▶プロ野球 ……プロ野球記録

【プロ野球記録】捕手(キャッチャー)として出場した外国人選手 中日のA・マルティネスが外国人キャッチャーとしては20年ぶりの出場

2020/07/09

2020年7月4日、巨人vs中日(東京ドーム)の6回裏、中日のキャッチャーが加藤匠馬から一軍に昇格したばかりのアリエル・マルティネスに交代しました。

外国人選手のキャッチャーとしての出場は、2000年のディンゴ(中日)以来20年ぶりのこと。さっそく巨人・吉川尚輝選手の盗塁を阻止しました。

日本のプロ野球で活躍する外国人選手のなかで、とりわけ少ないポジションなのがキャッチャーです。

言語的な問題で試合中のコミュニケーションが難しいとか、キャッチャーとして大成するには育成に時間がかかるため短期間の在籍が多い外国人選手には向かない、などという理由があげられてきました。

そんな貴重な存在である外国人キャッチャーたちをまとめてみました。

スポンサーリンク

年代順

選手球団試合
ハリス名古屋→イーグルス
1936~1938
179
田中義雄※阪神
1937~1944
428
広田順※巨人
1952~1956
423
フッド毎日
1953
2
ルイス毎日
1954~1955
264
レッカ高橋・トンボ
1954~1955
190
ブッサントンボ
1955
1
藤重登※南海→阪神
1956~1961
127
ボトラ近鉄
1959
40
神谷雅巳※大毎
1961
1
テスタ大毎
1962
53
白仁天●東映
1963~1971
185
ギャレット広島
1977~1978
12
ディアズロッテ
1990~1991
21
キャブレラオリックス
1994
1
ディンゴ中日
2000
1
マルティネス中日
2020~
(1)

※田中義雄、広田順、藤重登、神谷雅巳はハワイ出身の日系アメリカ人

●出生時の国籍が日本だったので、外国人登録はされず日本人選手として扱われた

出場試合数ランキング

2019年現在

選手試合
田中義雄428
広田順423
ルイス264
レッカ190
白仁天185
ハリス179
藤重登127
テスタ53
ボトラ40
ディアズ21
フッド12
ギャレット12
ブッサン1
神谷雅巳1
キャブレラ1
ディンゴ1

各選手の詳細

試合数は捕手として試合に出場した回数。

ハリス

名古屋(1936)→イーグルス(1937~1938)

球団試合
1936春夏名古屋15
1936秋名古屋23
1937春イーグルス17
1937秋イーグルス49
1938春イーグルス35
1938秋イーグルス40
国内通算179

日本でプロ野球リーグ戦が始まった1936年に名古屋軍に入団。

翌年イーグルスに移籍。打撃守備の両面でチームをひっぱり、春季最下位だったチームが秋季で3位になる原動力となりました。リーグ最多安打を放ちMVPを受賞。

1938年春季には6本のホームランで本塁打王に。

田中義雄

阪神(1937~1944)

球団試合
1937秋タイガース43
1938春タイガース24
1938秋タイガース31
1939タイガース2
1940阪神100
1941阪神65
1942阪神103
1943阪神58
1944阪神2
国内通算428

ハワイ出身の日系アメリカ人。通称は「カイザー田中」

戦前の阪神を正捕手として支えた元祖「メガネの捕手」

捕手として十分な活躍にもかかわらず「メガネをかけた捕手は大成しない」という考えが長年プロ野球界にはびこり、そのジンクスをふりはらわれるには古田敦也が世に出てくるまで待たなければなりませんでした。

1959年、長嶋茂雄がサヨナラホームランを打った天覧試合では阪神の監督を務めました。

広田順

巨人(1952~1956)

球団試合
1952巨人79
1953巨人114
1954巨人106
1955巨人96
1956巨人28
国内通算423

ハワイ出身の日系アメリカ人。

巨人の第二期黄金時代を支え、1953年~1955年まで3年連続ベストナイン。オールスターにも1952年から4年連続出場しました。

西田亨(ビル西田)投手と1952年と1955年に、松岡光雄投手と1954年に、いずれもアメリカ国籍の投手と外国人選手同士のバッテリーを組んでいます。

フッド

毎日(1953)

球団試合
1953毎日2
国内通算2

進駐軍として横須賀基地に勤務。

捕手のほかに三塁手、遊撃手、外野手としても出場。

1953年9月6日には、プロ野球史上初の3イニング連続ホームラン(4回~6回)を放ちました。

ルイス

毎日(1954~1955)

球団試合
1954毎日130
1955毎日134
国内通算264

1954年と1955年の2年間、正捕手として毎日を支え2年連続でベストナインとなりました。

オールスターにも2年連続出場。1954年第1戦と第2戦、1955年第1戦では誰とも交代することなく9イニングフル出場。1954年のオールスターに全パから出場した捕手はルイスだけでした。(1954年に捕手として選ばれた南海・松井淳と西鉄・日比野武は出場なし)

レッカ

高橋・トンボ(1954~1955)

球団試合
1954高橋117
1955トンボ73
国内通算190

1954年には、リーグ4位となる23本のホームランを打ちました。

ブッサン

トンボ(1955)

球団試合
1955トンボ1
国内通算1

外野手が本職。外野手として63試合に出場しました。

藤重登

南海(1956~1957)→阪神(1959~1961)

球団試合
1956南海6
1957南海7
1959阪神29
1960阪神61
1961阪神24
国内通算127

ハワイ出身の日系アメリカ人。

南海では野村克也が台頭してきた時期と重なり出場機会は少なかったです。

阪神では3年間で114試合に出場。

ボトラ

近鉄(1959~1961)

球団試合
1959近鉄40
国内通算40

1959年は一塁手としても62試合に出場。

1960年に投手にコンバート。2年間で49試合に登板して6勝16敗の成績でした。

神谷雅巳

大毎(1961~1962)

球団試合
1961大毎1
国内通算1

通算の出場試合は1試合にとどまりました。

テスタ

大毎(1962)

球団試合
1962大毎53
国内通算53

ディサ投手、外国人選手の登録名に詳しい人には有名なマニー投手、2人の外国人投手の専属捕手的な役割をしました。

白仁天

東映・日拓・日本ハム(1962~1974)→太平洋(1975~1976)→ロッテ(1977~1980)→近鉄(1981)

球団試合
1963東映16
1964東映81
1965東映87
1971東映1
国内通算185

韓国出身ですが、出生時の国籍が日本であったため外国人登録はされず日本人選手として扱われました。

1965年9月に正捕手の座を種茂雅之に譲り外野手に転向。

1982年に発足したばかりの韓国プロ野球に参加。.412で初代の首位打者になっています。(韓国プロ野球で唯一の打率4割越え)

ギャレット

広島(1977~1979)

球団試合
1977広島11
1978広島1
国内通算12

本職は外野手。

1978年には40本塁打。オールスター第1戦では3本のホームランを打っています。

ディアズ

ロッテ(1989~1992)

球団試合
1990ロッテ15
1991ロッテ6
国内通算21

主に指名打者として四番を任されていました。

1990年7月28日のダイエー戦6回2アウト。投手が先発の前田幸長から伊良部秀輝へ交代すると、捕手も福沢洋一からディアズに交代しました。

8回2アウトからは荘勝雄投手が登板。1962年に大毎でディサ投手とテスタ捕手のバッテリーが組まれて以来となる28年ぶりの外国人同士のバッテリーでした。

ディアズが捕手に交代してからはダイエー打線を無安打に抑え勝利しました。

◆ディアズが捕手として出場した試合

出場日相手
1990年07月28日ダイエー
1990年07月29日ダイエー先発
1990年07月30日ダイエー先発
1990年07月31日日本ハム先発
1990年08月01日日本ハム先発
1990年08月02日日本ハム先発
1990年08月03日オリックス先発
1990年08月04日オリックス先発
1990年08月07日西武先発
1990年08月08日西武先発
1990年08月10日近鉄先発
1990年08月14日日本ハム先発
1990年08月15日日本ハム
1990年08月16日日本ハム先発
1990年08月25日西武
1991年06月02日西武先発
1991年06月06日ダイエー先発
1991年06月08日近鉄先発
1991年06月09日近鉄先発
1991年06月11日オリックス先発
1991年06月12日オリックス先発

キャブレラ

オリックス(1994)

球団試合
1994オリックス1
国内通算1

本職は一塁手。

1994年6月10日のロッテ戦で、途中からマスクをかぶりました。

ディンゴ

中日(2000)

球団試合
2000中日1
国内通算1

「ディンゴ」は愛称で、出身地オーストラリアに生息する犬から取ったもの。本名はデーブ・ニルソン。

オリンピックやWBCのオーストラリア代表選手。オリンピックでは2000年のシドニーと2004年のアトランタの日本戦でホームランを打つなどを苦しめられました。

本職は外野手。

2000年7月19日のヤクルト戦で途中からマスクをかぶりました。

アリエル・マルティネス

中日(2018~) キューバ出身。

球団試合
2020中日(1)
国内通算(1)

※2020年7月4日現在

2020年7月4日の巨人戦6回裏、外国人キャッチャーとして20年ぶりにマスクをかぶりました。

同じく6回裏から登板したゴンザレスと、セ・リーグでは1955年10月8日の巨人・西田亨-広田順以来となる外国人選手同士のバッテリーとなりました。

翌7月5日には、1991年6月12日のディアズ以来の先発マスク。

7月7日には、同じキューバ出身のライデル・マルティネス投手とマルティネス同士のバッテリーが誕生。

急場しのぎの起用ではなく、今後ドラゴンズの正捕手になることもありえる

関連記事
オールスターに選ばれながら試合に不出場だった選手

プロ野球カテゴリー
プロ野球総合

プロ野球記録

高校野球カテゴリー
高校野球総合

甲子園出場校戦績

高校野球記録

高校野球神奈川県大会

スポンサーリンク

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶プロ野球, ……プロ野球記録