大相撲 …大相撲記録

新横綱初日の成績

2017/03/26

2017年3月場所は稀勢の里が新横綱で登場。

何かと重圧のかかる横綱の地位。緊張とプレッシャーの中で迎える新横綱の初日の心境はいかに。

過去の新横綱初日の成績を一覧にしてみました。最近の横綱から順に遡っていく形になります。

 

新横綱初日の成績

※15日間制が定着した1949年5月場所以降

※最終成績の赤文字は優勝

場所 新横綱 相手(地位) 最終成績
2017年03月 稀勢の里 豪風(前1) 13勝2敗
2014年05月 鶴竜 碧山(前1) 9勝6敗
2012年11月 日馬富士 豊真将(小結) 9勝6敗
2007年07月 白鵬 時天空(小結) 11勝4敗
2003年03月 朝青龍 土佐ノ海(小結) 10勝5敗
1999年07月 武蔵丸 琴錦(前1) 12勝3敗
1998年07月 若乃花Ⅲ 武双山(前2) 10勝5敗
1995年01月 貴乃花 武双山(小結) 13勝2敗
1993年03月 琴錦(小結) 10勝5敗
1990年09月 旭富士 陣岳(小結) 13勝2敗
1987年11月 大乃国 陣岳(小結) 8勝7敗
1987年07月 北勝海 益荒雄(関脇) 11勝4敗
1986年09月 双羽黒 出羽の花(小結) 3勝4敗8休
1983年09月 隆の里 闘竜(前1) 15勝0敗
1981年09月 千代の富士 蔵玉錦(前4) 1勝2敗12休
1979年09月 三重ノ海 玉ノ富士(前1) 11勝4敗
1978年07月 若乃花Ⅱ 富士桜(前2) 11勝4敗
1974年09月 北の湖 金剛(前1) 11勝4敗
1973年07月 輪島 高見山(小結) 11勝4敗
1973年03月 琴桜 大受(小結) 11勝4敗
1970年03月 北の富士 長谷川(関脇) 13勝2敗
1970年03月 玉の海 若二瀬(前3) 13勝2敗
1965年03月 佐田の山 清国(小結) 12勝3敗
1964年03月 栃ノ海 羽黒川(前5) 10勝5敗
1961年11月 大鵬 明武谷(小結) 13勝2敗
1961年11月 柏戸 開隆山(前1) 12勝3敗
1959年05月 朝汐 鬼竜川(前6) 10勝5敗
1958年03月 若乃花Ⅰ 信夫山(前4) 12勝3敗
1955年01月 栃錦 大昇(前5) 10勝5敗
1954年01月 吉葉山 全休
1953年03月 鏡里 出羽錦(小結) 10勝5敗
1951年09月 千代ノ山 琴錦(前3) 9勝6敗

※吉葉山の横綱2場所目は初日不戦敗のあと残りを休場。3場所目は初日の大蛇潟(前3)戦に勝利し最終的に11勝4敗。

 

初日は勝つが……

千代ノ山から稀勢の里までの新横綱初日の成績は23勝8敗1休。

1950年代、1960年代には初日に黒星を喫する横綱が多かったですが、最近はほとんどの横綱が初日を白星で飾っています。

初日を無事乗り切ったとしても、日に日に横綱のプレッシャーを感じていくのか総じて新横綱の成績は今いちな所があります。白鵬でも11勝4敗、朝青龍は10勝5敗でした。

優勝したのはわずか3名のみ。貴乃花は初日に武双山の上手投げに痛い黒星を喫するも後半立て直し、優勝決定戦で武蔵丸を破っての新横綱優勝でした。

 

横綱に挑む者たち

初代若乃花の新横綱初日に立ち向かい寄り切りで破ったのが両差し得意の技能派・信夫山。相撲雑誌の表紙に載った若乃花の立ち合いの写真を見て研究を重ねた成果でした。

1959年5月場所初日、新横綱朝汐に挑んだのが鬼竜川。1939年1月場所初土俵の鬼竜川は20年目にして初の横綱挑戦でした。鬼竜川は以後横綱と対戦することが無かったので最初で最後の横綱戦となりました。

 

新横綱初日に2度挑んだ力士

新横綱初日の対戦相手をという栄誉(?)を2度務めたのは、陣岳、武双山、琴錦の3人。

陣岳は、新小結となった1987年11月場所の初日に新横綱・大乃国の対戦相手に。17場所ぶりに小結に返り咲いた1990年9月場所初日で新横綱・旭富士と対戦しました。横綱の初日の対戦相手は小結になることが多く、小結昇進のタイミングと新横綱誕生のタイミングがぴったり合ったことによる奇跡!

武双山は若貴兄弟それぞれの新横綱初日の対戦相手になりました。貴乃花に見事に土を付けましたが場所途中でケガをして途中休場。

琴錦(現・朝日山親方)はハワイが生んだ曙、武蔵丸の両横綱の初日の対戦相手に。ちなみに千代ノ山の新横綱初日に対戦した琴錦は、師匠の師匠に当たります。先々代佐渡ヶ嶽親方が名乗っていた四股名を継いだわけですね。

 

新横綱・稀勢の里。初日の対戦相手は誰になるのか? そして結果はいかに!

 

 

新大関初日の成績

歴代横綱一覧

≫大相撲記録INDEXへ

≫他の「大相撲記録」関連の記事を見る

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …大相撲記録
-