大相撲 …予想番付

2014年九州場所予想番付

 

新入幕ながら横綱大関を破るという快挙をなしとげた逸ノ城が大活躍した秋場所が終わり、約一週間がたちました。

来場所、九州場所の予想番付を作ってみました。

 

い 逸ノ城 14092801

 

《参考》2014年9月場所(秋場所)星取表ーー大相撲星取表ホームページより

 

◎…新昇進  ○…再昇進  ×…陥落

 

横綱~三役

地位 西
 白鵬  横綱  鶴竜
 日馬富士  横綱
 琴奨菊  大関  稀勢の里
 大関  豪栄道
 ◎碧山  関脇  ◎逸ノ城
 ◎勢  小結  ×豪風

 

横綱大関の順番に変更はなし。

前頭3枚目で10勝の碧山、秋場所旋風を巻き起こした逸ノ城が新関脇の予想。

秋場所千秋楽7勝7敗同士で迎えた大関・豪栄道と関脇・豪風の一番は、豪栄道が勝ち新大関での勝ち越しを達成したわけですが、もし豪風が勝っていれば勝ち越しで関脇にとどまっていたわけで、逸ノ城の予想番付も小結になっていたでしょう。他人同士の対戦が自分の運命をも左右するというわけですな。

 

 幕内(前頭)

地位 西
 安美錦  前頭  栃煌山
 宝富士  前2  豊響
 高安  前3  魁聖
 照ノ富士  前4  嘉風
 千代鳳  前5  大砂嵐
 豊ノ島  前6  ×常幸龍
 隠岐の海  前7  遠藤
 ○栃ノ心  前8  佐田の海
 ×千代大龍  前9  ×妙義龍
 旭天鵬  前10  玉鷲
 松鳳山  前11  北太樹
 ○徳勝龍  前12  貴ノ岩
 ○誉富士  前13  荒鷲
 ◎阿夢露  前14  蒼国来
 ○琴勇輝  前15  旭秀鵬
 栃乃若  前16  千代丸

 

秋場所3勝12敗と大敗した遠藤は、上位陣との対戦圏外でどのくらい巻き返してくるかみもの。

前頭11枚目という下に5枚しか余裕のない番付で4勝11敗と7点の負け越しの千代丸は、本来なら十両落ちを覚悟しなければならないですが、十両落ちする力士が多いのと、無理に幕内へあげるほどの星を残した十両力士もいないので、ラッキー残留になりそう。

 

十両

地位 西
 ×時天空  十両  ×鏡桜
 ×佐田の富士  十2  千代皇
 里山  十3  ×豊真将
 青狼  十4  ×東龍
 翔天狼  十5  双大竜
 土佐豊  十6  臥牙丸
 富士東  十7  若の里
 朝赤龍  十8  玉飛鳥
 旭日松  十9  大道
 徳真鵬  十10  北磻磨
 大栄翔  十11  ◎英乃海
 魁  十12  ◎琴恵光
 ○天鎧鵬  十13  ○栃飛龍
 ◎出羽疾風  十14  ◎輝

 

十両の上~中位ぐらいに同じような成績の力士が固まっていることもあり、幕内で全休の豊真将、東龍をあまり落とさない形で予想してみました。

新十両は4人。岩崎改め英乃海、イケメンと評判の琴恵光、名門出羽海部屋から4年ぶりの関取復活となった出羽疾風、そして達改め輝(かがやき)。

もう何年も前からホープだと騒がれ続けてきた達がようやく関取の座に。このまま上まであがって活躍してほしいですね。郷土の先輩横綱・輪島にあやかって下の名前は大士(ひろし)で、輪島と同じような金色のまわしで新十両の土俵に立つという話です。

再十両の2人を含めた6人が幕下から十両にあがりますが、秋場所の幕下番付東西それぞれ3枚目までの力士全員が十両にあがるというのも珍しい記録です。

 

ひ 英乃海 14100102

木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)と新十両の岩崎改め英乃海。(Twitterー日本相撲協会公式より)

 

で 出羽疾風 14100101

新十両の出羽疾風と出羽海親方(元幕内・小城ノ花)。(Twitterー日本相撲協会公式より)

 

 

九州場所の番付発表は10月27日(月)。初日は11月9日(日)です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …予想番付