▶大相撲 ……四股名

【四股名】本名の下の名前を四股名にした関取

2019/09/18

2019年9月場所9日目、西前頭10枚目の明生が勝ち越し。8勝1敗となり隠岐の海とともに優勝争いのトップに並びました。

「明生」とは珍しい四股名ですが、これ実は本名の下の名前を四股名にしているんですよね。

名字をそのまま四股名にする力士は多いですが、最近は下の名前を四股名にするケースも出てきました。

 

スポンサーリンク


 

本名の下の名前を四股名にした関取

四股名 期間 本名
大輝(だいき) 2016.07~2016.09 中村大輝
明生(めいせい) 2016.11
2017.05~
川畑明生
竜虎(りゅうこう) 2019.07 川上竜虎

初めて下の名前を四股名にした関取は大輝。本名は中村ですが、年寄に「中村親方」がいるため四股名を付けなければならず、初土俵のときから大輝を名乗りました。

新入幕の2016年11月場所で北勝富士に改名。

明生は初土俵時から一貫として下の名を名乗っています。

竜虎は、引退後タレントとして活躍した龍虎とは何も関係なくて、元小結濱ノ嶋の尾上親方の甥にあたります。読みも「りゅうこ」ではなく「りゅうこう」

四股名全体では、「竜虎 川上」と姓名を逆転した形になっています。

 

またロシア出身の阿覧は、本名がアラン・ガバライエフといい、下の名前の読みを漢字に当てはめて四股名にしました。(関取期間:2008年7月~2013年11月)

 

スポンサーリンク


 

下の名前を四股名にした他の力士たち

関取以上で下の名前を四股名にしたのは3名だけですが、幕下以下にも何人かみられます。

二朗」(現・荒ノ浪若者頭)

福太郎

虎太郎」(こたろう、現・武将山)

などが実際に四股名としてありました。

 

変わった名前では、埼玉県所沢市出身の伊藤兄弟。

兄が「羅王(らおう)」、弟が「爆羅騎(ばらき)」とそれぞれ下の名を四股名にしています。

兄弟2人の名前は父親の命名。

「羅王」は、漫画「北斗の拳」に登場する3兄弟の長兄「ラオウ」から。

「爆羅騎」は、1972年に公開されたマフィア映画「バラキ」からの命名。

羅王は立浪部屋、爆羅騎は式秀部屋と兄弟で別の部屋に所属しています。

 

また「海波(みなみ)」は下の名前もそのまま残したため、四股名全体で「海波 海波」と繰り返しみたいになっています。

 

Amazonビデオ 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

Amazon バラキ [DVD]

楽天 バラキ [ チャールズ・ブロンソン ]

 

 

関連記事

 

 

「大相撲」カテゴリーの記事

大相撲の話題

大相撲ガイド:大相撲の基礎知識を解説します

大相撲記録

珍決まり手:めったに見られない珍しい決まり手の解説と出現頻度など

大相撲観戦:国技館観戦記や国技館おみやげ情報など

大相撲イベント:大相撲イベント等の記録。

地方巡業:地方巡業の日程など

予想番付:毎場所後に次の場所の幕内と十両の番付を予想してます。

四股名:力士の四股名に関する話題あれこれ

相撲女子

優勝力士一覧

三賞一覧

関取一覧:昭和以降に関取として土俵にあがった力士の一覧です

湘南地区出身力士星取表

 

 

 

 

スポンサーリンク


「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶大相撲, ……四股名