▶高校野球 ……高校野球記録

【高校野球】夏の甲子園連続出場記録 聖光学院が戦後最高の12年連続出場

2018年夏の高校野球。福島県大会では聖光学院が決勝で福島商を破って優勝し、甲子園出場を決めました。

聖光学院はこれで2007年から12年連続で夏の甲子園出場。戦後最高記録を更新しました。干支を1周する大記録です。

 

このほかにも栃木県では、2016年に全国優勝を経験した作新学院が2018年も甲子園出場を決め、これで8年連続。

一方、高知県では2010年から8年連続で甲子園に出場していた明徳義塾が決勝で高知商に敗れてV9はなりませんでした。

 

ただでさえ難しい甲子園出場を連続で成し遂げるというのは、とてつもないことです。

歴代の「夏の甲子園連続出場記録ランキング」と「都道府県別の最長連続出場記録」を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

夏の甲子園連続出場記録ランキング

※6年以上

学校 期間
1 14 和歌山中 1915~1928
2 12 聖光学院(福島) 2007~2018★
3 8 智弁和歌山 2005~2012
8 明徳義塾(高知) 2010~2017
8 作新学院(栃木) 2011~2018★
6 7 早稲田実(東京) 1922~1928
7 敦賀商(福井) 1925~1931
7 明徳義塾(高知) 1998~2004
9 6 慶応普通部(東京) 1916~1921
6 松山商(愛媛) 1919~1924
6 大連商(満州) 1923~1928
6 呉港中(広島)※1 1932~1937
6 小倉(福岡)※2 1946~1951
6 松商学園(長野) 1975~1980
6 青森山田 2004~2009

★…継続中

※1…連続出場期間中に大正中→呉港中へ改称

※2…連続出場期間中に小倉中→小倉→小倉北→小倉へ改称。

 

スポンサーリンク


 

都道府県別 最長連続出場記録

※4年以上。4年以上連続出場の学校が無い場合はその県の最長記録。

北海道

5年 駒大苫小牧(南) 2003~2007
4年 北海中 1935~1938
3年 旭川竜谷(北) 1973~1975

駒大苫小牧は2004年から2006年まで3年連続甲子園決勝まで進出。2004年と2005年連覇。

北北海道は旭川竜谷の3年連続が最長。

 

青森

6年 青森山田 2004~2009

この間、県内のライバル光星学院(現・八戸学院光星)を決勝で下すこと3回。

 

岩手

3年 福岡中 1927~1929

戦後はまだ3年連続出場した高校はありません。

 

秋田

4年 秋田中 1931~1934

 

宮城

4年 東北 1958~1961
4年 仙台育英 1994~1997

県内のライバル校2校が記録を分け合ってます。

 

山形

4年 山形中 1936~1939
4年 酒田南 1999~2002

 

福島

12年 聖光学院 2007~2018★

★…継続中

戦後最長記録。

 

茨城

5年 竜ヶ崎中 1918~1922
4年 常総学院 2006~2009

竜ヶ崎中は現在の竜ヶ崎一。

 

栃木

8年 作新学院 2011~2018★

★…継続中

栃木県勢ではじめて2年連続出場したのは1997年・1998年の佐野日大。

 

群馬

3年 桐生中 1934~1936
3年 前橋工 1979~1981
3年 桐生第一 1998~2000

 

埼玉

4年 花咲徳栄 2015~2018★

★…継続中

2017年までは、浦和学院(2006年~2008年)と花咲徳栄(2015年~)が3年連続で並んでいましたが、2018年に花咲徳栄が4年連続と県記録を更新。

 

千葉

3年 成田 1946~1948
3年 市船橋 1996~1998

 

東京

7年 早稲田実 1922~1928
6年 慶応普通部 1916~1921
4年 日大一 1968~1971

東京代表は第1回の1915年から1937年まで23年連続して早慶(早稲田実、慶応普通部、慶応商工)で出場校を分け合いました。1938年に日大三中が早慶以外では初の東京代表に。

東西に分かれたのちは、それぞれ3年連続が最高。東東京は1980年~1982年の早稲田実(荒木大輔がエースのとき)。西東京は日大三が2003年~2005年と2011年~2013年の2回記録。

 

神奈川

5年 法政二 1957~1961
4年 東海大相模 1974~1977

法政二は、1960年夏と1961年春にエース柴田勲のもとで夏春連覇を達成。

東海大相模は、1974年から1976年まで原辰徳が主砲としてチームを牽引。

 

山梨

5年 東海大甲府 1984~1988

 

新潟

4年 長岡中 1918~1921

 

長野

6年 松商学園 1975~1980
5年 松商学園 1950~1954
4年 長野師範 1916~1919

松商学園は6年連続出場中、5年連続出場中のいずれも甲子園で全て初戦敗退。

長野師範は1919年に準優勝。

 

富山

3年 富山商 2002~2004

 

石川

4年 星稜 1989~1992

1990年から1992年まで松井秀喜が四番打者で出場。最後は5連続敬遠で敗退。

 

福井

7年 敦賀商 1925~1931
4年 福井商 1986~1989
4年 福井商 2005~2008

福井商は1986年夏から1990年春まで、春夏合わせて8季連続で甲子園出場の戦後最高記録。

 

静岡

4年 静岡中 1924~1927

 

愛知

4年 愛知一中 1917~1920
4年 中京商 1953~1956

愛知一中は現在の旭丘。

中京商は1954年に優勝。4年間全てベスト8以上に進出。

 

岐阜

4年 県岐阜商 1984~1987

 

三重

2年 松阪商 1958・1959
2年 三重 1968・1969
2年 三重 1975・1976
2年 明野 1986・1987
2年 海星 1989・1990
2年 海星 1993・1994
2年 三重 2013・2014

これまで7校が2年連続までいきながら、まだ3年連続は無し。

1977年に三重が3年連続を狙いましたが、決勝で海星に敗れました。

 

滋賀

4年 八幡商 1988~1991

 

京都

5年 平安中 1927~1931
5年 平安 1956~1960
4年 平安中 1935~1938

1928年と1936年に準優勝。1938年と1956年に優勝。

 

大阪

3年 PL学園 1983~1985
3年 大阪桐蔭 2012~2014

PL学園は桑田清原のKK時代。3年連続決勝に進出し1983年と1985年に優勝。

大阪桐蔭は2012年にエース藤浪のもと春夏連覇を達成。

 

兵庫

4年 第一神港商 1924~1927

第一神港商は市神港と校名を変え、さらに2016年4月には兵庫商と統合して現在は神港橘となっています。

 

奈良

4年 天理 2003~2006

 

和歌山

14年 和歌山中 1915~1928
8年 智弁和歌山 2005~2012
5年 智弁和歌山 1996~2000
4年 海草中 1937~1940

和歌山中は現在の桐蔭。第1回から第14回まで連続で出場し、1921年と1922年で連続優勝。とくに1921年は和歌山中の猛打が爆発。4試合で62安打、打率.358、本塁打3本、三塁打5本、二塁打10本、29盗塁と相手チームは手のほどこしようがありませんでした。

海草中は現在の向陽。1939年と1940年で連続優勝。とくに1939年はエース嶋清一の豪腕が炸裂。全5試合で完封。準決勝と決勝で連続ノーヒットノーランするなど相手チームは手のほどこしようがありませんでした。

 

岡山

3年 倉敷商 2008~2010

 

広島

6年 呉港中(大正中) 1932~1937
4年 広陵 1962~1965
4年 広島商 1981~1984

呉港中は1934年に大正中から改称。1934年にエース藤村富美男を擁し優勝。

 

鳥取

4年 鳥取一中 1926~1929

鳥取一中は現在の鳥取西。

 

島根

3年 浜田 1979~1981
3年 浜田 1997~1999
3年 開星 2006~2008

 

山口

5大会 下関商 1938~1940・1946・1947

1938年~1940年まで3年連続。戦争による中断をはさんで1946年と1947年にも出場し5大会連続出場。1939年に準優勝。

 

香川

5年 高松商 1976~1980

1977年夏から1979年夏にかけて堤達郎選手が春夏5大会連続で甲子園ベンチ入り。戦後新学制のもとで初。PLの桑田・清原、早実の荒木らと並ぶ最高記録。

 

徳島

5年 鳴門 2012~2016
4年 徳島商 1997~2000

 

愛媛

6年 松山商 1919~1924

 

高知

8年 明徳義塾 2010~2017
7年 明徳義塾 1998~2004

2002年に優勝。

 

福岡

6年 小倉(小倉中・小倉北) 1946~1951
4年 福岡工 1937~1940

小倉は、旧学制から新学制に切り替わる戦後間もなくのころに6年連続出場。この間、校名が小倉中→小倉→小倉北→小倉と目まぐるしく変わりました。1947年と1948年で連続優勝。

 

佐賀

3年 佐賀中 1922~1924
3年 佐賀中 1927~1929

 

長崎

3年 海星 1966~1968
3年 海星 1971~1973
3年 長崎日大 1998~2000

 

熊本

3年 九州学院 1998~2000
3年 熊本工 2004~2006

 

大分

2年 大分商 1979・1980
2年 津久見 1981・1982
2年 柳ヶ浦 1991・1992
2年 柳ヶ浦 2002・2003

2年連続が最高でまだ3年連続は無し。

1978年~1980年に大分商、2009年~2011年に明豊が3年連続で決勝進出しています。しかし、大分商が1978年、明豊が2010年と優勝できなかった年にわずか1点差での敗戦で惜しかったです。

 

宮崎

2年 宮崎商 1963・1964

宮崎代表で連続出場は宮崎商の2年連続が1回のみ。しかも1県1代表制になる前の話だ。

 

鹿児島

5年 樟南 1999~2003

 

沖縄

5年 沖縄水産 1984~1988
4年 興南 1980~1983

 

朝鮮

3年 京城中 1926~1928

 

満州

6年 大連商 1923~1928
5年 大連商 1930~1934

1926年に準優勝。

 

台湾

2年 台北商 1926・1927
2年 台北一中 1929・1930
2年 嘉義農林 1935・1936

 

スポンサーリンク


 

関連記事

甲子園優勝校一覧

夏の甲子園決勝戦スコア一覧

春夏連覇を達成した高校(夏春連覇・春連覇・夏連覇)

「高校野球記録INDEX」へ

 

「高校野球の話題」カテゴリーの記事

「甲子園出場校戦績INDEX」へ

 

全カテゴリーINDEXへ

 

 

..

 

ブログ作成者

ブログ作成者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶高校野球, ……高校野球記録