▶大相撲 ……予想番付

2019年1月場所予想番付

2018/11/28

横綱3人が休場し、横綱不在となり混乱をきわめた2018年11月場所。

優勝したのは小結の貴景勝。部屋の移籍など環境が変化があったものの、得意の突き押しで相手を圧倒し、初土俵から26場所目というスピード初優勝を果たしました。

いよいよ貴景勝にも大関取りの声が本格的に出てきました。さらなる活躍が期待されます。

そんな来場所2019年1月場所の予想番付です。

参考

平成30年九州場所|相撲レファレンス

 

スポンサーリンク


 

◎…新昇進 ○…再昇進 ×…陥落

横綱~三役

地位 西
白鵬 横綱 鶴竜
稀勢の里 横綱
高安 大関 豪栄道
栃ノ心
◎貴景勝 関脇 ○妙義龍
×御嶽海 小結 ○玉鷲

来場所の横綱3人の位置がどうなるかが問題。横綱は3人とも0勝に終わりましたが、白鵬と鶴竜は全休で一回も土俵に上がらなかったのに対し、稀勢の里は勝ち星こそあげられなかったものの4番相撲を取っています。

土俵に上がった稀勢の里が東正位になるのか、3人とも0勝なのは同じなので9月場所と変わらないのか。審判部の判断に注目です。

優勝した貴景勝が新関脇。大関へ向けて期待が高まります。

 

前頭

地位 西
栃煌山 前頭 ×逸ノ城
錦木 2 北勝富士
正代 3 松鳳山
琴奨菊 4 隠岐の海
碧山 5 嘉風
阿武咲 6 大栄翔
千代大龍 7 竜電
×魁聖 8 朝乃山
貴ノ岩 9 遠藤
宝富士 10 阿炎
佐田の海 11
12 明生
◎矢後 13 ○琴勇輝
○琴恵光 14 ◎照強
千代翔馬 15 豊山
大奄美 16 千代の国

前頭は上位の方が大渋滞。横綱大関の休場者が多く、それほど負けが込む力士がいなかったためですね。

矢後が新入幕を確定的にしました。入幕を機に新たな四股名を付けるでしょうか。ついに「とんぼ」になるのか。ヤゴだけに。

入幕4人目は、東十両2枚目で8勝7敗の大翔鵬と、西十両5枚目で10勝5敗の照強の争い。大勝ちの方が強いとみて照強の新入幕と予想しました。

 

十両

地位 西
大翔鵬 十両 ×大翔丸
貴源治 2 ×隆の勝
石浦 3 安美錦
若隆景 4 徳勝龍
白鷹山 5 友風
豊ノ島 6 ×千代丸
東龍 7 炎鵬
明瀬山 8 英乃海
旭大星 9 水戸龍
翔猿 10 志摩ノ海
剣翔 11 ×荒鷲
豪風 12 ○蒼国来
旭秀鵬 13 常幸龍
千代の海 14 ○臥牙丸

11月場所の豊ノ島、9月場所の常幸龍に続き、長年幕内で活躍しながら幕下落ちしていたベテランの蒼国来と臥牙丸が十両に戻ってくることになります。

西幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越した大成道ですが、十両からの陥落者が少なく来場所は東筆頭に回るだけとなりそう。

 

 

2019年1月場所日程

番付発表 2018年12月25日(月)

初日 2019年1月13日(日)

千秋楽 2019年1月27日(日)

 

スポンサーリンク


 

 

↓次場所:2019年3月場所予想番付

 

 

関連記事

 

 

「大相撲」カテゴリーの記事

大相撲の話題

大相撲ガイド:大相撲の基礎知識を解説します

大相撲記録

珍決まり手:めったに見られない珍しい決まり手の解説と出現頻度など

大相撲観戦:国技館観戦記や国技館おみやげ情報など

大相撲イベント:大相撲イベント等の記録。

地方巡業:地方巡業の日程など

予想番付:毎場所後に次の場所の幕内と十両の番付を予想してます。

四股名:力士の四股名に関する話題あれこれ

相撲女子

優勝力士一覧

三賞一覧

関取一覧:昭和以降に関取として土俵にあがった力士の一覧です

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

..

 

ブログ作成者

ブログ作成者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶大相撲, ……予想番付