▶大相撲 ……大相撲記録

【大相撲記録】初土俵からのスピード幕内初優勝ランキング 貴景勝が史上4位タイの26場所で初優勝

大相撲 優勝

大相撲2018年11月場所は小結貴景勝が13勝2敗の成績で初優勝しました。

2014年9月場所が初土俵の貴景勝は、初土俵以来26場所という史上4位タイの速さでの幕内初優勝。

わずか4年ほどで栄冠を手に入れました。

歴代のスピード幕内初優勝力士ベストテンを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

初土俵以来のスピード幕内初優勝

※年6場所制が定着した1958年以後

※序ノ口から取った力士のみ

場所 力士 初土俵 初優勝(地位)
1 24 貴花田 1988/03 1992/01(前2)
1 24 朝青龍 1999/01 2002/11(大関)
3 25 照ノ富士 2011/05 2015/05(関脇)
4 26 1988/03 1992/05(関脇)
4 26 貴景勝 2014/09 2018/11(小結)
6 30 武蔵丸 1989/09 1994/07(大関)
7 31 若花田 1988/03 1991/03(小結)
8 32 白鵬 2001/03 2006/05(大関)
9 34 琴欧洲 2002/11 2008/05(大関)
10 38 千代大海 1992/11 1999/01(関脇)

*貴花田=貴乃花 若花田=若乃花

史上1位は、貴景勝の元師匠である貴花田(貴乃花)と朝青龍の2人が記録した24場所。初土俵からまる4年での達成でした。

貴花田に加え、曙、若花田(若乃花)の1988年3月場所初土俵の同期生3人がそろってベストテンにランクイン。

 

スピード幕内初優勝(幕下付出)

場所 力士 幕下付出 初優勝(地位)
1 15 輪島 1970/01 1972/05(関脇)
2 16 琴光喜 1999/03 2001/09(前2)
3 21 出島 1996/03 1999/07(関脇)
3 21 御嶽海 2015/03 2018/07(関脇)
5 43 朝潮 1978/03 1985/03(大関)
5 43 武双山 1993/01 2000/01(関脇)

1位の輪島が15場所、2位の琴光喜が16場所と入門から約2年半で優勝を手にしています。

幕下付出から優勝を経験した力士はまだ6人だけ。複数回の優勝を経験したのは輪島ただ1人だけ。

他の5人は1回のみの優勝にとどまっています。

 

スポンサーリンク


 

 

関連記事

 

 

 

 

「大相撲」カテゴリーの記事

大相撲の話題

大相撲ガイド:大相撲の基礎知識を解説します

大相撲記録

珍決まり手:めったに見られない珍しい決まり手の解説と出現頻度など

大相撲観戦:国技館観戦記や国技館おみやげ情報など

大相撲イベント:大相撲イベント等の記録。

地方巡業:地方巡業の日程など

予想番付:毎場所後に次の場所の幕内と十両の番付を予想してます。

四股名:力士の四股名に関する話題あれこれ

相撲女子

優勝力士一覧

三賞一覧

関取一覧:昭和以降に関取として土俵にあがった力士の一覧です

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

..

 

ブログ作成者

ブログ作成者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶大相撲, ……大相撲記録
-