…珍決まり手

【大相撲珍決まり手40選】番外編 預かり

2017/06/02

大相撲には預かりという勝負結果がありました。引き分け・痛み分けとの区別が付きにくいですが、きわどい勝負で物言いがついたときに判断がしにくかったり揉めたときなどに勝負を預かりおくというものです。

大正時代までは頻繁にありましたが、昭和以降では二番のみです。

星取表の表記は「△」。

 

◆預かり

年/場所/日目 東方力士 西方力士
1951年09月12 東横綱 東冨士 東大関 吉葉山
1941年05月04 東前21 八方山 西前15 鯱ノ里

 

 

預かり二番の内容はこちら。

1951年9月場所12日目 東富士(横綱)-吉葉山(大関)

高熱をおして出場した優勝候補の東富士が寄るところを吉葉山が土俵ぎわ巻き落として同体に落ち、軍配は東富士にあがったが物言いがついて取り直し。取り直しの一番は水が入り、吉葉山が寄るところを東富士が打っ棄ってまた同体に落ち、今度は吉葉山に軍配が上がったがまた物言いついて取り直しになった。しかし東富士は熱のためにこれ以上相撲が取れず、吉葉山の了解を得て預かりとした。

(『戦後新入幕力士物語 第五巻』佐竹義惇著・ベースボールマガジン社より)

翌日以降立ち直った東富士が、13勝1敗1預の成績で4回目の優勝を飾りました。

 

1941年5月場所4日目 八方山(前21)-鯱ノ里(前15)

鯱ノ里が寄るところを八方山が打っ棄って軍配は八方山に上がったが物言いがついて取り直し。取り直し後も鯱ノ里の寄りを八方山が打っ棄るという同じ展開で今度は鯱ノ里に軍配が上がり、また物言いとなり、結局、預かりとなった。

(『戦後新入幕力士物語 第五巻』佐竹義惇著・ベースボールマガジン社より)

 

預かりというのは、もう見ることはできないでしょうね。

 

 

【大相撲珍決まり手40選】番外編 引き分け

【大相撲珍決まり手40選】番外編 痛み分け

【大相撲珍決まり手40選】番外編 水入り

 

★その他の珍決まり手は

大相撲珍決まり手40選INDEX(五十音順)

大相撲珍決まり手一覧(出現順)

 

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-…珍決まり手