湘南・神奈川 …藤沢・鎌倉

いすゞプラザの見どころを紹介します その3 いすゞのくるまづくりと名車の歴史

2017年4月11日に開館したいすゞプラザの見どころを紹介するシリーズ第3弾。

いすゞプラザ2階は、車(トラック)がどのように造られていくのかを知ることができ、今までどのような名車が造られてきたのかを知ることができるという、いわばお勉強ゾーン。

見て体験して得たものにより、自分のエンジンがさらにパワーアップしていくことでしょう。

 

いすゞのくるまづくり

新しい車を1台造り上げていく過程。

開発・デザインから組立・検査・完成まで車づくりの過程を順に追っていくことができるようになっています。

ただ見るというだけでなく、体験型シミュレーターもたくさん。

 

デザインスケッチ体験。

 

車体の走行テストでは、あらゆる条件の道でもちゃんと走れるかを試します。

一番左はベルジアン路。ヨーロッパによくある敷石をした道。揺れに強い丈夫な車かテストします。真ん中の低μ路と右のセラミックタイルならびにバサルトはとても滑りやすく、ブレーキの性能などのテストに使います。

これらの違いを実際に触って確かめることができます。

 

整備士にチャレンジなんていうコーナーもあります。

 

また、お得意の(?)ジオラマで、工場で車体を製造する過程を再現もしていました。写真のみではなく、立体的に可視化できるというのは理解の進みも早いだろうなと感じました。

ただ、

作業前のミーティングって、とても大事だというのは分かるけど、このシーンのジオラマこんな気合いを入れて作る必要あったのかな?(よく作ってくれたと絶賛している)

 

運転シミュレーションにはたくさんの人が並んでいました。やりたい人は時間がかかるのを覚悟していたほうがよいでしょう。

 

いすゞの歴史

また同じ2階には、いすゞの歴史を彩った名車たちがズラリと展示されています。

 

スミダM型バス。1929年(昭和4年)にいすゞの前身である石川島自動車製作所が製造した史上初の国産バス。乗車定員は20人。

 

TX80型トラック。1948年(昭和23年)製造。戦後の産業復興に大いに役立ちました。

 

エルフTLD20型。1963年(昭和38年)製造。

 

ベレル。1961年(昭和36年)製造。日本のディーゼル乗用車のパイオニア。

こち亀の大原部長の(現在の)愛車だったような……。

 

シボレーLUV。1972年(昭和47年)製造。LUVはLight Utility Vehicleの頭文字。(Light=軽い Utility=実用的 Vehicle=乗り物)

小林旭のヒット曲「自動車ショー歌」の1番の歌詞に出てきますね。⇒ 自動車ショー歌 歌詞| J-Lyric

 

ジェミニ。1974年(昭和49年)製造。

1985年に登場した2代目ジェミニは「街の遊撃手」というキャッチコピーのCMが大反響を呼びました。「街の坂本」ということか。

 

実車の展示の他にも、いすゞの歴代の自動車のミニチュアが歴史の年表のごとく並んだコーナーもあります、これは壮観な眺め!

 

展示されている車両は前後左右どっからでも見放題ですし、当時のカタログなど貴重な資料も一緒に見ることができますので、ぜひ現地に足を運んでほ楽しんでもらいたいです。

 

 

いすゞプラザ

開館時間

◆月~金 9:00~17:00(受付16:00まで)※完全予約制

◆土・祝 10:00~17:00(受付16:00まで)※自由見学日

平日の見学は事前にWeb予約が必要となります。

土曜・祝日は誰でも自由に見学できます(予約不要)

休館日

日曜日

ゴールデンウイーク(2017年は4月29日~5月7日)

夏季休暇(2017年は8月12日~8月20日)

年末年始(今年から来年にかけては2017年12月30日~2018年1月7日)

入館料

無料

住所

神奈川県藤沢市土棚8

.

.

 

▼いすゞプラザの詳しい内容は公式サイトで

.

 

いすゞプラザの見どころを紹介します その1 ジオラマの細部までのこだわりがすごい

いすゞプラザの見どころを紹介します その2 はたらくくるま

いすゞプラザの無料送迎バスが豪華すぎた件

≫他の「藤沢・鎌倉」関連の記事を見る

≫他の「バス」関連の記事を見る

 

≫地域情報INDEXへ

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-湘南・神奈川, …藤沢・鎌倉