地域ネタ 大相撲 …大相撲 …東京

2017年5/25(木)~5/27(土)渋谷で大相撲8Kスーパーハイビジョンのパブリックビューイングを開催

2017/06/03

大相撲5月場所が開催され大にぎわいを見せている両国国技館周辺。

JR両国駅から国技館に向かう途中にある両国広小路では5月場所の期間中、チケットが無くて館内に入れない人たちでもお土産等を手に入れられるように各種売店が開かれています。(平日14:00~18:00すぎ、土休日12:00~18:00すぎ)

 

手形色紙、番付、バック、ひよちゃん焼きなど相撲グッズが色々取りそろえてありますよ。

 

稀勢の里のジャポニカ学習帳と新横綱稀勢の里の立ち姿が凛々しい三月場所のパンフレット(750円から300円に値下げ!)を買ってしまいました。(決して売り場にいたバイトの女の子が可愛かったということではありますよ)

 

8Kスーパーハイビジョンを視聴体験

そして奥には、どーもくんが口を開けて待ち構えている形のテントが。

ここが2018年12月から放送開始を予定している8Kスーパーハイビジョン放送視聴体験ブースです。

稀勢の里が大逆転優勝をはたした3月場所千秋楽の録画を流していました。

超高精細映像

8Kテレビは横7680×縦4320で、画素数約3300万個というこれまでのハイビジョンをはるかに超えた超高精細な映像を見ることができます。

実際に視聴体験した大相撲放送も、力士の肌つやのきめこまかさや汗の吹き出す様子、土俵の土の一粒一粒、応援している観客の顔など見事に綺麗に映し出されていました。向正面の桝席で観戦していた稀勢の里のご両親の姿もはっきりと分かるぐらい映っていました。

画面越しではなく実際に会場で見てるかのような迫力でした。

相撲を見に行くときもボーっと観戦する時代ではなくなってきましたね。観戦している姿がはっきり映り込んでしまうかもしれませんからね。

マルチチャンネル音響

8Kテレビは音響もすごかったです。上層(9ch)、中層(10ch)、下層(3ch)、重低音(0.2ch)を組み合わせた22.2マルチチャンネル音響です。

稀勢の里が優勝を決めた場面。沸きあがる観客の拍手と大歓声の迫力は、まるでその場が会場の中の1ヶ所であるかのような臨場感。先場所の録画なので結果は既に分かり切っているのに、まるで今起こったことのように思えて鳥肌が立ってきました。

相撲やスポーツに限らず8Kテレビで伝えられる映像は、そのものの本質をズバッと視聴者に届けられるでしょうね。

 

渋谷で8Kスーパーハイビジョンをパブリックビューイング

そんな8Kスーパーハイビジョンで、大相撲中継を見るチャンスがあります!

東京・渋谷のNHKみんなの広場ふれあいホールにて、350インチの大画面で5月場所の模様をライブ上映します。

日時

2017年5月25日(木)~27日(土) 12日目・13日目・14日目

16:00~18:00(予定)

入場無料 入退場自由

場所

NHKみんなの広場ふれあいホール

渋谷駅、原宿駅、代々木公園駅から徒歩で約12分

渋谷駅から「スタジオパーク」行きのバス、ハチ公バスで「渋谷区役所」下車

みんなの広場ふれあいホール|NHKオンライン

.

.

 

ぜひ足を運んで大迫力の大相撲中継をご堪能ください。

7月場所(名古屋場所)でのライブ上映も予定されています。7月21日(金)~23日(日)まで(13日目~千秋楽)

 

 

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

≫他の「両国」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-地域ネタ, 大相撲, …大相撲, …東京