾仲祐哉と望月惇志が出場。

山本由伸(オリックス)

2020年8月18日(大阪ドーム)

●1-3 西武

打順打者三振
1鈴木将平1
2源田壮亮1
3外崎修汰1
4山川穂高2
5栗山巧1
6メヒア3
7森友哉1
8スパンジェンバーグ1
9金子侑司1
合計12

他に代走から守備で木村文紀、守備で呉念庭が出場。

「先発全員奪三振+出場選手全員三振」達成投手の打者別三振数

※相手チームに途中交代選手無し

年月日投手(所属)相手
2004/04/09松坂大輔
(西武)
近鉄
2005/05/20川上憲伸
(中日)
ロッテ
2008/04/05大場翔太
(ソフトバンク)
ロッテ
2009/04/24涌井秀章
(西武)
ロッテ
2009/09/01岩隈久志
(楽天)
西武
2014/09/19則本昂大
(楽天)
日本ハム

※2005年の川上憲伸は交流戦で達成

※涌井秀章は毎回奪三振

松坂大輔(西武)

2004年4月9日(西武ドーム)

○1×-0 近鉄

打順打者三振
1大村直之1
2阿部真宏1
3礒部公一1
4中村紀洋1
5北川博敏1
6鷹野史寿1
7星野おさむ2
8大西宏明1
9的山哲也1
合計10

川上憲伸(中日)

2005年5月20日(千葉マリン)

○7-1 ロッテ

打順打者三振
1西岡剛1
2堀幸一1
3福浦和也1
4フランコ1
5ベニー 1
6李承燁1
7里崎智也1
8大塚明1
9今江敏晃2
合計10

大場翔太(ソフトバンク)

2008年4月5日(千葉マリン)

○3-0 ロッテ

打順打者三振
1早川大輔3
2根元俊一2
3西岡剛2
4オーティズ1
5大松尚逸1
6里崎智也2
7橋本将2
8サブロー1
9今江敏晃2
合計16

涌井秀章(西武)

2009年4月24日(西武ドーム)

○3-1 ロッテ

打順打者三振
1早川大輔2
2バーナムJr.1
3西岡剛1
4井口資仁1
5橋本将1
6サブロー2
7大松尚逸1
8里崎智也2
9今江敏晃1
合計12

岩隈久志(楽天)

2009年9月1日(宮城)

○3×-2 西武

打順打者三振
1片岡易之1
2栗山巧1
3中島裕之1
4後藤武敏1
5石井義人1
6大崎雄太朗2
7ボカチカ2
8原拓也1
9銀仁朗1
合計11

則本昂大(楽天)

2014年9月19日(宮城)

○1-0 日本ハム

打順打者三振
1西川遥輝3
2中島卓也2
3陽岱鋼1
4中田翔1
5ミランダ1
6小谷野栄一2
7谷口雄也1
8大引啓次1
9大野奨太1
合計13

「先発全員奪三振+出場選手全員三振」の記録を作られたのは、すべてパ・リーグのチーム。

セ・リーグでは投手の打席で代打が送られやすいので、なかなか達成するのは難しいですね。

関連記事
1イニング4奪三振

1試合で5三振を喫した選手

関連キーワード

プロ野球カテゴリー
プロ野球総合

プロ野球記録

高校野球カテゴリー
高校野球総合

甲子園出場校戦績

高校野球記録

高校野球神奈川県大会

スポンサーリンク

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶プロ野球, ……プロ野球記録
-,