▶高校野球 ……高校野球記録

【高校野球】甲子園初出場からの連敗記録 立命館宇治と国学院久我山が6戦目にして初勝利

2019年夏の甲子園には、甲子園初出場から5連敗中(春夏通算)の2校が出場。6戦目にして甲子園初勝利なるか注目されました。

大会第2日目の第4試合に登場した立命館宇治(京都)は、1-0と手に汗にぎる投手戦を制して、見事に甲子園初勝利。

一方、3日目の第3試合に登場した国学院久我山(西東京)は、同点に追いついたあと突き放されながらも、粘って逆転勝ち。こちらも甲子園初勝利を挙げました。

両校とも6戦目にしてようやく甲子園初勝利を手にすることができました。

以前には初勝利までもっと長くかかった学校もありました。

 

 

 

スポンサーリンク


 

甲子園初出場からの連敗記録(春夏通算)

連敗 校名 初出場 初勝利
9 盛岡大付 1995夏 2013春
7 海星(長崎) 1959夏 1968夏
6 膳所 1934春
6 大田 1937夏
5 横浜商 1923夏 1933夏
5 山形東 1936夏
5 富山商 1940夏 1967夏
5 金沢桜丘 1948春 1975夏
5 山形南 1952夏
5 伊香 1968夏
5 東海大札幌 1976夏 1986夏
5 中越 1978夏 1994夏
5 国学院久我山 1979春 2019夏
5 立命館宇治 1979夏 2019夏
5 智弁和歌山 1985春 1993夏
5 旭川工 1991夏

※横浜商は引き分けを挟む

 

初勝利までの連敗が一番長かったのは盛岡大付。延長戦など惜しい試合もありましたが、なかなか勝てずに初出場から17年越しに9連敗。2013年春に初勝利を挙げると、2017年には春夏でベスト8に進出するなど、躍進する東北勢の一角として甲子園を沸かせています。

今では強豪校の名をほしいままにしている智弁和歌山も甲子園では初出場から5連敗しました。観客席から何気なく発せられた「和歌山は智弁か。今年も初戦敗退だな」という野次を偶然耳にした高嶋監督が発奮してチームを鍛え上げ、春夏合わせて優勝3回の強豪に育て上げました。

 

初出場から6連敗でまだ勝利が無いのは膳所ぜぜ(滋賀)と大田(島根)の2校。

膳所は2018年春に21世紀枠として40年ぶりに甲子園に戻ってきましたが、勝利を上げられず。大田も1987年春から甲子園出場が遠ざかっています。

 

スポンサーリンク


 

 

関連記事

 

 

 

 

「高校野球」カテゴリーの記事

 

 

「プロ野球」カテゴリーの記事

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶高校野球, ……高校野球記録