知恵袋

今年は平成何年? 西暦と元号を簡単に変換するコツ

2016/08/16

000 850 カレンダー

さて今年は平成何年でしょうか?

これ、ぱっと思いつかない人って結構多いんじゃないでしょうか。

逆に仕事などで元号主体で生活していると、西暦のほうが思いつかなかったりして……。

 

そこで、西暦から元号へ、元号から西暦へ、これさえ覚えておけば一発変換できる法則があるのでお教えしましょう。


平成

現在、平成です。

とくに昭和と平成をまたいで生きている人の多くは、昭和のうちはよかったけど平成になってから「今何年だ?」っていうのが多くなったのでは。

平成の場合は、

西暦2000年 = 平成12年

 

これを覚えておけば大丈夫。

西暦や元号から「12」を足し引きすることで求められます。

注目するのは下2ケタ。

 

西暦→元号の場合は、西暦の下2ケタに12を足せば平成●年になります。

2015年 → 15+12=27 → 平成27年

答えが100を超える場合は、100を引いてあげましょう。

1995年 → 95+12=107 → 平成7年

 

逆に元号→西暦の場合は、12を引けばいいわけです。

平成20年 → 20-12=8 → 2008年

平成元年から11年の場合は、100を加えてから引くだけ。

平成9年 → 109-12=97 → 1997年

 

昭和

昭和の場合は、西暦の下2ケタと元号の差が25という割と計算しやすい数字ですし、世紀もまたがないので比較的楽かもしれません。

終戦の年とか、自分が生まれた年近辺のキリのいい年を覚えておくとイメージがわきやすくなるでしょう。

西暦1945年 = 昭和20年

 

とか

西暦1980年 = 昭和55年

 

とかね。

昭和は「25」の足し引きで計算できます。

 

西暦→元号は、西暦下2ケタから25を引くだけ。

1988年 → 88-25=63 → 昭和63年

元号→西暦は、逆に25を足します。

昭和51年 → 51+25=76 → 1976年

 

大正

世紀またぎがないので、計算はしやすいと思います。

西暦1920年 = 大正9年

 

これだけ頭に入れておけばOK。計算自体は「11」の足し引きなので楽です。

西暦→元号は、西暦下2ケタから11を引きます。

1924年 → 24-11=13 → 大正13年

元号→西暦は、逆に11を足します。

大正4年 → 4+11=15 → 1915年

 

明治

世紀またぎがありますが

西暦1900年 = 明治33年

 

これを覚えておきましょう。

33」を足し引きします。

 

西暦→元号は、西暦の下2ケタに33を足せば明治●年になります。

1908年 → 8+33=41 → 明治41年

答えが100を超える場合は、100を引いてあげましょう。

1887年 → 87+33=120 → 明治20年

 

逆に元号→西暦の場合は、33を引けばいいわけです。

明治40年 → 40-33=7 → 1907年

明治33年以前の場合は、100を加えてから引くだけ。

明治28年 → 128-33=95 → 1895年

 

まとめ

平成=12

昭和=25

大正=11

明治=33

元号ごとに、上記の数字を覚えておけば変換はラクラクですね。

 

それでも計算するのは面倒だ!という人は当ブログの

西暦元号対照表(明治~平成)

を見れば、西暦と元号の対照表が載ってますのでご活用ください!

 



..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-知恵袋