▶芸能・音楽 ……サザンオールスターズ

サザンオールスターズ シングルディスコグラフィ 1 勝手にシンドバッド・いとしのエリーなど

2020/06/25

2018年でデビュー40周年を迎えたサザンオールスターズの歴代シングルを振り返ります。

第1回は、日本中に衝撃を与えたデビューシングル「勝手にシンドバッド」から10th「わすれじのレイド・バック」まで。

1 1978年06月25日
勝手にシンドバッド

2 1978年11月25日
気分しだいで責めないで

3 1979年03月25日
いとしのエリー

4 1979年07月25日
思い過ごしも恋のうち

5 1979年10月25日
C調言葉に御用心

6 1980年02月21日
涙のアベニュー

7 1980年03月21日
恋するマンスリー・デイ

8 1980年05月21日
いなせなロコモーション

9 1980年06月21日
ジャズマン (JAZZ MAN)

10 1980年07月21日
わすれじのレイド・バック

※収録曲で作詞作曲の表示が無いものはすべて「作詞作曲:桑田佳祐」

01  勝手にシンドバッド

1978年6月25日発売

収録曲
勝手にシンドバッド
当って砕けろ

世間にインパクトを与えた衝撃のデビュー作。歌詞の冒頭から「茅ヶ崎」が出てくるなど地元愛たっぷり。

タイトルは当時のヒット曲「勝手にしやがれ」(沢田研二)と「渚のシンドバッド」(ピンクレディ)を合わせたもの。

「今何時?」の問いかけに「そうねだいたいね」か「一大事!」で答えるかで世代が明確に分かってしまいますね。

TBS「ザ・ベストテン」に初登場した際、どこかのライブハウスで大勢のファンに囲まれながら熱唱しましたが、サザンのファンでなく、実はみんな当時の人気アイドル・あいざき進也のファンでした。

1番が終わったあとの間奏のセリフは

Music come on back to me ya

02  気分しだいで責めないで

1978年11月25日発売

収録曲
気分しだいで責めないで
茅ヶ崎に背を向けて

前作「勝手にシンドバッド」と同じようなアップテンポの曲。

「波の背にせに」のくだりは、田端義夫の『かえり船』から影響を受けています。

03 いとしのエリー

1979年3月25日発売

収録曲
いとしのエリー
アブダ・カ・ダブラ (TYPE 3)

※リンク先はサザン公式YouTube

コミックバンド路線かと思われていたサザンの実力を世にしらしめた、まさに「サザンの顔」ともいえる作品。

「勝手にシンドバッド」→「いとしのエリー」で世間の評価を一変させたという意味では、吉幾三が「俺ら東京さ行ぐだ」→「雪國」で評価が変わったのと双璧。

紅白歌合戦(1979年)に初出場を決めたときに歌った曲。

ライブでは、最後の「エリ~!」の前のタメが年々長くなっている気がします。

イントロで流れる英語の歌詞は

ah you should go back
you don't have to sigh
ain't nobody to disturb you.

アブダ・カ・ダブラ のTYPE1とTYPE2は、アルバム「10ナンバーズ・からっと」(1979年4月5日発売)に収録。1・2より前に3が世に出たことになります。

04 思い過ごしも恋のうち

1979年7月25日発売

収録曲
思い過ごしも恋のうち
ブルースへようこそ
作詞・作曲:サザンオールスターズ

「ブルースへようこそ」は、歌詞カードに●◎♂☆■▲など記号が羅列されているだけで歌詞が記載されていません。

歌の内容は、男同士の深い絡み合い(?)を題材にした際どい内容になっています。

歌詞は「ただの歌詩じゃねえかこんなもん」(新潮文庫)に載っています。

カラオケで歌うと画面に歌詞が表示されるものの、曲が終わると「曲を聴いてスタッフが歌詞を再現したものです」といった内容のテロップが出てきます。

05 C調言葉に御用心

1979年10月25日発売

収録曲
C調言葉に御用心
I AM A PANTY (Yes, I am)

「C調」は「いい加減」「無責任」などの意味とのこと。

「I AM A PANTY (Yes, I am)」も歌詞カードに歌詞の記載なし。(「ただの歌詩じゃねえかこんなもん」には載ってる)

06 涙のアベニュー

1980年2月21日発売

収録曲
涙のアベニュー
Hey! Ryudo! (ヘイ! リュード!)

5ヶ月連続シングルリリース企画(FIVE ROCK SHOW)の第1弾。

「Hey! Ryudo!」は、ビートルズの「ヘイ・ジュード」と宇崎竜童がかかっている。

07 恋するマンスリー・デイ

1980年3月21日発売

収録曲
恋するマンスリー・デイ
青い空の心 (No me? More no!)

08 いなせなロコモーション

1980年5月21日発売

収録曲
いなせなロコモーション
LOVE SICK CHICKEN
作詞:大森隆志 & フジミ・ミドリ
作曲:大森隆志

5ヶ月連続リリースの予定でしたが、この時だけ間が2ヶ月空いています。

歌詞の中に、コニー・フランシス、ドリス・デイ、シュープリームス、フランキー・ヴァリ、ビーチボーイズといったアーティストの名前が登場。

09 ジャズマン (JAZZ MAN)

1980年6月21日発売

収録曲
ジャズマン (JAZZ MAN)
ひょうたんからこま
作詞・作曲:関口和之

10 わすれじのレイド・バック

1980年7月21日発売

収録曲
わすれじのレイド・バック
FIVE ROCK SHOW

6ヶ月かかった「5ヶ月連続シングルリリース企画」の最後。

サザン ディスコグラフィ
サザンオールスターズ シングル 1

サザンオールスターズ シングル 2

サザンオールスターズ シングル 3

サザンオールスターズ シングル 4

サザンオールスターズ シングル 5

関連記事
【サザン茅ヶ崎ライブレポ】 その1 開場

【サザン茅ヶ崎ライブレポ】 その2 サプライズ!

【サザン茅ヶ崎ライブレポ】 その3 替え歌とリストバンドと

【サザン茅ヶ崎ライブレポ】 その4 マンピーのGスポット

【サザン茅ヶ崎ライブレポ】 その5 アンコール~終演

関連キーワード

Amazon サザンオールスターズ公式データブック1978-2019 (リットーミュージック・ムック) 楽天 サザンオールスターズ公式データブック1978-2019 (Rittor Music Mook)

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶芸能・音楽, ……サザンオールスターズ