▶握手会データ

2014年の握手会について総括してみた

2017/11/10

 

年末ということで、引き続き今年の握手会のの総括を。

《参考》

2014年握手回数ランキング | まるほんネット

 

握手回数通算ランキング(2014年12月末版) | まるほんネット

 

2012年1月から行き始めた握手会。握手回数の内訳はこちら。

 グループ 12年  13年  14年  計
 AKB48  158  97  48  303
 SKE48  297  313  121  731
 NMB48  85  95  49  229
 HKT48  0  105  1  106
 乃木坂46  0  0  31  31
 チーム8  0  0  51  51
 その他  0  38  78  116
 合計  540  648  379  1,567

 

3年間のグループ別の割合です。

000 929 握手会

SKE48が半数に近い47%を占めています。

 

握手回数の年ごとの推移。

000 928 握手会

2013年の648回から今年は379回と約4割ほど減りました。

いくつかの要因が考えられますが……

  • 例の事件によっていくつかの握手会が延期や中止になった。
  • 握手回数の稼げる全国握手会があまり開催されなかった(自分が行ったのは、AKB48、SKE48、乃木坂46の各1回ずつのみ)
  • 昨年の「さよならクロール」での大混雑とその後の運営の対応から、1部当たりの人数を絞るようになった(なるべく各部1~2人にとどめる)
  • 台風や大雪などで交通機関に影響が出て会場に行けない状態にもかかわらず強行開催され、その後の振替とかもなかったことがあって、1日あたりの枚数をなるべく10枚以内に抑えるようになった。
  • 特に今年の後半から、幕張メッセで開かれる握手会に行くのを控えるようになった。(おそらく今後もこの方針。けど全く幕張に行かなくなるというわけではないです)

……などが挙げられます。

 

2014年6月は、2012年7月以来の一か月間まったく握手会に行かない月でした。

全体的に握手回数が減ったわけですが、秋元康グループ以外の「その他」部門が前年38回から今年78回へとほぼ倍増。昨年から行っているCAMOUFLAGEをはじめ、今年になって仮面女子、ベイビーレイズにはじめて行き、ついにはハロプロ(モーニング娘。)まで。

こうしてたまには新しいグループへと足を運んでみるのも、握手会に通い始めた初期の頃の新鮮な気持ちを思い出させて良い刺激になります。

 

アイドルに限らず、また新しくおもしろそうなものを見つけたら、積極的に行ってみようという姿勢は来年も持ち続けていきたいですね!

次回は、公演・コンサート等について振り返りたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶握手会データ