▶地域ネタ ▶交通 ……東京 ……鉄道 ……交通イベント

JR東京総合車両センター夏休みフェアで大迫力の車体上げ下げ実演を見学してきました 電車が宙高く浮き上がる!

2020/06/11

2016年8月27日、大井町駅から歩いて数分の所にあるJR東日本・東京総合車両センターでおこなわれた夏休みフェアに行ってきました。

東京総合車両センターは主に山手線の車両基地として使われています。山手線でたまにある「大崎行き」の電車は大崎で客を降ろしたあと、この東京総合車両センターに帰ってきて休むわけです。

普段は入ることができない車両基地を一般の人にも開放するという年に一度のお祭り(みたいなもの)。

子供から大人まで多くの鉄道ファンで会場は大賑わいでした。

スポンサーリンク

展示車両等

2010年1月まで京浜東北線を走っていた209系電車。

開発時に『重量半分・価格半分・寿命半分』のコンセプトで造られ、コスト削減・環境負荷軽減を目指しました。

この209系電車は今回だけの特別展示ではなく、ふだんから常設されています。

総武線に使われているE231系。下からド迫力の画像。

ふだんの運転にはない「中央特快 高尾」の表示を出しています。

山手線を走るE231系500番台。最新車両E235系が登場してきて、一部の電車は総武線に移ったりしています。

各地の路線で活躍しているE233系が大集合。

左から横浜線、京葉線、上野東京ライン(湘南新宿ライン)、中央線。

「車輪プール場」

電車の車輪がこんなにもズラーッと並べられた姿は圧巻。

人気キャラ「Suicaペンギン」も姿を現して、みんなにご挨拶。

でも台車に乗せられてどっかに運びさられてしまいました……。

嗚呼、どこへ行くSuicaペンギンよ。

車体上げ下げ実演を見学

夏休みフェアではいろいろな体験コーナー・実演コーナーが用意されていました。

・車体洗浄装置通過体験

・Nゲージ操作体験

・ドア開閉操作体験

・運転台操作体験

・車掌体験(マイク放送)

・輪軸引っ張り体験

・クーラー、台車外し付け実演

・台車組立て作業実演

・密着連結器外し付け実演

その中でこちらの建物の中でおこなわれたのが「車体上げ下げ実演」

E231系の両側に延びる2つの黄色いアーム。

グイーンと上から伸びていきます。

ガシッと車体の両側をつかんで

グイーンと上昇。

車体が上まで上昇。

車体と車輪のある台車はあらかじめ外してあります。

持ちあがった車体を手前に移動。迫りくる電車は大迫力。

目の前の位置まで移動。

こんな下から電車を見上げることなんてないですからね。

ふだんは見えない車体の下のあんな機器やこんな危機が露わな状態に(///∇///)

車で引っ張る運搬車的なものに乗っかる車体。

運搬車的なものに乗せられて外に運ばれる車体。

この後は逆工程の作業で車体はまた元の位置に戻っていきました。

車体が持ち上げられて宙に浮いている状態になっているのは初めて見ました。

迫力もありましたが、検査や修理などがあると大きな車体を一個一個持ち上げる作業をしなければならないのは時間もかかるし手間がかかりますね。

安全のために地道な作業を続ける方たちには頭が下がります。

関連記事
江ノ電タンコロまつり2016レポ 白熱の鉄道部品オークションも!

関連キーワード

スポンサーリンク

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶地域ネタ, ▶交通, ……東京, ……鉄道, ……交通イベント