▶高校野球 ……甲子園出場校戦績

中京大中京(愛知)【甲子園戦績一覧】

2017/08/11

春夏合わせて10回以上甲子園に出場した高校の戦績を紹介します。(9回以下の高校は都道府県別のページで一括する予定)

中京大中京。

名古屋市昭和区。私立。

.

優勝回数 春4回 夏7回

準優勝回数 春4回

中京商 → 中京 → 中京大中京と改名。

 

◆野球部以外の主なOB

安藤美姫、小塚崇彦、浅田真央、村上佳菜子(スケート)、栃剣、栃司(大相撲)、梅本まどか(元SKE48)

 

 

甲子園戦績

( )内は春夏それぞれの出場回数。

 

【中京商】

1931年春(初) 準優勝

2回戦  ◯11-0 川越中
準々決勝◯ 3-0 第一神港商
準決勝 ◯ 3-0 和歌山中
決勝  ● 0-2 広島商

【主な選手】吉田正男、芳賀直一、村上重夫、杉浦清、野口明

 

1931年夏(初) 優勝

1回戦  ◯ 4×-3 早稲田実
2回戦  ◯19-1 秋田中
準々決勝◯ 5-3 広陵中
準決勝 ◯ 3-1 松山商
決勝  ◯ 4-0 嘉義農林

【主な選手】吉田正男、芳賀直一、村上重夫、杉浦清、野口明

1回戦の早稲田実戦は9回裏逆転サヨナラ勝ち。

 

1932年春(2) ベスト4

1回戦  ◯ 3-1 平安中
2回戦  ◯ 3×-2 坂出商(延長10回)
準々決勝◯ 8-0 長野商
準決勝 ● 2-3 松山商(延長10回)

【主な選手】吉田正男、杉浦清、野口明

 

1932年夏(2) 優勝

2回戦  ◯ 5-0 高崎商
準々決勝◯ 7-2 長野商
準決勝 ◯ 4-0 熊本工
決勝  ◯ 4×-3 松山商(延長11回)

【主な選手】吉田正男、杉浦清、野口明

 

1933年春(3) ベスト4

1回戦  ◯ 3-0 島田商
2回戦  ◯ 1×-0 興国商(延長13回)
準々決勝◯ 3-1 享栄商
準決勝 ● 0-1 明石中

【主な選手】吉田正男、杉浦清、野口明、鬼頭数雄

2回戦の興国商との対戦では、吉田投手が13回1死までノーヒットノーランで奪三振22個を記録。

 

1933年夏(3) 優勝

1回戦  ◯11-0 善隣商
2回戦  ◯ 3-2 浪華商
準々決勝◯ 2-0 大正中
準決勝 ◯ 1×-0 明石中(延長25回)
決勝  ◯ 2-1 平安中

【主な選手】吉田正男、杉浦清、野口明、鬼頭数雄

1回戦の善隣商戦で吉田投手がノーヒットノーラン達成。

準決勝の明石中・楠本保投手との投げ合いは、高校野球史上最長となる延長25回の死闘へとなり、最後は相手のバックホームの返球がそれてサヨナラ勝ち。

高校野球史上唯一の夏3連覇を成し遂げました。

 

1934年春(4)

1回戦  ◯10-2 坂出商
2回戦  ● 3-4 浪華商

【主な選手】加藤信夫

 

1935年春(5) ベスト8

2回戦  ◯ 5-1 育英商
準々決勝● 3-7 広陵中

【主な選手】野口二郎、原田督三、伊藤庄七、鬼頭数雄、加藤信夫

 

1937年春(6) 準優勝

2回戦  ◯ 4-0 慶応商工
準々決勝◯ 2-0 平安中
準決勝 ◯ 4-1 東邦商
決勝  ● 0-2 浪華商

【主な選手】野口二郎、原田督三、石井豊

 

1937年夏(4) 優勝

1回戦  ◯12-1 竜山中
2回戦  ◯ 2×-1 慶応商工(延長11回)
準々決勝◯ 9-0 長野商
準決勝 ◯ 3-1 海草中
決勝  ◯ 3-1 熊本工

【主な選手】野口二郎、原田督三、石井豊

1回戦の竜山中戦で、野口二郎投手がノーヒットワンラン。

これで戦前は夏の大会に4回出場して4回とも優勝。

 

1938年春(7) 優勝

2回戦  ◯ 5-0 防府商
準々決勝◯ 4-0 海草中
準決勝 ◯ 2-0 海南中
決勝  ◯ 1-0 東邦商

【主な選手】野口二郎、原田督三、宗宮房之助

全4試合完封で史上2校目の夏春連覇を達成。

 

1939年春(8) ベスト4

1回戦  ◯ 3-2 海草中
2回戦  ◯ 6-3 徳島商
準々決勝◯ 4-1 小倉工
準決勝 ● 5-6 岐阜商(延長13回)

【主な選手】野口昇、宗宮房之助、古川忠道、大西寛介、杉山東洋生

 

1940年春(9)

2回戦  ● 1-6 京都商

【主な選手】杉江文二、鵜飼勉

 

1951年春(10) ベスト8

1回戦  ◯ 2-0 長良
準々決勝● 0-3 長崎西

【主な選手】江崎照雄、鹿野紘一

 

1953年春(11)

2回戦  ● 0-2 洲本

【主な選手】小林勇二、中山俊丈、加藤克巳

 

1953年夏(5) ベスト4

1回戦  ◯ 6-3 下関東
2回戦  ◯ 4-1 慶応
準々決勝◯ 2-0 宇都宮工
準決勝 ● 0-6 土佐

【主な選手】小林勇二、中山俊丈、加藤克巳

 

1954年春(12)

1回戦  ● 2-3 浪華商

【主な選手】中山俊丈、加藤克巳、柳川福三

 

1954年夏(6) 優勝

1回戦  ◯ 3-0 水戸一
2回戦  ◯ 7-6 松商学園
準々決勝◯14-1 三原
準決勝 ◯ 4-2 新宮
決勝  ◯ 3-0 静岡商

【主な選手】中山俊丈、加藤克巳、柳川福三

夏は1937年以来の栄冠で、出場6回のうち5回が優勝。

この年11月に優勝旗紛失事件が勃発。翌年2月に無事発見。

 

1955年夏(7) ベスト4

2回戦  ◯ 5-0 熊本
準々決勝◯ 6-0 新宮
準決勝 ● 1-6 四日市

 

1956年春(13) 優勝

2回戦  ◯ 2×-1 大津東(延長10回)
準々決勝◯ 3-2 桐生
準決勝 ◯ 6-0 芦屋
決勝  ◯ 4-0 岐阜商

【主な選手】星山普徳、冨田虎人、鈴木孝雄

 

1956年夏(8) ベスト8

2回戦  ◯ 5-0 千葉商
準々決勝● 0-3 米子東

【主な選手】星山普徳、冨田虎人、鈴木孝雄

 

1958年春(14) 準優勝

1回戦  ◯ 3-1 広陵
2回戦  ◯ 7-0 兵庫工
準々決勝◯ 5-1 福岡工
準決勝 ◯ 2×-1 明治(延長12回)
決勝  ● 1-7 済々黌

【主な選手】伊藤竜彦、早瀬方禧、石黒和弘

 

1958年夏(9)

2回戦  ● 0-5 済々黌

【主な選手】伊藤竜彦、早瀬方禧、石黒和弘

春センバツの決勝戦で敗れた済々黌に初戦で返り討ちに。

 

1959年春(15) 優勝

2回戦  ◯ 5-2 平安
準々決勝◯ 3-0 松商学園
準決勝 ◯ 2-1 県尼崎
決勝  ◯ 3-2 岐阜商

【主な選手】石黒和弘、平沼一夫

 

1959年夏(10)

1回戦  ● 0-4 高鍋

【主な選手】石黒和弘、平沼一夫

 

1961年春(16)

1回戦  ● 1-2 小倉工

【主な選手】山中巽、相羽欣厚

 

1961年夏(11) ベスト8

1回戦  ◯ 5-0 鹿児島実
2回戦  ◯ 8-7 高知商
準々決勝● 0-14 浪商

【主な選手】山中巽、相羽欣厚

 

1962年春(17) ベスト4

2回戦  ◯ 3-0 出雲産
準々決勝◯ 6-0 岐阜
準決勝 ● 0-1× 日大三

【主な選手】木俣達彦、林俊宏

 

1962年夏(12) ベスト4

1回戦  ◯ 2-0 習志野
2回戦  ◯ 4-0 滝川
準々決勝◯11-2 鹿児島商
準決勝 ● 0-2 作新学院

【主な選手】木俣達彦、林俊宏

 

1963年夏(13)

1回戦  ◯ 4-3 津久見
2回戦  ◯ 8-1 大宮
3回戦  ● 2-3 横浜

【主な選手】三輪田勝年、高井諭、下村栄二

 

1965年春(18) 2回戦敗退

1回戦  ◯ 2-1 熊本工
2回戦  ● 2-6 市和歌山商

【主な選手】深津修司、伊藤正信

 

1966年春(19) 優勝

1回戦  ◯ 5-2 PL学園
2回戦  ◯ 6-5 高鍋
準々決勝◯11-2 米子東
準決勝 ◯ 5×-4 宇部商(延長15回)
決勝  ◯ 1-0 土佐

【主な選手】加藤英夫、矢沢正、伊熊博一、平林二郎

 

1966年夏(14) 優勝

1回戦  ◯ 2-0 秋田
2回戦  ◯ 5-4 岡山東商
準々決勝◯ 4-2 桐生
準決勝 ◯ 2-1 報徳学園
決勝  ◯ 3-1 松山商

【主な選手】加藤英夫、矢沢正、伊熊博一、平林二郎、渡辺幸三、川口勉

史上2校目の春夏連覇を達成しました。

 

【中京】

1967年夏(15) ベスト4

1回戦  ◯ 9-0 明星
2回戦  ◯ 3×-2 倉敷工
準々決勝◯ 2-1 土佐
準決勝 ● 2-3 習志野

【主な選手】大島忠一、渡辺幸三、川口勉

 

1968年春(20)

1回戦  ● 1-3 広陵

【主な選手】水谷則博

 

1970年春(21)

1回戦  ◯ 1-0 西条
2回戦  ● 2-4 鳴門

【主な選手】樋江井忠臣、太田良章

 

1972年夏(16) ベスト8

1回戦  ◯ 3-0 東海大相模
2回戦  ◯ 4-0 足利工
準々決勝● 2-4 高知商

【主な選手】金本誠吉

 

1974年春(22)

1回戦  ● 0-4 滝川

【主な選手】金本誠吉

 

1975年春(23)

1回戦  ●15-16 倉敷工

【主な選手】岡田忠雄、近沢英二

 

1976年夏(17) ベスト8

1回戦  ◯ 1-0 学法石川
2回戦  ◯ 7-1 柳ヶ浦
3回戦  ◯12-1 高田商
準々決勝● 3-9 PL学園

 

1978夏(18) ベスト4

2回戦  ◯ 6-1 佐世保工
3回戦  ◯ 5-4 箕島
準々決勝◯ 5-2 天理
準決勝 ● 4-5× PL学園(延長12回)

【主な選手】栗岡英智

準決勝のPL学園戦は、4-0とリードしていた9回裏に一気に同点に追いつかれ延長でサヨナラ負けという悪夢。

 

1979年夏(19)

1回戦  ◯13-6 境
2回戦  ◯ 2×-1 県岐阜商(延長10回)
3回戦  ● 2-5 池田

 

1982年春(24) ベスト4

1回戦  ◯ 4-1 桜宮
2回戦  ◯ 1-0 大成
準々決勝◯ 5-3 尾道商
準決勝 ● 1-3 二松学舎大付

【主な選手】野中徹博、紀藤真琴

2回戦の大成戦で甲子園100勝目。

 

1982年夏(20) ベスト4

1回戦  ◯ 2-1 関西
2回戦  ◯ 3-0 佐世保工
3回戦  ◯ 5-0 益田
準々決勝◯ 5-1 津久見
準決勝 ● 0-1 広島商

【主な選手】野中徹博、紀藤真琴

 

1983年夏(21) ベスト8

1回戦  ◯11-1 北陸
2回戦  ◯ 8-3 岡山南
3回戦  ◯ 1-0 宇都宮南
準々決勝● 1-3 池田

【主な選手】野中徹博、紀藤真琴、鈴木敏雄

 

1987年夏(22) ベスト8

1回戦  ◯11-1 伊香
2回戦  ◯ 2×-1 池田(延長10回)
3回戦  ◯ 4-1 鹿児島商工
準々決勝● 4-7 常総学院

【主な選手】後藤孝志、木村龍治

 

1988年春(25)

2回戦  ◯ 7-2 高岡商
3回戦  ● 1-2 宇部商

【主な選手】木村龍治

3回戦の宇部商戦は9回1死まで木村投手が完全に抑え込んでいましたが、26人目にヒットを打たれ、バント後に逆転2ランホームランを許してしまいました。

 

【中京大中京】

1997年春(26) 準優勝

1回戦  ◯ 6-3 日高中津
2回戦  ◯10-2 岡山南
3回戦  ◯ 4-2 春日部共栄
準々決勝◯ 5-1 報徳学園
準決勝 ● 1-4 天理

 

2000年夏(23)

1回戦  ◯ 12-0 郡山
2回戦  ● 6-7 智弁和歌山

【主な選手】前田章宏

 

2002年春(27)

1回戦  ● 0-4 広陵

【主な選手】深町亮介 嶋基宏

 

2004年夏(24) ベスト8

1回戦  ◯ 6-3 明豊
2回戦  ◯ 6-4 浦和学院
3回戦  ◯ 7-3 東海大翔洋
準々決勝● 1-2 済美

【主な選手】柴田健斗

 

2008年春(28)

2回戦  ● 2-3× 明徳義塾(延長10回)

【主な選手】井藤真吾、堂林翔太

 

2009年春(29) ベスト8

1回戦  ◯ 5-1 神村学園
2回戦  ◯ 6-5 倉敷工
準々決勝● 5-6 報徳学園

【主な選手】堂林翔太、磯村嘉孝

 

2009年夏(25) 優勝

1回戦  ◯ 5-1 龍谷大平安
2回戦  ◯ 5×-4 関西学院
3回戦  ◯15-5 長野日大
準々決勝◯ 6-2 都城商
準決勝 ◯11-1 花巻東
決勝  ◯10-9 日本文理

【主な選手】堂林翔太、磯村嘉孝

 

2010年春(30) ベスト8

1回戦  ◯ 5-4 盛岡大付
2回戦  ◯ 2-1 神港学園
準々決勝● 1-5 広陵

【主な選手】磯村嘉孝

 

2010年夏(26)

1回戦  ◯ 2-1 南陽工
2回戦  ● 6-21 早稲田実

【主な選手】磯村嘉孝

 

2015年夏(27)

1回戦  ○ 4-1 岐阜城北
2回戦  ○ 7-3 鹿児島実
3回戦  ● 0-1× 関東一

 

2017年夏(28)

1回戦  ● 6-10 広陵

 

 

◆甲子園に出場できなかった主なプロ野球選手

小川敏明、本間勝、江藤省三、伊藤敦規、稲葉篤紀、伊藤隼太

 

 

東邦(愛知)【甲子園戦績一覧】

 

≫甲子園出場校戦績INDEXへ

≫他の「高校野球」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶高校野球, ……甲子園出場校戦績