▶プロ野球 ……プロ野球記録

【プロ野球記録】チーム開幕連勝記録 西武ライオンズが8連勝で歴代4位タイ

2018年のプロ野球ペナントレースが開幕。

2008年以来10年ぶりの優勝を目指す西武ライオンズは3月30日、札幌ドームでおこなわれた日本ハムとの開幕戦で、3回に7者連続安打で一挙に7点取るなど、15安打11得点で快勝。

勢いにのった西武ライオンズは、4月8日のオリックス戦まで8連勝。

 

開幕戦からの8連勝は、1999年の中日ドラゴンズ以来19年ぶりで、史上6球団目という快挙。

外崎、秋山、山川、森、源田、浅村の打撃陣が絶好調。この勢いでどこまで勝ち進むでしょうか。

開幕から8連勝以上の記録を残したチームを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

チーム開幕連勝記録(8連勝以上)

連勝 球団 最終順位
1 11 西鉄 1954 優勝
1 11 中日 1999 優勝
3 10 南海 1955 優勝
4 8 オリックス 1989 2位
4 8 西武 1991 優勝
4 8 西武 2018

開幕からの連勝最高記録は11連勝で、1954年の西鉄と1999年の中日の2回記録されています。

1989年のオリックス以外は優勝しているのはさすがですが、1991年の西武を除いて日本一を逃す結果となっています。

球団別でみると、ライオンズ(西鉄・西武)のみが開幕8連勝以上を複数回(3回)記録しています。

 

開幕連勝記録詳細

★…先発投手

西鉄(1954年) 11連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 3.27 6-5 東映 西村貞朗
2 3.28 7-2 東映 川崎徳次★
3 3.30 10-0 高橋 大津守★
4 3.31 3-2 高橋 坂上惇
5 4.3 4-0 阪急 川崎徳次★
6 4.4 12-7 阪急 河村久文★
7 4.4 4-3 阪急 坂上惇
8 4.6 5-1 大映 河村久文
9 4.7 5-1 大映 大津守★
10 4.8 16-2 大映 川崎徳次★
11 4.10 7-0 近鉄 西村貞朗★
4.11 1-6 近鉄

巨人を追われて福岡の地へやってきて4年目となった三原脩監督。南海のとのデッドヒートを制しついに初優勝を決めました。

 

中日(1999年) 11連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 4.2 4-3 広島 落合英二
2 4.3 2-1 広島 野口茂樹★
3 4.4 10-2 広島 山本昌★
4 4.6 9-0 横浜 武田一浩★
5 4.7 4-1 横浜 サムソンリー★
6 4.8 6-1 横浜 鶴田泰★
7 4.11 6-3 阪神 中山裕章
8 4.13 6-1 ヤクルト 山本昌★
9 4.14 11-6 ヤクルト 正津英志
10 4.15 3-0 ヤクルト 武田一浩★
11 4.16 6-1 巨人 サムソンリー★
4.17 3-7 巨人

スタートダッシュが効いて11年ぶりのリーグ優勝。

90年代最後の年のこの優勝で、星野仙一監督は80年代、90年代、00年代、10年代と4つの世代に渡り優勝を決めた唯一の監督になることができました。

参考

【プロ野球記録】3球団を優勝に導いた監督 闘将・星野仙一は中日、阪神、楽天で優勝

 

南海(1955年) 10連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 3.26 4-0 阪急 戸川一郎
2 3.27 6-5 阪急 宅和本司
3 3.29 8-4 トンボ 小畑正治
4 3.30 14-6 トンボ 戸川一郎
5 3.31 4-0 トンボ 中村大成★
6 4.2 8-5 西鉄 戸川一郎
7 4.3 6-1 西鉄 宅和本司★
8 4.5 5-4 近鉄 小武方信一
9 4.6 6-2 近鉄 野母得見★
10 4.7 5-1 近鉄 黒木貞男★
4.9 3-4 毎日

開幕10連勝で勢いにのった南海は、史上最高の99勝をあげパリーグ優勝を果たしました。

5連勝目となる3月31日のトンボ戦は、往年の大投手スタルヒンを打ち崩しての勝利。

ちなみにノムさんがキャッチャーのレギュラーをつかむのは翌年のことです。

 

オリックス(1989年) 8連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 4.9 8-0 近鉄 佐藤義則★
2 4.11 6-4 ロッテ 伊藤隆偉
3 4.12 16-8 ロッテ ホフマン★
4 4.12 8-2 ロッテ 酒井勉★
5 4.16 6-1 日本ハム 佐藤義則★
6 4.17 4-2 日本ハム 山沖之彦★
7 4.18 5-4 ダイエー 山内嘉弘
8 4.19 8-5 ダイエー ホフマン★
4.20 1-3 ダイエー

阪急からオリックスに球団名が変わった最初のシーズン。

1989年のパリーグは近鉄・オリックス・西武の3球団による熾烈な優勝争いで、最後まで行方が読めない展開に。

結局オリックスはパリーグ最多の72勝をあげながら、優勝した近鉄に勝率でわずか1厘届かないゲーム差無しの2位に終わりました。3位の西武も勝率がさらに1厘少ないだけで首位とのゲーム差0.5の3位でした。

オリックス快進撃の一因は、ブーマー、松永、石嶺、藤井、門田といった長距離砲が揃うブルーサンダー打線が絶好調だったこと。

しかし、9月25日のダイエー戦で31号ホームランを放った門田が、出迎えのブーマーとのハイタッチで脱臼。数試合戦線離脱したことが響いて、掴みかけた優勝をのがしてしまいました。

 

西武(1991年) 8連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 4.6 14-2 ロッテ 渡辺久信★
2 4.9 15-3 オリックス 渡辺智男★
3 4.10 9-6 オリックス 郭泰源★
4 4.11 4-0 オリックス 工藤公康★
5 4.13 9-8 ダイエー 鹿取義隆
6 4.14 5-3 ダイエー ヤング★
7 4.16 6-2 日本ハム 渡辺智男★
8 4.17 7-3 日本ハム 工藤公康★
4.19 0-5 近鉄

西武ライオンズ黄金期後期の最強時期を体現した年。この年ももちろん日本一となりました。

ほぼ1年変わらない最強のスタメン。相手を震え上がらせるまるでスキのない打線です。

1.(二)辻発彦
2.(右)平野謙
3.(中)秋山幸二
4.(一)清原和博
5.(指)デストラーデ
6.(三)石毛宏典
7.(左)---
8.(捕)伊東勤
9.(遊)田辺徳雄

7番の外野手が、安部理、吉竹春樹、笘篠誠治、羽生田忠克、森博幸らで入れ代わるだけでほぼ固定のメンバーで戦い抜きました。

ちなみにヤングは6連勝目であげた1勝が日本プロ野球で唯一の勝利。翌年で退団してしまいました。あまり制球がよくなかったらしいです。

 

西武(2018年) 8連勝

連勝 日付 スコア 相手 勝利投手
1 3.30 11-2 日本ハム 菊池雄星★
2 3.31 7-2 日本ハム 多和田真三郎★
3 4.1 4-1 日本ハム ウルフ★
4 4.3 7-4 ソフトバンク 十亀剣★
5 4.4 2-1 ソフトバンク カスティーヨ★
6 4.6 5-1 オリックス 菊池雄星★
7 4.7 6-3 オリックス 多和田真三郎★
8 4.8 7-4 オリックス 武隈祥太
4.10 2-5 ロッテ

開幕戦から7戦目まで、すべて先発投手に勝ち星がついたのは史上初。

7連勝目の4月7日の9回表、内野にあがったフライを内野にいた5人全員がお見合いして二塁打にしてしまうという、連勝して勢いがあるチームらしからぬ珍プレイも出ています。

 

参考 開幕7連勝したチーム

阪神(1938)巨人(1941)、毎日(1952)、阪神(2002)、巨人(2013)

太字は優勝

 

スポンサーリンク


 

関連記事

【プロ野球2015】開幕5連勝! 今年は西武が優勝する? 西武新人監督の優勝確率は80%超

【プロ野球記録】シーズン90勝以上をあげた球団

プロ野球記録INDEXへ

 

全カテゴリーINDEXへ

 

スポンサーリンク


..

ブログ作成者

ブログ作成者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶プロ野球, ……プロ野球記録