アイドル …お笑い

どぶろっくライブ(2014年8月3日秋葉原現場レポその4)

2015/02/13

18時ぐらいにPARMSを出て、次に向かったのは秋葉原UDX。

前記事▶PARMS無銭ライブ&神谷えりなサイン握手会(2014年8月3日秋葉原現場レポその3)

174

7月31日から8月3日まで、秋葉原UDXで「UDX夏祭り」が開催されていて、スペシャルステージではライブを行っていました。

7月31日は、バイきんぐ。

8月1日は、原口あきまさ。

8月2日は、神無月。ウエストランド。日本エレキテル連合(「ダメよ~ダメダメ!」)。

そして8月3日は、どぶろっく。キンタロー。

そのどぶろっくのステージを見てきました。

173

スペシャルステージの場所は、AKB48劇場のあるドンキホーテのちょうど真裏にあたる場所でした。

 

どぶろっくプロフィール(浅井企画)

 

 

18時30分、どぶろっくの2人が登場してライブ開始。

始めの曲はおなじみの『もしかしてだけど…

歌ったネタの中からひとつ紹介。

「♫バス停でバスを待ってたら~、隣りに立ってたOLが~、やたらとゴホゴホ咳き込んでいるんだ、もしかしてだけど~、(もしかしてだけど~)、もしかしてだけど~、(もしかしてだけど~)、俺のフェロモンにむせているんじゃないの~」

もしかしてだけど~、の煽りがみんなノリがよかったのでどぶろっくの2人も楽しそうにやってましたね。

最後の帽子を飛ばす決めポーズ。テレビでは思い切り飛ばしてますが、ステージだとどこへ行ってしまうのか分からないため、遠慮気味に帽子を飛ばしてましたw

 

続いて2曲目。

夏らしい爽やかなメロディにのせて歌い上げた・・・

 

魅惑のパンティライン

 

3曲目は王道のバラード路線『僕なりのプロポーズ』。

初めてあったあの日から ずっと決まってた運命の2人

 

君だけに捧げたい僕なりのプロポーズ 聞いてくれないか

 

バラードらしくしっとりと聴かせます。そして、プロポーズの言葉は・・・

僕はキミのオッパイを一生君のオッパイを

ずっとずっと揉み続けたいんだ

最初はまともな歌かと思いきや、このあとずっとオッパイ言い続けてましたw

 

今は学校の夏休み中ですからね。ステージの最前には多くの子供たちが陣取っていました。

どぶろっく談によると、

「『もしかしてだけど…』ぐらいは楽しく聴いていたけど、2曲目3曲目から、ざわざわしはじめた」

「テレビで見るどぶろっくじゃない、という目でみてこられた」

らしいです。

 

下ネタばかりの彼らも歌の実力は一流。

とくに江口氏(坊主のほう)の歌唱力は抜群で、実力をみせつけるようにアニメのエンディングシリーズとして、キテレツ大百科の『初めてのチュウ』、アルプスの少女ハイジのヨーデルの部分を原曲に忠実に歌い上げ拍手喝采。

 

ロックなナンバー『○○な女』で盛り上がり、再び『もしかしてだけど…』でステージは終了。

 

全世界・全時代の男性が共感できる歌詞をストレートに届ける、今一番ソウルフルで偉大なアーティスト、どぶろっく。

彼らのステージは間違いなく熱かったです!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-アイドル, …お笑い