▶地域ネタ ▶大相撲 ……大相撲の話題 ……両国

両国国技館出待ちレポ(2013年5月12日)

2017/11/13

薫風香る2013年5月12日、大相撲夏場所開催中の両国国技館に出向き力士の出待ちをしてみました。

記憶を掘り起こしてみると、国技館前での出待ちは学生時代の1998年(平成10年)秋場所以来15年ぶりでした。

あのころは若貴曙が横綱だった時代。まだ現役だった舞の海や入門2場所目だった雅山(当時は幕下・竹内)の姿を近くで見たものです。寺尾の放つスターのオーラは別格のものでした。

久しぶりに来た両国。鬢づけ油の甘い香りがすると、両国に来たんだなあという実感がわきます。

 

SH3J0363

 

SH3J0364

 

ゆいみんのFM公開生収録が18時からなので、それに間に合わせるために17時から30分ほどの短い滞在時間でしたが、取組が終わって帰る力士たちを多く見ることができました。

サインをもらったり、写メを撮ってもらったりしているファンもたくさんいましたが、今回自分は眺めて、時折声援を送るだけにとどめました。

 

以下、見ることのできた力士たちを羅列。

時間的にちょうど幕内前半戦を取り終えた力士がほとんどです。

・千代の国

・大道(だいどう)

 

・元十両力士の星誕期(ほしたんご)さん。

アルゼンチン出身で初の関取になったかたです。まさか、会えるとは思ってなかったので、自分的には一番のサプライズ。

 

・舛ノ山(ますのやま)

丸い愛嬌のある顔も相まって人気急上昇中。たくさんのファンにサインと写メをねだられ、一時期動けない状態に。

 

・式秀親方(元幕内・北桜)

入り口の警備担当らしかったですが、自分が行ったときには、ひとりの男性と話し込んでいました。

誰だろうと、よく見ると弟の豊桜(元幕内)でした。顔、そっくりでしたw

 

・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)

 

・千代鳳(ちよおおとり)

 

付き人の1人は、兄の千代丸(大きいほう、幕下)

 

・翔天狼(しょうてんろう)

・千代大龍(ちよたいりゅう)

・豊響(とよひびき)

・佐田の富士(さだのふじ)

 

・勢(いきおい)

勢も人気でしたね 大勢のファンに囲まれていました。やはり背が高く、キリッとした二枚目ですね。

 

・旭秀鵬(きょくしゅうほう)

 

 

久しぶりに両国に行きましたが、雰囲気が変わっておらずいい感じでした。

 

ちなみに、横綱・大関は国技館地下の駐車場に直接乗り付けるため、いくら待っていても白鵬には会えません。

 

SH3J0365

 

SH3J0366

 

SH3J0368

 

SH3J0367

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶地域ネタ, ▶大相撲, ……大相撲の話題, ……両国
-