▶大相撲 ……大相撲記録

【大相撲記録】これより三役に登場した平幕力士

2021/03/28

2016年11月場所千秋楽、西前頭5枚目の宝富士がこれより三役の最初の一番に登場。大関稀勢の里と対戦しました。

※これより三役=千秋楽の最後の三番

本来なら千秋楽、大関同士の対戦である稀勢の里vs琴奨菊が組まれるはずでしたが、琴奨菊が不振で成績がふるわないため、平幕で好調な宝富士が稀勢の里の対戦相手に抜擢されました。

昭和以降の「これより三役に登場した平幕力士」の一覧です。

2016年時点であまりこういうケースは見なかったので、少ないかなと思ってたんですが、昭和以降約90年もあるとけっこうな数が出てきました。

(2021年3月現在140回)

◆注

1…これより三役1番目の相撲(小結相撲)

2…これより三役2番目の相撲(関脇相撲)

3…これより三役3番目の相撲(大関相撲)=千秋楽結びの一番

★…これより三役で予定されていた取組が休場で不戦になったため、取組が一番繰り上がってこれより三役に登場。

大相撲記録INDEX

スポンサーリンク

戦前

28回

1927年1月
2 ●大蛇山(東2) - 常ノ花(横綱)

1927年1月
3 ●若常陸(西7) -宮城山(横綱)

1927年3月
2 ●東関(東6) -大ノ里(大関)

1927年5月
1 ○池田川(東10)-大ノ里(大関)

1927年10月
2 ○清瀬川(西2)-常陸岩(大関)

1928年1月
2 ●山錦(東1)-小野川(大関)

1928年3月
2 ●阿久津川(東3)-常ノ花(横綱)

1928年5月
1 ●錦城山(西8)-能代潟(大関)

1928年10月
1 ●新海(西2)-能代潟(大関)

1929年1月
1 ○鏡岩(東9)-能代潟(大関)

1929年1月
2 ●大蛇山(西7)-常陸岩(大関)

1929年3月
1 ●剣岳(西6)-玉錦(関脇)

1930年5月
1 ○玉碇(東1)-豊国(大関)

1931年3月
1 ●藤ノ里(西7)-朝潮(関脇)

1931年5月
1 ●若瀬川(西7)-天竜(関脇)

1931年10月
1 ○新海(東9)-朝潮(関脇)

1932年5月
1 ○双葉山(東2)-能代潟(大関)

1933年5月
2 ●能代潟(西1)-清水川(大関)

1934年1月
1 ○幡瀬川(東1)-能代潟(小結)

1935年1月
2 ●能代潟(東1)-清水川(大関)

1935年5月
1 ○大潮(東2)-新海(関脇)

1936年1月
1 ○旭川(西1)-大潮(関脇)

1937年1月
1 ○旭川(西4)-出羽湊(関脇)

1938年1月
2 ○旭川(西3)-男女ノ川(横綱)

1939年5月
1 ●笠置山(西3)-羽黒山(関脇)

1940年5月
1 ○青葉山(東12)-五ツ嶋(関脇)

1944年11月
1 ●二瀬川(東11)-東富士(関脇)

1945年6月
1 ●五ツ海(東2)-佐賀ノ花(大関)

昭和になって初めての場所である1927年1月場所は東西の横綱がそろっているにもかかわらず、千秋楽に両横綱とも平幕と対戦しています。

1927年1月場所は東京と大阪にそれぞれあった大相撲が合併してひとつになった場所でした。

実力的に劣るとみなされていた大阪方から編入の横綱宮城山が初日から白星を重ねていく快進撃。元から東京方の横綱常ノ花は取りこぼしもあり前半で3敗と不振。

東京方の威信をかけて宮城山の全勝を阻止しようと7日目という早い段階から大関横綱を当てにいったため(当時11日制)、千秋楽時点で三役以上の対戦相手がいなくなってしまったのです。

常ノ花が一矢を報い全勝は阻止したものの、宮城山が10勝1敗で優勝を飾りました。

三役の立場から平幕の挑戦を受ける側、平幕として三役に挑戦する側、両方ともに経験の多い「キングオブ平幕三役揃い踏み」は能代潟といってもよいでしょう。

三役側として5番、平幕側として2番の計7番に関わっています。

1928年5月場所から1929年1月場所まで3場所連続で平幕の挑戦を受けて2勝1敗。

大関陥落前後には、三役側→平幕側→三役側→平幕側と立場を変えながら「平幕力士のこれより三役登場」に関わり、0勝4敗でした。

1936年1月場所から1年ごとに平幕で三役揃い踏みに登場したのが旭川。しかも3年越しに3連勝を決めています。最初の2番は力的には同等クラスだと思われますが、最後は横綱男女ノ川を破る金星を上げました。

スポンサーリンク

1946年~1980年

35回

1946年11月
1 ●桜錦(東9)-神風(小結)

1946年11月
2 ●千代ノ山(東1)-不動岩(関脇)

1948年5月
1 ●吉葉山(東7)-増位山(小結)

1948年10月
1 ●名寄岩(東5)-汐ノ海(大関)

1949年10月
1 ●三根山(西1)-佐賀ノ花(大関)

1954年5月
1 ●若瀬川(西2)-若ノ花(関脇)

1955年3月
1 ●羽嶋山(東2)-松登(関脇)

1957年9月
2 ●海山(西3)-吉葉山(横綱)

1959年9月
1 ○出羽錦(西2)-房錦(関脇)

1962年9月
1 ●豊山(西2)-栃ノ海(大関)★

1964年5月
2 ●若鳴門(西7)-北葉山(大関)

1965年3月
1 ●若杉山(西1)-栃光(大関)

1965年11月
2 ○若天龍(東1)-北葉山(大関)

1966年1月
1 ○富士錦(東3)-栃光(大関)

1967年11月
2 ●福の花(西5)-柏戸(横綱)

1969年3月
1 ●龍虎(西9)-長谷川(関脇)

1972年1月
3 ○栃東(西5)-清国(大関)

1972年5月
2 ●高見山(西7)-清国(大関)

1972年7月
2 ○北の湖(東7)-琴桜(大関)

1972年9月
2 ●栃東(西4)-琴桜(大関)

1973年3月
2 ●富士桜(東12)-輪島(大関)

1973年9月
1 ●大錦(西11)-清国(大関)

1973年11月
2 ●天龍(東7)-琴桜(横綱)

1974年1月
1 ●三重ノ海(東6)-北の湖(関脇)

1974年5月
1 ●北瀬海(西10)-魁傑(関脇)

1975年1月
1 ●三重ノ海(西6)-若三杉(関脇)

1975年3月
1 ○栃東(西5)-黒姫山(関脇)

1975年5月
2 ●金剛(西9)-貴ノ花(大関)

1975年9月
1 ●黒姫山(東4)-金剛(関脇)

1976年3月
1 ○北瀬海(西11)-高見山(関脇)

1976年11月
1 ●豊山(東6)-三重ノ海(大関)

1979年3月
1 ○蔵間(東2)-貴ノ花(大関)

1980年3月
1 ●鷲羽山(東6)-荒勢(関脇)

1980年3月
2 ●玉ノ富士(東7)-輪島(横綱)

1980年7月
1 ●巨砲(西6)-朝汐(関脇)

1946年11月場所は「相撲くじ」導入の場所で、上位陣の取組を前半と後半に分けておこなっていた特殊な状況下での平幕の三役揃い踏み。

1972年1月場所は大混戦の場所。

千秋楽結びの一番は10勝4敗でトップの西前頭5枚目の栃東と9勝5敗の大関清国の対戦。

清国が勝てば10勝5敗で8人が並び優勝決定戦になるところ、栃東が上手出し投げで清国を仕留め11勝4敗で優勝。

平幕の力士が千秋楽結びの一番で勝利を収めたのは初めての事。

1981年~2000年

20回

1981年1月
1 ●富士桜(西6)-増位山(大関)

1981年5月
1 ●栃光(西5)-巨砲(関脇)

1982年5月
1 ●北天佑(東7)-琴風(大関)

1982年11月
2 ○蔵間(西5)-琴風(大関)

1983年3月
1 ●出羽の花(東1)-北天佑(関脇)

1984年9月
1 ●多賀竜(西12)-朝潮(大関)

1987年5月
1 ●太寿山(西6)-朝潮(大関)

1987年9月
2 ●逆鉾(西4)-大乃国(大関)

1988年5月
1 ●水戸泉(東8)-逆鉾(関脇)★

1988年9月
1 ●花乃湖(東1)-小錦(大関)

1991年9月
1 ●若瀬川(東8)-安芸ノ島(小結)★

1991年11月
2 ○三杉里(西2)-貴闘力(関脇)

1992年5月
1 ○豊ノ海(西5)-水戸泉(小結)

1992年5月
2 ●若花田(西7)-曙(関脇)

1993年1月
1 ●栃乃和歌(東6)-武蔵丸(関脇)

1997年5月
1 ●小城錦(西5)-土佐ノ海(関脇)

1997年11月
1 ●琴錦(東4)-若乃花(大関)

1998年1月
2 ●蒼樹山(西5)-武蔵丸(大関)

1998年5月
1 ●出島(西11)-貴ノ浪(大関)

1999年3月
2 ○寺尾(西3)-琴乃若(関脇)

1931年5月場所、1954年5月場所、1991年9月場所の3回若瀬川が登場してますが、これは同じ四股名を継いだ別人。若瀬川3代にわたって平幕で三役揃い踏みに登場というレアケース。

スポンサーリンク

2001~2010

22回

2002年3月
1 ●栃乃洋(東3)-朝青龍(関脇)

2002年5月
2 ●高見盛(西6)-栃東(大関)

2003年1月
1 ○高見盛(東9)-貴ノ浪(小結)

2003年11月
1 ●霜鳥(西5)-若の里(関脇)

2004年3月
1 ●朝赤龍(西12)-魁皇(大関)

2004年7月
1 ○白鵬(東8)-栃東(関脇)★

2004年9月
1 ●岩木山(東2)-雅山(関脇)

2005年1月
2 ○旭天鵬(東6)-若の里(関脇)

2005年5月
1 ○琴欧州(東5)-土佐ノ海(関脇)

2005年7月
1 ○若の里(東2)-琴欧州(小結)

2005年9月
1 ○玉乃島(西8)-琴光喜(小結)

2006年1月
1 ○時津海(西14)-琴光喜(関脇)

2006年5月
1 ●把瑠都(東11)-白鵬(大関)

2006年5月
2 ●旭鷲山(東5)-魁皇(大関)

2006年9月
1 ○露鵬(西1)-栃東(大関)

2007年7月
2 ●豊真将(東6)-千代大海(大関)

2007年11月
1 ●若の里(東8)-安馬(小結)★

2008年3月
1 ○黒海(西5)-魁皇(大関)

2008年9月
1 ○安美錦(東4)-魁皇(大関)

2009年1月
2 ●豪栄道(西3)-千代大海(大関)

2010年1月
1 ●垣添(東4)-魁皇(大関)

2010年7月
1 ○鶴竜(東6)-稀勢の里(関脇)

2006年5月場所の把瑠都は新入幕ながら三役揃い踏みに登場。1973年9月場所の大錦以来。

2011年~

35回

2011年5月
1 ●栃ノ心(西6)-日馬富士(大関)

2011年7月
1 ○隠岐の海(東4)-琴欧洲(大関)

2011年9月
1 ●豪栄道(西5)-稀勢の里(関脇)

2015年1月
1 ●玉鷲(東6)-栃煌山(小結)★

2015年11月
1 ●琴勇輝(東6)-照ノ富士(大関)

2016年11月
1 ●宝富士(西5)-稀勢の里(大関)

2017年1月
1 ○豪風(東5)-玉鷲(関脇)

2017年7月
1 ○栃煌山(西5)-玉鷲(関脇)

2017年9月
1 ○貴景勝(西5)-玉鷲(小結)

2017年11月
1 ●逸ノ城(西4)-琴奨菊(小結)

2018年1月
1 ●隠岐の海(東5)-玉鷲(関脇)

2018年5月
2 ●(西5)-栃ノ心(関脇)

2018年7月
1 ○豊山(西9)-御嶽海(関脇)

2018年7月
2 ●遠藤(東6)-逸ノ城(関脇)

2018年11月
1 ○(西6)-逸ノ城(関脇)

2018年11月
2 ○松鳳山(西7)-栃ノ心(大関)

2019年1月
1 ●遠藤(西9)-玉鷲(関脇)

2019年1月
2 ●魁聖(東8)-高安(大関)

2019年5月
1 ●妙義龍(東5)-逸ノ城(関脇)

2019年7月
1 ●琴奨菊(東5)-阿炎(小結)

2019年7月
2 ●志摩ノ海(西6)-御嶽海(関脇)

2019年9月
1 ●隠岐の海(東8)-貴景勝(関脇)

2019年11月
1 ○琴勇輝(西4)-遠藤(小結)

2020年1月
1 ●竜電(西8)-朝乃山(関脇)

2020年1月
2 ○阿武咲(西7)-豪栄道(大関)

2020年1月
3 ○徳勝龍(西17)-貴景勝(大関)

2020年3月
1 ○隆の勝(東9)-正代(関脇)

2020年7月
1 ●妙義龍(東10)-大栄翔(小結)

2020年7月
2 ○照ノ富士(東17)-御嶽海(関脇)

2020年9月
1 ○霧馬山(東5)-御嶽海(関脇)

2020年9月
2 ●翔猿(東14)-正代(関脇)

2020年11月
1 ○栃ノ心(東7)-隆の勝(関脇)

2020年11月
2 ●宝富士(東6)-御嶽海(関脇)

2021年1月
2 ●明生(東7)-照ノ富士(関脇)

2021年3月
1 ●栃ノ心(東7)-隆の勝(関脇)

2020年1月場所、これより三役の3番全部に平幕力士が登場するのは史上初。

前頭2ケタで三役揃い踏みに登場

今までに15人が16回経験。

1927年5月
1 ○池田川(東10)-大ノ里(大関)

1940年5月
1 ○青葉山(東12)-五ツ嶋(関脇)

1944年11月
1 ●二瀬川(東11)-東富士(関脇)

1973年3月
2 ●富士桜(東12)-輪島(大関)

1973年9月
1 ●大錦(西11)-清国(大関)

1974年5月
1 ●北瀬海(西10)-魁傑(関脇)

1976年3月
1 ○北瀬海(西11)-高見山(関脇)

1984年9月
1 ●多賀竜(西12)-朝潮(大関)

1998年5月
1 ●出島(西11)-貴ノ浪(大関)

2004年3月
1 ●朝赤龍(西12)-魁皇(大関)

2006年1月
1 ○時津海(西14)-琴光喜(関脇)

2006年5月
1 ●把瑠都(東11)-白鵬(大関)

2020年1月
3 ○徳勝龍(西17)-貴景勝(大関)

2020年7月
1 ●妙義龍(東10)-大栄翔(小結)

2020年7月
2 ○照ノ富士(東17)-御嶽海(関脇)

2020年9月
2 ●翔猿(東14)-正代(関脇)

北瀬海は2回登場。

一番低い地位での登場は、2020年1月場所の徳勝龍(西前頭17枚目)。

大錦、把瑠都、翔猿は新入幕で三役揃い踏み。

千秋楽結びの一番に登場

場所の最後を飾る千秋楽結びの一番に登場した平幕力士は3人。

1927年1月
若常陸(西7)-宮城山(横綱)

1972年1月
栃東(西5)-清国(大関)

2020年1月
徳勝龍(西17)-貴景勝(大関)

栃東と徳勝龍は勝って優勝を決めています。

関連記事

【大相撲ミステリー】2019年7月場所千秋楽、阿炎と玉鷲の取組順はなぜ入れ替わったのか?

大相撲記録INDEX

大相撲カテゴリー
大相撲総合

大相撲ガイド

大相撲記録

珍決まり手

大相撲観戦

大相撲イベント

地方巡業

予想番付

四股名

相撲女子

優勝力士一覧

三賞一覧

関取一覧

湘南地区出身力士星取表

\この情報をシェアしよう/

スポンサーリンク

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

「ちがちが茅ヶ崎」運営者

まるほん

茅ヶ崎 湘南 サザン 大相撲 プロ野球 高校野球 鉄道 歴史 文房具 クイズ 辞書 書籍 TKG ラーメン 唐揚げ カレー アイドル 松井玲奈 握手会 etc……をこよなく愛する

詳しいプロフィールはこちら

●フォローしてくださると嬉しいです

Twitter @maruhon38


Instagram maruhon38

Facebookページ まるほんネット

 

◆ライターなどお仕事依頼、広告掲載のお問い合わせは

お問い合せフォーム

Twitter DM

Facebook Messenger

へ、お気軽にどうぞ。

-▶大相撲, ……大相撲記録