握手会レポ

事件後警備強化された個別握手会行ってきました&持ち物検査改善策??

 

岩手で起こった事件後、警備が強化されて初めての大規模な握手会に行ってきました。

東京ビッグサイトで開催されたAKB48「前しか向かねえ」個別握手会。

 

行ったメンバーは・・・

第5部 岩永亞美(当日券)

第6部 古川愛李

第7部 松井玲奈

第8部 高島祐利奈、岩立沙穂(当日券)

握手レポはのちほどということで、

 

持ち物検査のをはじめとする握手会全体の様子から。

 

あ 握手会 14070501

(Twitterより)

 

実際に体験してみる

持ち物検査が厳しくなるとか、グッズ等を身に付けられないとか、両手握手禁止とかが発表がされて以来、「そこまでするのか」「最初から犯人扱いか」「推しにアピールする手段がなくなる」などのネガティブな感じで、握手会に行くのをやめようか、という意見も多くみられました。

 

実際に握手会に行ってみて思ったのは、握手会に行かずして情報だけで行くのをやめたりするのは実にもったいないことだと・・・。

警備強化後の握手会を実際体験してみて、やっぱり自分には合わないのでもう行きたくない、という思いになるのなら仕方ないですけどね。

 

自分の感想としては、ちゃんと前と同じように楽しめました。むしろ、怪我の功名というか、どちらかというと改善されたのではないかと思いました。

 あ 握手会 14070301

AKB48 Official blogより)

 

メンバー側から見た様子

え AKB 高橋みなみ 14070501

高橋みなみGoogle+より)

 

正面から迎えてくれる形も新鮮ですし、荷物を預かってもらえるのも楽でいいです(握手後の荷物持ち帰り忘れに注意!)。

ちょこんと座って待ってるメンバーの姿が受付嬢みたいでかわいかったです。

あえて不満な点をあげるとすれば

・持ち物検査がめんどくさかった

・握手が全部終了したあとのお見送りが、メンバーが前に出てこなくなって寂しかった

ぐらいでしょうか。

 

持ち物検査について

持ち物検査をやるところは、今までのフリスぺ、トレスぺ等の場所にめいっぱい50レーン以上(目測)。

たくさんあるので、みんなが一斉に会場に入るような時間を避ければ、ほとんど待つことなく行けました。

検査の質は担当の係員によって差があるようです。

自分は3回検査を受けましたが、カバンの中身をざっと見るだけの人もいましたし、中に入ってるポーチ等も全部中を開けて見る人もいました。

折り畳み傘をもっていったんですが、傘を開いたのが1回、開かなかったのが2回。

開かれたときには「たたむのめんどくせえ」と思ったんですが、係員の人が丁寧にたたみ直してくれました。

 

 

持ち物検査の改善策??

持ち物検査3回やったので、だいぶ慣れましたが、でもやっぱり時間もかかるのでめんどうくさいもの。

すこしでも楽しくおこなうために運営に訴えたい改善策。

検査を担当する係員はみんな男性でした(女性専用レーンを除く)。

 

で、係員をみんなアルバイトの女子大生に代えるというのはどうでしょう。

これならみんな、積極的に持ち物検査を受けにいくでしょうな。

むしろたのんでもないのに、中の荷物をみせようとするだろうし。

 

握手そっちのけで、持ち物検査のレーンをループしまくる人も続出するかも。

ひとつ問題点は、わざと金属探知機にひっかかろうとして金属をやたらと身に付けていく人が出て検査の時間がやたらとかかることかな。

 

え NMB や 矢倉 14070501

 

まあ、この改善策は冗談としても(実現するならなおよし!)

 

聞いた情報や憶測だけで判断するより、実際に体験してみてから結論をだしたほうがよいんじゃないかと。

 

「百聞は一見にしかずです!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-握手会レポ