大相撲 …大相撲

この大関・貴ノ浪がすごい! エピソード5選

2015/12/10

2015年6月20日、元大関・貴ノ浪の音羽山親方が43歳の若さで亡くなりました。

若貴ブームで沸く大相撲を支えた名大関でした。

 

貴ノ浪プロフィール・成績|相撲レファレンス

規格外とも言われた貴ノ浪の現役時代の凄さをまとめておきます。

 

脇が甘くても勝つ!

相撲に限らずスポーツ選手にとって脇が甘いのは致命的。脇が甘いと相手にふところに飛び込まれて不利な体勢になってしまいますが、貴ノ浪の場合はここからが本領発揮。相手の腕を抱え込んで吊り上げたり、腕を極めて左右に振って土俵外に出したり。

こんな相撲で勝てるのは後にも先にも貴ノ浪ただひとり。「よい子は真似しないでください」と自ら語るほど、誰も真似することのできない特異な取り口でした。

期待されながらも脇の甘さが原因で大関目前で涙を呑む力士が多くいるなか、脇が甘くても豪快な相撲で大関にまでなった貴ノ浪の素質には驚きです。(もちろん素質だけでなく、若貴らと火の出るような猛稽古の成果でもあります)

 

十両に昇進するのが一年遅い!

そんな貴ノ浪の素質に惚れ込んだのが、元大関・初代貴ノ花の藤島親方(当時。のち二子山親方)。みずからスカウトに乗り込み部屋に連れてきました。

1987年3月に初土俵を踏み、4年後の1991年3月に十両に昇進。期待通りの早い昇進でしたが、1年後に初土俵を踏んだ若貴兄弟よりも約1年遅い十両昇進でした。

ふつう一人前の関取になる十両昇進というものは、わずか1~2年でのスピード出世でも、十何年かけて苦労した出世でも、師匠から手放しで褒められるものです。

しかし、貴ノ浪は「(その恵まれた素質からしたら)十両昇進は1年遅い!」と逆に師匠から怒られてしまったそうです。

それだけ貴ノ浪の素質に惚れ込んだ師匠の期待の表れだといえるでしょう。

 

相撲人生のターニングポイントで出る珍手「河津掛け」

一年に一回出るか出ないかの珍しい決まり手「河津掛け」。

この河津掛けが力士人生の大事な局面で3回も出ました。

(1)1994年1月場所7日目、今まで一度も勝ったことのなかった横綱・曙に体を斜めにして構える変則的な立ち合いから、途中押し込まれながらも河津掛けで勝利。場所後の大関昇進に大きく前進した一番でした。

(2)1996年1月場所、千秋楽の相撲を取り終え14勝1敗で同部屋の横綱・貴乃花と並び優勝決定戦に。終始攻める貴乃花に防戦一方になりながらも土俵際でもつれ捨て身の河津掛けで逆転勝ち。初優勝を決めました。

(3)1997年11月場所、千秋楽の一番で関脇・栃東に河津掛けで勝利。1敗を守った貴ノ浪は、再び貴乃花と優勝決定戦になり勝利。2度目の優勝を決めました(最後の優勝)。

 

【大相撲 珍決まり手】 か 河津掛け(かわずがけ)

 

控え力士が物言い

1996年1月場所9日目、貴闘力(東前頭1)と土佐ノ海(東小結)の対戦で軍配は土佐ノ海にあがりましたが、二番後の取組のために土俵下に控えていた貴ノ浪から物言いがつき、審判員の協議の結果、行司軍配差し違えで貴闘力の勝ちになりました。

土俵下に控えている力士にも物言いを付ける権利はあるのですが(協議には加われない)、行使する力士は皆無に等しいので、ひじょうに珍しい出来事と話題になりました。

最近では、2014年5月場所12日目の豪栄道(東関脇)と鶴竜(東横綱2)の対戦で豪栄道に軍配があがったのを勝ち残りで土俵下に控えていた白鵬が物言いをつけたことがありました。協議の結果、豪栄道がマゲをひっぱっていたということで反則負けに。

 

武蔵丸と史上最多58回対戦

同時代に活躍した武蔵丸とは新入幕も新大関も同時の好敵手でした。

幕内での対戦回数58回は史上1位の記録(他に十両で1回、幕内優勝決定戦で1回対戦。いずれも武蔵丸の勝ち)。21勝37敗と負け越していますが、一時期7連勝したこともあります。

1999年3月場所には、12勝2敗同士で千秋楽相星決戦をやっています(武蔵丸の勝ち)。

大関から陥落して平幕で相撲を取っていた2002年11月場所5日目には、横綱になっていた武蔵丸に勝利し、新入幕から実に11年目にして初金星獲得になりました。

 

彼と接した人々が「あんなに頭が良いひとはいない」と口にするほどクレバーさを備えていた貴ノ浪関。これからの大相撲界のために、活躍してくれるだろうと信じていたので、あまりにも早すぎるお別れは悲しすぎます。

 

大相撲関連記事一覧

 

(大相撲アンバサダー:まるほん)



..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …大相撲