▶交通 ……バス

バスの降車ボタンを押しまくってきました(ワンマンバス 降車ボタンの歴史展示)

2017/01/26

こ 降車ボタン 15012415

2015年1月24日、東京駅丸の内南口そば、旧東京中央郵便局を改装して作られた商業施設「KITTE(キッテ)」に行ってきました。

 

目的の場所は、KITTE4階にある書籍と雑貨とカフェが一体となった「マルノウチリーディングスタイル」というおしゃれ空間。

こ 降車ボタン 15012402

 

入り口にこんなものが。

こ 降車ボタン 15012403

これはバスの降車ボタン。「禁断の押し放題」とは?

 

1月24日・25日の2日間。石田岳士氏が収集したバスの降車ボタンの数々が「マルノウチリーディングスタイル」の一角を使って展示されていました。

 

「ワンマンバス 降車押ボタンの歴史」と題された展示。

こ 降車ボタン 15012409

 

現在活躍中のものから昔懐かしい年代物の降車ボタンまで、ズラリ勢ぞろい。

こ 降車ボタン 15012404

実際に降車ボタンに触れることができます。私もたくさん降車ボタンを押しまくってきましたよ。

 

自分がよく乗るバスの降車ボタンは、最新式のこれかな。

こ 降車ボタン 15012405

 

ひと昔前は、このタイプだった気がします。

こ 降車ボタン 15012408

 

かなり古いタイプの降車ボタン。一番上の列の降車ボタンは、下の突起状のものを下から押し上げると音が鳴ります。

こ 降車ボタン 15012410

 

さらに古いタイプの降車ボタン。左側の緑のひもが伸びているやつは、ひもの真ん中あたりを指で押し下げると音が鳴ります。

こ 降車ボタン 15012407

 

イラスト入りの可愛い降車ボタンも使われていたようです。

こ 降車ボタン 15012411

 

こ 降車ボタン 15012412

 

外国のバスの降車ボタンも展示されていました。

真ん中の降車ボタンは韓国のもの。

こ 降車ボタン 15012413

 

ドイツ、イタリア、イギリスの降車ボタン。ヨーロッパの人は縦長が好きなんですね(笑)

こ 降車ボタン 15012414

 

乗客が使うものだけが展示されているわけではありません。

下の段に並べられているのが、降車ボタンを押したときに運転手さんに知らせる表示灯。

こ 降車ボタン 15012406

 

現場では、降車ボタンの一覧が絵柄になったポスター(500円)とポストカード(100円)が販売されていました。

ポストカードを1枚購入。左は押し放題体験記念の整理券。本当に使われていたバスの整理券発行機が置いてあり、そこから引きました。

こ 降車ボタン 15012416

 

降車ボタン押し放題。また各地で開催されるかもしれませんので、お近くでまたイベントがある場合には、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

▼降車ボタンの歴史がわかる! 石田岳士氏のホームページ。

 

▼KITTE4階。書籍・文具・雑貨・カフェのおしゃれ空間。

 

 

≫他の「バス」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

■バスといえば、太川陽介さんと蛭子能収さんのローカル路線バスの旅が大人気ですよね。

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶交通, ……バス