プロ野球 …プロ野球記録

プロ野球 セ・リーグ5球団が同じ勝ち星で並ぶ

2016年のセ・パ交流戦もパ・リーグが圧勝(パ・リーグの60勝47敗1分)。

セ・リーグのチームで勝率5割越えのいわゆる貯金を作ることができたのが広島カープだけという事態になりました(11勝6敗1分)。

交流戦は圧倒的にパ・リーグが強い状態が続いていて、昨年(2015年)もパ・リーグが大幅に勝ち越したため、7月3日にはセ・リーグ全球団が負け越しという史上初の珍事も起こりました。

 

今年もパ・リーグ大勝ちの影響からか、交流戦後の6月28日のセ・リーグの順位表でおもしろい現象が起こりました。

順位 チーム
1 広島 75 44 29 2
2 巨人 72 33 36 3 9.0
3 中日 74 33 38 3 1.0
3 DeNA 74 33 38 3 0.0
5 阪神 75 33 39 3 0.5
6 ヤクルト 76 33 42 1 1.5

セ・リーグ下位5球団が見事に33勝で並んだのです。

広島が44勝なので、全チーム11の倍数の勝ち星でもあります。

広島が2位にゲーム差9をつけて独走状態。同じくパ・リーグで独走中のソフトバンクよりも2位との差を広げています(8ゲーム差)。2位の巨人から最下位ヤクルトまでが3ゲーム差の中にひしめいています。

 

これと似た現象が過去のプロ野球でも起きています。

1991年6月6日のセ・リーグ。

順位 チーム
1 広島 43 24 18 1
2 中日 45 24 20 1 1.0
3 ヤクルト 46 24 21 1 0.5
3 大洋 47 24 22 1 0.5
5 巨人 47 24 23 0 0.5
6 阪神 44 14 30 0 8.5

セ・リーグ5球団が当時暗黒期だった阪神をよってたかってカモにして24勝で並ぶという展開。

阪神だけが負け越すという1人負け状態は5月5日から6月13日まで続きました。

この年の優勝は広島。それ以来優勝から遠ざかっています。今年はもしかしたらもしかしたらですよね。

阪神? もちろん最下位でした。

 

 

〈参考文献〉

「プロ野球データブック《最新版》」(宇佐美徹也/講談社文庫)

 

【プロ野球史上初の珍記録】セ・リーグ全球団負け越し

プロ野球記録関連記事一覧

■全カテゴリーの一覧

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-プロ野球, …プロ野球記録