▶大相撲 ……大相撲記録

【大相撲記録】最速勝ち越しは6日目!?(15日制)

今回は幕内・十両の関取の話ではないんですよね。

15日間毎日取組がある関取であれば、折り返し地点の8日目が最速の勝ち越しの日になります。

 

1場所に7番しか取組がない幕下以下の力士は基本的に

1番目の相撲 初日か2日目
2番目の相撲 3日目か4日目
3番目の相撲 5日目か6日目
4番目の相撲 7日目か8日目
5番目の相撲 9日目か10日目
6番目の相撲 11日目か12日目
7番目の相撲 13日目か14日目か千秋楽

以上のような形で相撲を取っていきます。

幕下以下は4勝以上が勝ち越しなので、7日目に4番目の相撲を取る力士の中で勝って4連勝となった力士が最速の勝ち越し力士になります。

が!

十両以上の関取に休場者が出て、出場者が奇数になった場合に幕下からひとり十両と対戦する力士を抜擢しなければなりません。

幕下から抜擢されて取る力士は、他の幕下力士よりも早い日に取組を一番消化するわけです。

例えば2番目の相撲を2日目にとか、3番目の相撲を4日目にとかですね。

その中で4番目の相撲を6日目に取ることになる幕下力士も出てきます。

6日目の相撲で4連勝した幕下以下の力士が現在考えられる最速の勝ち越し力士になります。

 

 

6日目に3連勝で4番目の相撲を迎えた幕下力士

※幕下以下が1場所7番相撲になった1960年7月場所以降。

年/場所 幕下 勝敗 成績 相手
1967/09 朝風(東幕下2) 5勝2敗 朝登(東十両12)
1968/05 扇山(東幕下3) 4勝3敗 朝風(西十両13)
1970/01 琉王(西幕下2) 5勝2敗 富士桜(西十両13)
1970/05 北瀬海(西幕下3) 5勝2敗 花光(西十両13)
1972/03 大旺(東幕下2) 4勝3敗 渥美洋(西十両13)
1972/05 鷲羽山(西幕下2) 5勝1敗1休 国見山(東十両13)
1979/07 琴千歳(東幕下2) 5勝2敗 蜂矢(東十両10)
1981/03 綾ノ海(西幕下1) 3勝4敗 若の富士(東十両13)
1982/03 板井(西幕下3) 6勝1敗 凱皇(東十両12)
1988/07 琴錦(西幕下1) 5勝2敗 旭道山(西十両12)
1993/05 大刀光(西幕下1) 5勝2敗 大竜(東十両12)
1995/07 阿嘉(西幕下2) 5勝2敗 大飛翔(東十両12)
1995/09 砂浜(東幕下4) 6勝1敗 大喜(東十両13)
1995/11 琴冠佑(西幕下1) 6勝1敗 大竜(西十両12)
1996/07 栃天晃(西幕下3) 6勝1敗 大竜(東十両13)
2000/03 玉ノ国(東幕下5) 7勝0敗 光法(西十両12)
2000/07 朝青龍(西幕下2) 7勝0敗 琴岩国(西十両13)
2000/09 増健(西幕下2) 4勝3敗 泉州山(西十両12)
2002/05 豊桜(東幕下2) 7勝0敗 須磨ノ富士(東十両13)
2007/11 栃ノ心(東幕下1) 5勝2敗 磋牙司(東十両14)
2008/01 北勝国(西幕下3) 5勝2敗 里山(東十両12)
2010/03 宝智山(東幕下3) 4勝3敗 霧の若(東十両12)
2011/05 松谷(西幕下4) 7勝0敗 玉飛鳥(西十両12)
2014/09 岩崎(西幕下2) 6勝1敗 千代の国(西十両13)
2015/09 大道(東幕下3) 5勝2敗 正代(西十両12)
2016/03 宇良(西幕下2) 6勝1敗 天風(西十両13)

太字…翌場所十両昇進 赤太文字…幕下優勝

◆改名

阿嘉 → 若ノ城

松谷 → 松鳳山

岩崎 → 英乃海

26人の力士が3連勝で6日目の4番相撲を迎えて、16人が勝って4連勝となり勝ち越しを決めました。

勝った16人は翌場所みんな十両昇進を果たしていて、4人が勝ち越しの勢いをそのまま続けて幕下優勝しました。

負けた10人のうち3人だけ翌場所も幕下据え置き。唯一負け越したのが1981年3月の綾ノ海で、7番相撲に敗れ負け越したのち翌場所を全休して引退してしまいました。

迎え撃つ十両の側では、大竜が3回も3連勝の力士の挑戦を受け、3回とも十両力士の貫録を見せることができずに敗れて勝ち越しを許してしまいました(1993年5月大刀光、1995年11月琴冠佑、1996年7月栃天晃)。

 

6日目に勝ち越しを決めた力士は他にも

取組には必ず2人の力士が必要ですから、人数が奇数になると取組の消化にひずみができてしまいます。

十両以上の関取の数が奇数だと、そのしわよせは幕下上位の力士に。

相撲界全体で出場力士の数が奇数だと、しわよせは一番下の序ノ口にやってきます。

幕下以外で、6日目に4連勝を決めて勝ち越した力士がいました。

年/場所 力士 勝敗 成績 相手
1992/03 阿嘉(東序ノ口33) 7勝0敗 栃豊(西序ノ口30)

1992年3月場所6日目、3勝0敗の阿嘉と2勝0敗の栃豊という同星同士の対戦が基本の幕下以下では異例の対戦。

勝って4連勝とした阿嘉がそのまま7戦全勝で序ノ口優勝を果たしました。

阿嘉はのちに幕内にまで上がった若ノ城。

上記の幕下の表をご覧になった方の中には気付かれた方もいるかもしれませんが、幕下2枚目にまで上がった1995年7月場所にも6日目に勝ち越しを経験しています。

そう、阿嘉(若ノ城)は史上唯一6日目の勝ち越しを2度決めている力士なのです。

 

 

【大相撲記録】十両スピード昇進記録

大相撲記録関連記事一覧

大相撲関連記事一覧

 

■全カテゴリーの一覧

 

..
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……大相撲記録