▶大相撲 ……予想番付

2015年初場所予想番付

2015/01/26

 

は 白鵬 14112301

(画像:Twitterー日本相撲協会より)

 

白鵬がついに昭和の大横綱・大鵬のもつ優勝回数記録32回に並んだ九州場所が終わりました。

さっそくですが、来年初場所の予想番付を披露したいと思います。(水曜日の番付編成会議前にアップするのは久しぶりかも)

 

《参考》

 

 

凡例 ◎…新昇進 〇…再昇進 ×…陥落

 

横綱~三役

 東 地位 西
 白鵬  横綱  鶴竜
 日馬富士  横綱
 稀勢の里  大関  琴奨菊
 大関  豪栄道
 碧山  関脇  逸ノ城
 ○高安  小結  ○栃煌山

 

大関は、琴奨菊・豪栄道のふたりがカド番。

11月場所の新関脇は碧山と逸ノ城の二人。同時に二人新関脇が誕生したのは2010年9月の阿覧・栃煌山以来でしたが、新関脇二人とも勝ち越したのは2007年9月の安美錦・朝赤龍以来のことでした。 初場所も碧山・逸ノ城の二人が関脇です。

白鵬を破る金星を含む10勝をあげた高安と、前頭筆頭で千秋楽に勝ち越しを決めた栃煌山が返り小結。

 

幕内(前頭)

 東 地位 西
 宝富士  前頭  栃ノ心
 照ノ富士  前2  ×勢
 遠藤  前3  安美錦
 豊ノ島  前4  常幸龍
 隠岐の海  前5  魁聖
 千代大龍  前6  旭天鵬
 豊響  前7  妙義龍
 千代鳳  前8  佐田の海
 玉鷲  前9  蒼国来
 ×豪風  前10  旭秀鵬
 誉富士  前11  松鳳山
 荒鷲  前12  嘉風
 ○時天空  前13  大砂嵐
 琴勇輝  前14  千代丸
 ○佐田の富士  前15  ○鏡桜
 ○土佐豊  前16  徳勝龍

 

前頭上位に宝富士、照ノ富士、安美錦と伊勢ヶ浜部屋の力士が勢揃い。

11月場所前半、幕内中位に落ちたにもかかわらず調子が出なくて心配させた遠藤が、後半怒涛の8連勝で10勝をあげ幕内上位へと復帰。華やかな力士が戻ってきてくれて上位陣との対戦が楽しみ。

8勝7敗の力士の番付の上昇幅が少なめに抑えられた辛い番付になりそうです。

 

 十両

地位 西
 若の里  十両  ×阿夢露
 朝赤龍  十2  臥牙丸
 大道  十3  旭日松
 北磻磨  十4  ×北太樹
 翔天狼  十5  ×貴ノ岩
 天鎧鵬  十6  玉飛鳥
 ×栃乃若  十7  輝
 富士東  十8  里山
 青狼  十9  千代皇
 双大竜  十10  ○明瀬山
 ◎阿武咲  十11  英乃海
 東龍  十12  徳真鵬
 大栄翔  十13  栃飛龍
 魁  十14  ○舛ノ山

 

十両上位は、幕内から落ちる力士と十両中位で勝ち越した力士とがカチッとはまった感じ。反対に十両下位は同じような成績の力士が多くキツキツ。

十両から幕下に落ちるのは、豊真将、琴恵光、出羽疾風の三人で、魁はラッキー残留となりそう。

幕下から十両にあがるのは、明瀬山、阿武咲の二人は間違いなし。あと一人は、幕下5枚目で4勝3敗の舛ノ山が有力。こうなると千秋楽の相撲で負けて3勝4敗と負け越した若乃島(幕下2枚目)と安彦(幕下4枚目)は実にもったいないかったですね。

もし魁を幕下に落とすならば、4枚目で4勝3敗の慶天海か、9枚目で6勝1敗の川成かというところ。

11枚目で6勝1敗の錣山部屋20歳のホープ堀切もいよいよ来場所十両が手の届く位置にあがるので楽しみです。

 

新十両が確定的な阿武松部屋の阿武咲(おうのしょう)。まだ18歳で久々の10代関取誕生となります。楽しみな若手がでてきました。

お 阿武咲 14112301

(画像:Twitterー日本相撲協会より)

 

2015年初場所

番付発表:2014年12月24日(水)

初日:2015年1月11日(日)

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……予想番付