高校野球 …甲子園出場校戦績

横浜(神奈川)【甲子園戦績一覧】

2017/08/11

春夏合わせて10回以上甲子園に出場した高校の戦績を紹介します。(9回以下の高校は都道府県別のページで一括する予定)

横浜

横浜市金沢区。私立。

.

優勝:春3回 夏2回

準優勝:春1回

愛甲猛、松坂大輔、筒香嘉智ら多数のプロ野球選手を輩出し、春夏連覇も達成。

 

◆野球部以外の主なOB

鈴木みのる(格闘家)、大橋秀行(ボクシング)、山本博(アーチェリー)、ミッキー安川、五十嵐充(Every Little Thing)、山崎まさや(ジョーダンズ)、タケタリーノ山口(瞬間メタル)、北川悠仁(ゆず)

 

 

甲子園戦績

( )内は春夏それぞれの出場回数。

 

1963年夏(初)  ベスト4

2回戦  ◯ 3-1 若狭
3回戦  ◯ 3-2 中京商
準々決勝◯ 2×-1 高田商(延長10回)
準決勝 ● 0-5 明星

【主な選手】井上健仁、佐野勝稔、平岡一郎

 

*1968年、渡辺元智が監督に就任。

 

1973年春(初)  優勝

2回戦  ◯ 6×-2 小倉商(延長13回)
準々決勝◯ 3-0 東邦
準決勝 ◯ 4-1 鳴門工
決勝  ◯ 3-1 広島商(延長11回)

【主な選手】西山茂、長崎誠、永川英植、上野貴士

センバツ初出場で初優勝。

2回戦の小倉商戦では長崎誠が大会史上初のサヨナラ満塁ホームランを放つ。

 

1974年春(2)

1回戦  ◯ 7-0 御所工
2回戦  ● 0-1× 高知(延長12回)

【主な選手】永川英植、上野貴士

 

*1977年のみ小倉清一郎監督。

 

1978年夏(2)

2回戦  ◯10-2 徳島商
3回戦  ● 0-3 県岐阜商

【主な選手】吉田博之、曽利田勝二、愛甲猛、安西健二

1年生の愛甲投手を擁し15年ぶりの夏の甲子園。

 

1980年夏(3)  優勝

1回戦  ◯ 8-1 高松商
2回戦  ◯ 9-0 江戸川学園
3回戦  ◯ 1-0 鳴門
準々決勝◯ 3-2 箕島
準決勝 ◯ 3-1 天理
決勝  ◯ 6-4 早稲田実

【主な選手】愛甲猛、安西健二、川戸浩、片平保彦

準決勝の天理戦は雨でグラウンドがぬかるんだ中での逆転勝利。

決勝は荒木大輔の早稲田実との京浜決戦。荒木を3回でKOするも疲れのみえる愛甲も5回で降板。残り4イニングをリリーフの川戸が無得点で抑え夏初優勝。

 

1981年夏(4)

1回戦  ◯ 3-1 徳島商(延長13回)
2回戦  ● 1-4 報徳学園

【主な選手】片平保彦、山中博一

3回戦、報徳学園の金村に抑えられ夏連覇ならず。

*1981年のみ斉藤宏監督。

 

1985年春(3)

1回戦  ◯ 7-0 倉敷商
2回戦  ● 2-10 報徳学園

【主な選手】相川英明

 

*1988年~1990年まで上野貴士監督。

 

1989年夏(5)

2回戦  ● 1-5 星稜

【主な選手】鈴木尚典

 

1992年春(4)

1回戦  ● 3-7 新野

【主な選手】部坂俊之、中野栄一、平馬淳

 

1993年春(5)

2回戦  ● 3-4× 上宮(延長10回)

【主な選手】白坂勝史、高橋光信、平馬淳、紀田彰一、斉藤宜之

 

1994年春(6)

1回戦  ◯10-3 大府
2回戦  ● 2-10 智弁和歌山

【主な選手】矢野英司、紀田彰一、斉藤宜之、多村仁、横山道哉

 

1994年夏(6)

2回戦  ● 2-4 那覇商

【主な選手】矢野英司、紀田彰一、斉藤宜之、多村仁、横山道哉

のちにプロ入りする選手が5人もいましたが、春夏ともに力を発揮できず大会序盤で敗退。

 

*1995年8月17日、4番エースで将来を嘱望された丹波慎也が急死。

 

1996年春(7)

1回戦  ● 1-2 大阪学院大高

【主な選手】松井光介、阿部真宏、幕田賢治

 

1996年夏(7)

2回戦  ◯ 3-1 北嵯峨
3回戦  ● 4-8 福井商

【主な選手】松井光介、阿部真宏、幕田賢治、後藤武敏

 

*1997年夏神奈川大会準決勝の横浜商戦。2年生エース松坂大輔の暴投でサヨナラ負け。以後新チームで負けなしの快進撃が始まる。

 

1998年春(8)  優勝

1回戦  ◯ 6-2 報徳学園
2回戦  ◯ 3-0 東福岡
準々決勝◯ 4-0 郡山
準決勝 ◯ 3-2 PL学園
決勝  ◯ 3-0 関大一

【主な選手】松坂大輔、小山良男、後藤武敏、小池正晃

エース松坂を擁し、センバツ2度目の優勝。

 

1998年夏(8)  優勝

1回戦  ◯ 6-1 柳ヶ浦
2回戦  ◯ 6-0 鹿児島実
3回戦  ◯ 5-0 星稜
準々決勝◯ 9-7 PL学園(延長17回)
準決勝 ◯ 7×-6 明徳義塾
決勝  ◯ 3-0 京都成章

【主な選手】松坂大輔、小山良男、後藤武敏、小池正晃

史上5校目の春夏連覇達成。

準々決勝のPL学園戦は延長17回の死闘。5-5の同点で延長に入ってから点を取ってもすぐその裏にPLに追いつかれるを2度繰り返し(11回・16回)、17回表に常盤良太の2ランホームランで突き放してようやく決着。

準決勝の明徳義塾戦は前日17回投げた松坂が先発回避し8回表までに0-6の大差をつけられるも8回裏に4点を返し、9回表に松坂が登板し球場の雰囲気をガラッと変えると9回裏に3点取り逆転サヨナラ勝ち。

決勝の京都成章戦ではノーヒットノーランを達成。

 

1999年春(9)

1回戦  ● 5-6 PL学園

3季連続してPL学園と対戦。PLの意地の前に屈しました。

 

2000年夏(9)  ベスト8

2回戦  ◯12-1 佐賀北
3回戦  ◯ 2×-1 鳥羽
準々決勝● 1-2 東海大浦安

【主な選手】平田徹

 

2001年夏(10)  ベスト4

2回戦  ◯10-1 開星
3回戦  ◯ 5-0 秀岳館
準々決勝◯ 4-2 日南学園
準決勝 ● 6-7× 日大三

【主な選手】平田徹、円谷英俊、荒波翔

 

2003年春(10)  準優勝

1回戦  ◯10-0 盛岡大付
2回戦  ◯ 8-4 明徳義塾(延長12回)
準々決勝◯ 3-0 平安
準決勝 ◯ 5-3 徳島商
決勝  ● 3-15 広陵

【主な選手】成瀬善久、涌井秀章、荒波翔、石川雄洋

1回戦の盛岡大付戦は、神奈川県勢が苦手とする岩手県勢に対して唯一の勝利(計1勝5敗)。

甲子園決勝戦での敗退は今回が唯一。

 

2004年夏(11)  ベスト8

1回戦  ◯ 8-2 報徳学園
2回戦  ◯ 1×-0 京都外大西(延長11回)
3回戦  ◯ 7-5 明徳義塾
準々決勝● 1-6 駒大苫小牧

【主な選手】涌井秀章、石川雄洋、福田永将

 

2006年春(11)  優勝

1回戦  ◯ 1-0 履正社
2回戦  ◯ 7-6 八重山商工
準々決勝◯13-3 早稲田実
準決勝 ◯12-4 岐阜城北
決勝  ◯21-0 清峰

【主な選手】西嶋一記、福田永将、下水流昂、佐藤賢治、高濱卓也

8年ぶり3度目のセンバツ優勝。

準々決勝の早稲田実戦では、2回戦で引き分け再試合をして疲れている斎藤佑樹を打ち崩し勝利。早実戦は荒木・斎藤のエースから白星をあげたことになります。

決勝の21点差は決勝での最多得点差記録。

 

2006年夏(12)

1回戦  ● 6-11 大阪桐蔭

【主な選手】西嶋一記、福田永将、下水流昂、佐藤賢治、高濱卓也

東西の横綱対決とうたわれましたが、3番・謝敷正吾、4番・中田翔に連続ホームランを打たれるなど完敗。

 

2008年春(12)

2回戦  ● 2-6 北大津

【主な選手】土屋健二、倉本寿彦、筒香嘉智

 

2008年夏(13)  ベスト4

1回戦  ○ 6-5 浦和学院
2回戦  ○ 7-4 広陵
3回戦  ○ 3-2 仙台育英
準々決勝○15-1 聖光学院
準決勝 ● 4-9 大阪桐蔭

【主な選手】土屋健二、倉本寿彦、筒香嘉智

 

2011年春(13)

1回戦  ● 1-5 波佐見

【主な選手】近藤健介、乙坂智、柳裕也

 

2011年夏(14)

2回戦  ◯ 6×-5 健大高崎(延長10回)
3回戦  ● 4-9 智弁学園

【主な選手】近藤健介、乙坂智、柳裕也

 

2012年春(14)  ベスト8

1回戦  ◯ 4-0 高知
2回戦  ◯ 7-1 聖光学院
準々決勝● 2-4 関東一

【主な選手】田原啓吾、柳裕也

 

2013年夏(15)

2回戦  ◯ 7-1 丸亀
3回戦  ● 1-7 前橋育英

【主な選手】浅間大基、高濱祐仁

 

2014年春(15)

1回戦  ● 5-9 八戸学院光星

【主な選手】浅間大基、高濱祐仁

 

*2015年夏神奈川大会決勝の東海大相模戦に0-9で敗れたのを最後に渡辺監督勇退。後任は平田徹監督。

 

2016年夏(16)

1回戦  ○ 7-1 東北
2回戦  ● 1-5 履正社

【主な選手】藤平尚真

 

2017年夏(17)

1回戦  ● 4-6 秀岳館

 

 

◆甲子園に出場できなかった主なプロ野球選手

飯田幸夫、佐野元国、中田良弘、神山一義、高橋建、高井一

◆甲子園に出場できなかった主なタレント

上地雄輔

 

 

東海大相模(神奈川)【甲子園戦績一覧】

 

≫甲子園出場校戦績INDEXへ

≫他の「高校野球」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

 

 

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-高校野球, …甲子園出場校戦績