▶プロ野球 ▶エッセイ ……プロ野球の話題

クライマックスシリーズ下剋上を受けて考えてみた妄想ペナントレース案

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズは、ファイナルステージでシーズン3位だった横浜DeNAベイスターズが、優勝した広島東洋カープを4勝1敗で下しました。

クライマックスシリーズを勝ち抜いたベイスターズは19年ぶりに日本シリーズ進出を果たしました。

 

スポンサーリンク


 

ペナントレースとは何だったのか

ベイスターズの皆さんおめでとうなんですが、シーズンを圧倒的な強さで勝ち抜いたカープが、最高で6戦までしかない短期決戦で敗れたことにより日本シリーズに進出できなかったということでもあります。

 

シーズンで14.5ゲーム差を付けた相手にわずか5戦でひっくり返される。

半年間かけて戦ってきた長いペナントレースはいったい何だったのか

という疑問の声が、ほうぼうから上がってきていることも事実です。

 

元はリーグ優勝決定後の消化試合を減らすことを目的に作られたクライマックスシリーズですが、大差をつけて優勝したチームにあまり恩恵が無いようでは(リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージ、上位チームには全試合ホームゲームなどのメリットはあるものの……)、長いペナントレースのほうが消化試合みたいな扱いになってしまうのではないでしょうか。

 

そこで、あくまでクライマックスシリーズにこだわり続けるのであれば、ペナントレースをこういう風にしたらいいんじゃないかという案を考えてみました。

 

妄想ペナントレース案

いっそのこと、ずっとクライマックスシリーズをやっていればいいんじゃないかと。

前年5位と6位のチームで戦って、勝ち抜いたチームが今度は前年4位のチームと戦っていく、というのを繰り返して、ファイナルステージで前年優勝のチームと戦う。

図にするとこうです。

 

ステージ 試合数 対戦チーム
1stステージ 3 前年5位 vs 前年6位
2ndステージ 3 前年4位 vs 1stステージ勝者
3rdステージ 3 前年3位 vs 2ndステージ勝者
4thステージ 3 前年2位 vs 3rdステージ勝者
Finalステージ 5 前年優勝 vs 4thステージ勝者

球場は上位チームのホームスタジアム。

長いペナントレースは戦わないので、上位チームのアドバンテージは無し。

1stステージから4thステージまでは2勝で勝ち抜け。

Finalステージは3勝で勝ち抜いたチームがリーグ優勝となり、日本シリーズに進出。

 

日程案

日程案を考えてみました。

1日 1stステージ 第1戦
2日 1stステージ 第2戦
3日 1stステージ 第3戦
4日 2ndステージ 第1戦
5日 2ndステージ 第2戦
6日 2ndステージ 第3戦
7日 休み
8日 3rdステージ 第1戦
9日 3rdステージ 第2戦
10日 3rdステージ 第3戦
11日 4thステージ 第1戦
12日 4thステージ 第2戦
13日 4thステージ 第3戦
14日 休み
15日 Finalステージ 第1戦
16日 Finalステージ 第2戦
17日 Finalステージ 第3戦
18日 Finalステージ 第4戦
19日 Finalステージ 第5戦
20日 休み
21日 休み
22日 日本シリーズ 第1戦
23日 日本シリーズ 第2戦
24日 休み
25日 日本シリーズ 第3戦
26日 日本シリーズ 第4戦
27日 日本シリーズ 第5戦
28日 休み
29日 日本シリーズ 第6戦
30日 日本シリーズ 第7戦

これなら1stステージ第1戦から日本シリーズ第7戦まで、休みを挟みながら1ヶ月で収まります。

4月から9月までがシーズンだとすると、年に6回も日本シリーズができる!

 

問題点は

問題はチームによって試合数にバラつきが出ること。

最初のステージで2連敗して敗退したチームは2試合のみ。1stステージから日本シリーズまでフルで試合をこなしたチームは24試合。

試合数が少ないと個人記録の積み重ねもできないし……。

ただ、チームが勝ち抜かないと多くの試合をこなせないので、フォアザチームの精神は全選手に浸透するにちがいありません。

 

まあ実現するわけはないでしょうけど、ペナントレースの間に1ヶ月間だけ、こういう企画をやってみてもおもしろいんじゃないでしょうか。

 

 

「プロ野球」関連記事

プロ野球記録記事一覧

プロ野球記録INDEX

 

■全カテゴリーINDEX

 

スポンサーリンク


..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶プロ野球, ▶エッセイ, ……プロ野球の話題