▶大相撲 ……予想番付

2017年7月場所予想番付

2017/09/25

稀勢の里が途中休場した2017年5月場所は、横綱白鵬が自身最長ブランクの1年ぶり38回目の優勝を全勝で決めて幕を閉じました。

また高安の大関昇進もほぼ確定。

今からもう楽しみな2017年7月場所の予想番付です。

 

【参考】平成29年夏場所(2017年5月場所)星取表

.

 

◎…新昇進 ○…再昇進 ×…陥落

横綱~三役

地位 西
白鵬 横綱 日馬富士
稀勢の里 横綱 鶴竜
照ノ富士 大関 豪栄道
◎高安 大関
玉鷲 関脇 ◎御嶽海
嘉風 小結 ×琴奨菊

新大関・高安、新関脇・御嶽海が誕生する模様。

長野県出身の新関脇は1933年1月場所の高登以来約84年ぶり。

関脇琴奨菊が7勝8敗と負け越しを最小限に留めたため小結に残留すると思われます。そのため2007年1月場所以来10年ぶりに「平幕から三役昇進者なし」となりそうです。

この10年前の時は琴奨菊が東前頭2枚目で10勝しながら小結に上がれませんでした。何かと琴奨菊が絡んできますね。

 

前頭

地位 西
正代 前頭 貴景勝
栃ノ心 2 北勝富士
宇良 3
遠藤 4
逸ノ城 5 阿武咲
栃煌山 6 千代翔馬
石浦 7 千代大龍
徳勝龍 8 大翔丸
大栄翔 9 碧山
松鳳山 10 貴ノ岩
隠岐の海 11 千代の国
荒鷲 12 宝富士
豪風 13 蒼国来
○佐田の海 14 ○錦木
○千代丸 15 琴勇輝
○臥牙丸 16

横綱から三役陣まで好調の力士が多かったあおりで前頭4枚目以内までは壊滅的。前頭中位~下位で大勝ちした力士とほぼ総入れ替えといったところ。

貴景勝、北勝富士、宇良は上位陣と初対戦が組まれる位置まで上がってきました。

宇良は11勝4敗と好調だったにもかかわらず三賞なし。宇良ほど注目を浴びていると8勝7敗ぐらいでも技能賞とか受賞しそうなのに、今回三賞に手が届かなかったのは意外でした。

 

十両

地位 西
旭秀鵬 十両 ×魁聖
英乃海 2 東龍
千代皇 3 安美錦
朝乃山 4 ×豊響
青狼 5 天風
旭大星 6 ×妙義龍
琴恵光 7 ×豊山
竜電 8 大奄美
誉富士 9 北太樹
剣翔 10 山口
明生 11 千代鳳
照強 12 里山
力真 13 大砂嵐
◎岩崎 14 ○阿炎

新十両となる岩崎は、十両英乃海の弟。2013年9月場所の千代丸・千代鳳以来の兄弟同時関取誕生です。

3月場所幕下16枚目というギリギリのラインで7戦全勝優勝した阿炎が5月場所幕下筆頭で5勝をあげ再十両を確実にしました。幕下優勝はムダになりませんでした。

 

 

2017年7月場所は、

番付発表が6月26日(月)

初日は7月9日(日)です。

 

予想番付記事一覧

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……予想番付