BOOK AKB48グループ …HKT48

指原莉乃「逆転力」―ビジネスマンにも役立つ4つの格言【ニコ生レポ】

2015/12/29

8月11日にHKT48・指原莉乃が『逆転力 ~ピンチを待て~』(講談社AKB新書)を出版!

内容紹介
メインテーマ「指原莉乃が語る“逆転”の人生論」

様々な逆境に立たされながら、常に話題の中心にありつづけるアイドル・指原莉乃(HKT48)。
歌もダンスもルックスも、特に秀でていない彼女がなぜアイドルとして成功できたのか。
どんなピンチも力に変えて切り抜けていく、さしこ流“逆転力”の秘密を語る。
現代社会をへこたれず、したたかに生きるためのヒントを与えてくれる1冊です。
AKB48グループのファンはもちろん、サラリーマンやOL等にもビジネス書として
読んでもらえるような示唆に富んだ内容となっています!

Amazon商品紹介ページより)

出版を記念して、8月14日20:00より発売記念トークイベント「逆転力のすすめ」が放送されました。

ゲストに同じHKT48の田中菜津美。まだ中学二年生の14歳ながら、毒舌キャラを売りに頭角を現してきました。MCでの仕切りも上手です。

田中菜津美プロフィール】★田中菜津美Google+

 

え HKT さ 指原 14081101めっちゃ成功しなくてもいいから、まあまあ幸せになりたい人に向けて書いたということです。

以下、番組で紹介された著書の中に出てくる4つの格言と指原のコメントの要約。

1 土俵を替えれば、勝機が見える

得意な分野でしか勝負しない。一番得意な部分を伸ばす。無理だと思ったら逃げる。

 

2 悪口を言われるのも仕事のうち

悪口を言われるうちが華。ダメだと思う奴には何にも言わない。

 

3 “度胸”と“客観視”で切り抜けろ

今でも2ちゃんねるを見てる。地下アイドル板(主にAKB48グループの話題を扱う)は今は見ていない。狼板(主にモーニング娘。等ハロプロの話題を扱う)を今でも見てる。Berryz工房の解散もそこで知った。
板(スレッド)にいる色々な人(若者からおっさんまで)と話すことで客観的にみられる。

 

4 ピンチのときこそチャンスと思い込む

番組でバンジージャンプを失敗してヘタレキャラがついたけど、そのキャラクターを受け入れたことによりチャンスをつかんだ。

HKT48移籍を言い渡されて一晩落ち込んだが、一夜明けたら、「(東京と福岡の往復で)マイルが溜まる」「おいしい博多ラーメンが食べられる」とポジティブに考える。

 

「ピンチのときこそチャンスと思い込む」は自分も今すぐ実行できそうで、良いなと思いました。一度ネガティブに考えるとスパイラルに陥りそうなので、ポジティブに考えてますますピンチになってしまうという流れを断ち切ることが必要ですね。

選抜総選挙1位や多くのバラエティ番組に起用されるという実績を残している指原の言葉だけに説得力があります。

 

心に残った言葉をもうひとつ。

「毒舌がかわいいのは若いうちだけ。17歳になったらゲスいだけ」と悩むゲストの田中菜津美が、太田プロに入りたいと太田プロの副社長に相談した時に言われた言葉が、番組で紹介されていました。

有吉(弘行)くんは、毒舌を言ったあとの笑顔がかわいい。だから毒舌キャラとして成り立っているんだ

なるほど、ただ毒舌だけで人気が出たわけではないのだなと。

 

 

■指原莉乃『逆転力』。増刷もかかって好評発売中です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-BOOK, AKB48グループ, …HKT48