▶プロ野球 ……プロ野球記録

【プロ野球記録】シーズン90勝以上をあげた球団

2017/10/12

2017年パ・リーグのペナントレースを2年ぶりに制したソフトバンクは、成績が94勝49敗0分と圧倒的な強さをみせました。

今シーズンは楽天と激しい首位争いを演じていましたが、8月中旬以後に一気に突き放して独走でペナントレースのゴールを切りました。

投手陣は東浜が16勝で最多勝。千賀が13勝4敗で最高勝率、ハンデンバーグも13勝。抑えのサファテが54セーブ、中継ぎの岩﨑が46ホールドををあげる安定感。

35本塁打103打点で2冠のデスパイネ、.426の最高出塁率で31本の本塁打を放った柳田など打線も絶好調。

なんかこれでもかというぐらい、ぶっちぎりの優勝でしたね。

 

90勝以上というハイレベルな成績を残したチームは2015年のソフトバンク以来で、史上12チーム目。94勝は史上5番目に多い勝利数となりました。

シーズン90勝以上をあげたチームを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

シーズン90勝以上をあげた球団

チーム 勝敗 備考
1950 松竹 98勝35敗4分 .737
1954 西鉄 90勝47敗3分 .657
1954 南海 91勝49敗0分 .650 2位
1955 巨人 92勝37敗1分 .713
1955 南海 99勝41敗3分 .707
1955 西鉄 90勝50敗4分 .643 2位
1956 西鉄 96勝51敗7分 .646
1956 南海 96勝52敗6分 .643 2位
1965 巨人 91勝47敗2分 .659
2002 西武 90勝49敗1分 .647
2015 ソフトバンク 90勝49敗4分 .647
2017 ソフトバンク 94勝49敗0分 .657

最高勝率は1950年に松竹が記録した.737

1955年の巨人と南海もそれぞれ7割以上の勝率をあげました。

 

勝利数ベストランキング(90勝以上)

球団 勝利
1 1955 南海 99
2 1950 松竹 98
3 1956 西鉄 96
3 1956 南海★ 96
5 2017 ソフトバンク 94
6 1955 巨人 92
7 1954 南海★ 91
7 1965 巨人 91
9 1954 西鉄 90
9 1955 西鉄★ 90
9 2002 西武 90
9 2015 ソフトバンク 90

★…2位

1955年の南海が99勝で史上最多の勝利数。10月9日の近鉄とのダブルヘッダーに連勝すれば100勝に到達するところでしたが、1戦目を落としてしまい惜しくも届きませんでした。

 

特筆すべきは90勝以上で優勝できなかったチームが3つもあること。

1954年から1956年にかけてのパ・リーグは西鉄と南海の激しい優勝争いで両チームとも90勝以上を記録しました。

西鉄 南海
1954 90勝47敗3分 .657 91勝49敗0分 .650
1955 90勝50敗4分 .643 99勝41敗3分 .707
1956 96勝51敗7分 .646 96勝52敗6分 .643

赤太文字は優勝。

三原西鉄と鶴岡南海の激しいデッドヒート。

とりわけ西鉄がペナントレースを制した1954年と1956年は最終的には0.5ゲーム差の僅差で終わる戦いでした。(1955年は9ゲーム差)

1954年は、西鉄と南海の対戦成績は10勝10敗のイーブン。両チームとも他の下位球団には大きく勝ち越しました。西鉄は他の全球団にまんべんなく勝ち越したものの、南海は3位毎日に9勝11敗と負け越し、4位近鉄に10勝10敗と苦戦したのがのちのち響いてきたかなと。

1956年は、西鉄に鉄腕ルーキー稲尾和久が入団。南海は3年目の野村克也(ノムさん)がキャッチャーとしてレギュラーに定着。またしても激しくペナントを争い、西鉄が南海を振り切り優勝を遂げました。

 

しかし、年間96勝もあげて優勝できないとは……。

 

 

【プロ野球記録】シーズン90敗以上を喫した球団

プロ野球記録INDEX

「プロ野球記録」記事

 

■全カテゴリーINDEX

 

 

スポンサーリンク


..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶プロ野球, ……プロ野球記録