大相撲 …大相撲記録

【大相撲記録】十両スピード昇進記録

2017/02/28

2016年5月場所では2人の新十両力士が誕生しました。

1人は宇良(うら)。関西学院大学出身でアクロバットな相撲がアマ時代から注目されていました。序ノ口からわずか7場所目で十両昇進を果たしました。

もう1人は佐藤。名門埼玉栄高校から貴乃花部屋に入門。こちらも序ノ口から10場所目にして十両昇進。

10場所以内で十両に昇進した力士が2人同時に誕生しました。

 

序ノ口に付いてから10場所以内で十両に昇進したスピード出世の力士を紹介します(前相撲から取った力士が対象。幕下付け出し等の力士は除きます)。

十両まで10場所以内に昇進

順位 場所数 力士
第1位 6場所 板井
土佐豊
常幸龍
第4位 7場所 旭富士
宇良
第6位 8場所 小錦
把瑠都
境澤
千代桜
大砂嵐
高立
大輝
第12位 9場所 栃東
琴欧州(琴欧洲)
嘉風
白石
阿覧
正代
第17位 10場所 貴花田(貴乃花)
朝青龍
露鵬
時天空
栃煌山
山本山
佐藤

 

スピード出世を果たした各力士の初土俵から各段までの成績を詳しく見てみましょう。

序ノ口にはじめて付いた場所を1場所目とします。

 

6場所

年6場所制での最速十両昇進記録は6場所。

板井

1978年09月 初土俵
1 1978年11月 東序ノ口17 7勝0敗 優勝
2 1979年01月 西序二段24 7勝0敗 優勝
3 1979年03月 東三段目34 7勝0敗 優勝
4 1979年05月 東幕下29 6勝1敗
5 1979年07月 東幕下4 5勝2敗
6 1979年09月 西十両12 9勝6敗

実業団・黒崎窯業から大鳴戸部屋に入門。

序ノ口から本割を26連勝して迎えた1979年5月場所11日目に幕内から陥落していた大錦に敗れプロ入り初黒星。

最高位・小結。張り手を多用し横綱大乃国の大の苦手としてならしました。

 

土佐豊

2007年03月 初土俵
1 2007年05月 西序ノ口9 6勝1敗
2 2007年07月 東序二段57 7勝0敗 優勝
3 2007年09月 西三段目57 7勝0敗 優勝
4 2007年11月 西幕下33 7勝0敗 優勝
5 2008年01月 東幕下4 5勝2敗
6 2008年03月 西十両12 6勝9敗

東京農業大学から時津風部屋に入門。

序ノ口に付いたばかりの2007年5月場所6日目に寺下(のち十両・丹蔵)に敗れた後、幕下4枚目で迎えた2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで30連勝を記録。幕下以下では最高の連勝記録になっています。

最高位は前頭筆頭。

 

常幸龍

2011年05月 初土俵
1 2011年07月 西序ノ口5 7勝0敗 優勝
2 2011年09月 西序二段12 7勝0敗 同点
3 2011年11月 東三段目21 7勝0敗 優勝
4 2012年01月 東幕下15 6勝1敗 優勝
5 2012年03月 東幕下4 5勝2敗
6 2012年05月 西十両12 8勝7敗

十両昇進を機に佐久間山から常幸龍に改名。

4場所目の2012年1月場所。6連勝で迎えた最後の7番相撲で千昇に敗れ、最速5場所での十両昇進を逃しました(幕下15枚目だったので7戦全勝していれば十両昇進の可能性が濃厚でした)。

また、この相撲で序ノ口の一番相撲から続いていた本割での連勝も27でストップしてしまいました。

 

 

7場所

旭富士

1981年01月 初土俵
1 1981年03月 西序ノ口27 7勝0敗 優勝
2 1981年05月 東序二段44 6勝1敗
3 1981年07月 西三段目77 7勝0敗 優勝
4 1981年09月 東幕下60 4勝3敗
5 1981年11月 西幕下47 7勝0敗 優勝
6 1982年01月 東幕下2 5勝2敗
7 1982年03月 西十両10 9勝6敗

近畿大学を中退して漁師をしているところを大島親方(元大関・旭国)にスカウトされて入門。

1981年5月場所、序二段のときに初黒星を付けられた相手は富士の森。のちの小結・孝乃富士(プロレスラー・安田忠夫)だ。

最高位・横綱。現・伊勢ヶ浜親方。

 

宇良

2015年03月 前相撲
1 2015年05月 西序ノ口9 7勝0敗 優勝
2 2015年07月 東序二段10 7勝0敗 同点
3 2015年09月 西三段目18 5勝2敗
4 2015年11月 西幕下54 7勝0敗 同点
5 2016年01月 西幕下8 6勝1敗 同点
6 2016年03月 西幕下2 6勝1敗
7 2016年05月 西十両13 10勝5敗

関西学院大学から木瀬部屋に入門。

2016年1月場所では、本割・決定戦ともに栃丸に敗れ十両昇進を阻止されました。

 

 

8場所

小錦

1982年07月 初土俵
1 1982年09月 東序ノ口32 7勝0敗 優勝
2 1982年11月 西序二段56 7勝0敗 優勝
3 1983年01月 西三段目50 6勝1敗
4 1983年03月 西三段目2 6勝1敗
5 1983年05月 西幕下28 6勝1敗
6 1983年07月 西幕下8 4勝3敗
7 1983年09月 東幕下6 6勝1敗 同点
8 1983年11月 西十両12 11勝4敗 同点

高見山にスカウトされハワイから高砂部屋に入門。

序ノ口から本割20連勝を続ける小錦が最初に土を付けられたのは、三段目に上がった1983年1月場所11日目に対戦した宮内。レスリングのモスクワオリンピック日本代表に選ばれながらボイコットのため出場できず大相撲に転向した力士でした。

三段目2枚目で迎えた1983年3月場所8日目には、同志社大学から幕下付け出しで初土俵を踏んだ服部祐兒と対戦して破っています。以後十両時代ぐらいまで世間は二人をライバル関係として扱っていました。

 

把瑠都

2004年05月 前相撲
1 2004年07月 東序ノ口40 7勝0敗 優勝
2 2004年09月 東序二段30 7勝0敗 優勝
3 2004年11月 西三段目33 5勝2敗
4 2005年01月 東三段目6 6勝1敗
5 2005年03月 西幕下32 5勝2敗
6 2005年05月 東幕下22 6勝1敗
7 2005年07月 西幕下6 5勝2敗
8 2005年09月 西十両14 12勝3敗

エストニア出身。同郷の北欧司(きたおうじ)と来日したものの、北欧司は日本の生活になじめず序ノ口1場所取っただけで帰国。

2004年11月場所7日目に把瑠都に初黒星を付けたのは木村山。

 

境澤

2006年03月 前相撲
1 2006年05月 西序ノ口16 7勝0敗 優勝
2 2006年07月 西序二段21 7勝0敗 同点
3 2006年09月 西三段目27 6勝1敗
4 2006年11月 西幕下46 6勝1敗
5 2007年01月 西幕下19 7勝0敗 優勝
6 2007年03月 西幕下2 5勝2敗
7 2007年05月 東幕下1 5勝2敗
8 2007年07月 西十両10 7勝6敗2休

日大から三保ヶ関部屋(のち尾上部屋)に入門。最高位は前頭15枚目。

西幕下2枚目の5勝2敗で上がれず1場所出世を損した形になりました(1枚上の西幕下筆頭で4勝3敗の千代白鵬が十両昇進)。最近は下位の大勝ちよりも上位での勝ち越しを重視する流れが多いですね。

 

千代桜

2010年03月 前相撲
1 2010年05月 東序ノ口13 6勝1敗
2 2010年07月 東序二段51 7勝0敗 優勝
3 2010年09月 東三段目51 7勝0敗 優勝
4 2010年11月 西幕下29 3勝4敗
5 2011年01月 西幕下35 5勝2敗
6 2011年05月 東幕下24 6勝1敗
7 2011年07月 西幕下2 5勝2敗
8 2011年09月 東十両11 6勝9敗

日本体育大学から九重部屋に入門。三段目に昇進した2010年9月場所に本名の立野から千代桜に改名。九重部屋では三段目に昇進すると「千代○○」という四股名を名乗ることが許されます。

十両昇進2場所目に大ケガを負い、その後休場が続き土俵に復帰できぬまま引退してしまいました。

 

大砂嵐

2012年03月 前相撲
1 2012年05月 西序ノ口5 7勝0敗 優勝
2 2012年07月 西序二段8 5勝1敗1休
3 2012年09月 東三段目75 6勝1敗
4 2012年11月 東三段目20 6勝1敗
5 2013年01月 東幕下38 5勝2敗
6 2013年03月 東幕下23 6勝1敗
7 2013年05月 東幕下7 7勝0敗 優勝
8 2013年07月 西十両9 10勝5敗

エジプト出身。大嶽部屋。

初のアフリカ大陸出身関取として期待がかかります。

 

高立

2014年03月 前相撲
1 2014年05月 西序ノ口5 5勝2敗
2 2014年07月 西序二段53 7勝0敗 同点
3 2014年09月 西三段目54 7勝0敗 優勝
4 2014年11月 西幕下31 6勝1敗
5 2015年01月 西幕下12 5勝2敗
6 2015年03月 東幕下5 3勝4敗
7 2015年05月 東幕下10 7勝0敗 優勝
8 2015年07月 西十両13 5勝10敗

拓殖大学から木瀬部屋に入門。新十両時に本名の高木から高立(たかりゅう)に改名。

幕下で低迷しており復活をのぞみます。

 

大輝

2015年03月 前相撲
1 2015年05月 東序ノ口11 6勝1敗
2 2015年07月 東序二段36 7勝0敗 優勝
3 2015年09月 東三段目36 7勝0敗 優勝
4 2015年11月 東幕下25 5勝2敗
5 2016年01月 東幕下16 5勝2敗
6 2016年03月 西幕下8 5勝2敗
7 2016年05月 西幕下1 4勝3敗
8 2016年07月 十両

本名は中村大輝。下の名前を四股名にしました。日本体育大から八角部屋に入門。

宇良とは同期生で、今まで本割で3戦3敗。ただし序二段の優勝決定戦では勝っています。

宇良には十両昇進に一場所遅れをとりました。追いつき追い越せで良いライバルとして闘ってくれるでしょう。

 

 

9場所

栃東

1994年11月 前相撲
1 1995年01月 西序ノ口47 4勝0敗3休
2 1995年03月 東序ノ口3 7勝0敗 優勝
3 1995年05月 東序二段20 7勝0敗 優勝
4 1995年07月 東三段目32 7勝0敗 優勝
5 1995年09月 東幕下23 3勝4敗
6 1995年11月 西幕下31 7勝0敗 優勝
7 1996年01月 西幕下3 5勝2敗
8 1996年03月 東幕下2 5勝2敗
9 1996年05月 東十両12 10勝5敗

明大中野高校から玉ノ井部屋に入門。

はじめて序ノ口に付いた場所は膝の負傷で前半戦を休場。8日目から出場して4連勝。

幕下にあがった1995年9月場所3日目に出羽嵐に土を付けられるまで26連勝を記録しました。ちなみにこの場所11日目に旭天鵬に4敗目を喫して初の負け越し。

十両まで10場所以下のスピード出世の力士の中で序ノ口在位が2場所ある唯一の力士。

十両昇進時に本名の志賀から栃東に改名。

 

琴欧州(琴欧洲)

2002年11月 前相撲
1 2003年01月 西序ノ口30 7勝0敗 優勝
2 2003年03月 西序二段25 6勝1敗
3 2003年05月 西三段目62 6勝1敗
4 2003年07月 東三段目8 6勝1敗
5 2003年09月 東幕下33 5勝2敗
6 2003年11月 西幕下21 5勝2敗
7 2004年01月 東幕下8 6勝1敗
8 2004年03月 東幕下2 7勝0敗 優勝
9 2004年05月 東十両10 10勝5敗

ブルガリア出身。

萩原(のちの大関稀勢の里)とは幕下時代3回対戦して、琴欧洲の1勝2敗。

 

嘉風

2004年01月 前相撲
1 2004年03月 西序ノ口27 7勝0敗 優勝
2 2004年05月 東序二段23 6勝1敗
3 2004年07月 西三段目60 6勝1敗
4 2004年09月 東三段目6 7勝0敗 優勝
5 2004年11月 西幕下11 3勝4敗
6 2005年01月 西幕下16 6勝1敗
7 2005年03月 西幕下5 4勝3敗
8 2005年05月 東幕下3 5勝2敗
9 2005年07月 西十両13 10勝4敗1休

日本体育大学から尾車部屋に入門。十両昇進時に本名の大西から嘉風に改名。

 

白石

2004年03月 前相撲
1 2004年05月 西序ノ口9 5勝2敗
2 2004年07月 東序二段92 7勝0敗 優勝
3 2004年09月 西三段目84 7勝0敗 同点
4 2004年11月 東幕下54 7勝0敗 優勝
5 2005年01月 東幕下6 4勝3敗
6 2005年03月 東幕下3 3勝4敗
7 2005年05月 西幕下6 5勝2敗
8 2005年07月 東幕下1 4勝3敗
9 2005年09月 西十両12 8勝7敗

日本大学から三保ヶ関部屋に入門。のち尾上部屋。

白乃波の四股名でも土俵に上がりました。

 

阿覧

2007年01月 前相撲
1 2007年03月 東序ノ口33 7勝0敗 優勝
2 2007年05月 西序二段26 6勝1敗
3 2007年07月 東三段目60 5勝2敗
4 2007年09月 東三段目31 6勝1敗
5 2007年11月 西幕下49 6勝1敗
6 2008年01月 東幕下21 6勝1敗
7 2008年03月 東幕下5 4勝3敗
8 2008年05月 西幕下2 5勝2敗
9 2008年07月 東十両14 10勝5敗

ロシア出身。三保ヶ関部屋に所属。

 

正代

2014年03月 前相撲
1 2014年05月 西序ノ口12 7勝0敗 優勝
2 2014年07月 東序二段10 6勝1敗
3 2014年09月 東三段目48 6勝1敗
4 2014年11月 東幕下59 5勝2敗
5 2015年01月 西幕下37 7勝0敗 優勝
6 2015年03月 西幕下3 4勝3敗
7 2015年05月 西幕下2 4勝3敗
8 2015年07月 東幕下1 5勝2敗
9 2015年09月 西十両12 11勝4敗

東京農業大学から時津風部屋に入門。熊本県出身。

幕下優勝から一気に十両に上がるかと思われたが、幕下3→幕下2→幕下1と一枚ずつじわじわ上がる展開になろうとは。

 

 

10場所

貴花田(貴乃花)

1988年03月 前相撲
1 1988年05月 東序ノ口11 5勝2敗
2 1988年07月 西序二段101 6勝1敗
3 1988年09月 西序二段31 6勝1敗
4 1988年11月 東三段目74 5勝2敗
5 1989年01月 東三段目41 5勝2敗
6 1989年03月 西三段目13 5勝2敗
7 1989年05月 東幕下48 7勝0敗 優勝
8 1989年07月 東幕下6 3勝4敗
9 1989年09月 西幕下9 7勝0敗 優勝
10 1989年11月 西十両10 8勝7敗

中学卒業後即入門した力士で唯一10場所以内に十両昇進を果たしました。

 

朝青龍

1999年01月 前相撲
1 1999年03月 東序ノ口34 6勝1敗
2 1999年05月 西序二段85 7勝0敗 優勝
3 1999年07月 西三段目75 7勝0敗 優勝
4 1999年09月 東幕下53 6勝1敗 同点
5 1999年11月 東幕下27 6勝1敗
6 2000年01月 西幕下12 3勝4敗
7 2000年03月 西幕下19 5勝2敗
8 2000年05月 西幕下9 6勝1敗
9 2000年07月 西幕下2 7勝0敗 優勝
10 2000年09月 東十両7 9勝6敗

1場所負け越しがあるものの順調すぎる出世。20世紀のうちに十両に昇進できました。

 

露鵬

2002年05月 前相撲
1 2002年07月 西序ノ口40 7勝0敗 優勝
2 2002年09月 東序二段31 7勝0敗 優勝
3 2002年11月 西三段目32 6勝1敗
4 2003年01月 西幕下49 5勝2敗
5 2003年03月 西幕下33 4勝3敗
6 2003年05月 西幕下28 5勝2敗
7 2003年07月 東幕下16 4勝3敗
8 2003年09月 西幕下12 5勝2敗
9 2003年11月 東幕下5 5勝2敗
10 2004年01月 西十両9 11勝4敗 同点

ロシア出身。同時に初土俵を踏んだ弟の白露山も14場所目で十両に昇進。

 

時天空

2002年07月 前相撲
1 2002年09月 西序ノ口40 7勝0敗 優勝
2 2002年11月 東序二段30 7勝0敗 優勝
3 2003年01月 西三段目33 7勝0敗 優勝
4 2003年03月 東幕下22 5勝2敗
5 2003年05月 東幕下11 4勝3敗
6 2003年07月 西幕下6 4勝3敗
7 2003年09月 東幕下4 4勝3敗
8 2003年11月 西幕下1 3勝4敗
9 2004年01月 東幕下3 5勝2敗
10 2004年03月 東十両11 8勝7敗

モンゴル出身。東京農業大学から時津風部屋入り。

西幕下筆頭の2003年11月場所、最後の7番相撲で負け越して十両昇進が1場所遅れたのは残念。ちなみにその場所の東幕下筆頭の安馬(のちの横綱・日馬富士)も3勝3敗からの7番相撲に敗れ負け越して十両昇進は1場所お預け。この2人が負け越したおかげ?で東幕下9枚目で5勝2敗だった白鵬が幸運の十両昇進を果たしました。

 

栃煌山

2005年01月 前相撲
1 2005年03月 東序ノ口31 6勝1敗
2 2005年05月 東序二段61 6勝1敗
3 2005年07月 東三段目93 6勝1敗
4 2005年09月 東三段目36 5勝2敗
5 2005年11月 西三段目12 7勝0敗 優勝
6 2006年01月 西幕下12 4勝3敗
7 2006年03月 西幕下7 5勝2敗
8 2006年05月 西幕下3 5勝2敗
9 2006年07月 東幕下1 6勝1敗
10 2006年09月 東十両11 9勝6敗

明徳義塾高校から春日野部屋入り。十両昇進時に本名の影山から栃煌山に改名。

序ノ口最初の相撲では、高校時代からのライバル澤井(のち豪栄道)に下手投げで敗れました。

澤井には翌場所序二段でも敗れましたが、十両へは栃煌山のほうが1場所早くゴールイン。

 

山本山

2007年01月 前相撲
1 2007年03月 東序ノ口32 6勝1敗
2 2007年05月 東序二段61 7勝0敗 優勝
3 2007年07月 西三段目59 6勝1敗
4 2007年09月 西三段目6 6勝1敗
5 2007年11月 東幕下32 1勝6敗
6 2008年01月 東幕下58 7勝0敗 優勝
7 2008年03月 東幕下6 5勝2敗
8 2008年05月 東幕下2 4勝3敗
9 2008年07月 西幕下1 6勝1敗 同点
10 2008年09月 東十両12 9勝6敗

日本大学から尾上部屋に入門。

スピード昇進力士には珍しく幕下時代に1勝6敗の大負けを食らっています。

 

佐藤

2014年09月 前相撲
1 2014年11月 西序ノ口18 7勝0敗 優勝
2 2015年01月 東序二段10 7勝0敗 優勝
3 2015年03月 東三段目18 5勝2敗
4 2015年05月 東幕下55 6勝1敗
5 2015年07月 西幕下27 4勝3敗
6 2015年09月 西幕下21 6勝1敗 同点
7 2015年11月 西幕下7 3勝4敗
8 2016年01月 西幕下13 4勝3敗
9 2016年03月 東幕下9 7勝0敗 優勝
10 2016年05月 東十両13 11勝4敗

埼玉栄高校から貴乃花部屋に入門。師匠と同じ10場所目での十両昇進を果たしました。

本名の佐藤のままで関取に。四股名は入幕するまでとっておくとの事。しかし、これで満を持して発表した四股名が「佐藤山」だったりしたらみんな_(┐「ε:)_ズコー ってなりそう。

→2017年1月場所に新入幕を果たし「貴景勝」と無事(!)改名しました。

 

 

【大相撲記録】スピード新入幕記録

 

≫大相撲記録INDEXへ

≫他の「大相撲記録」関連の記事を読む

≫他の「大相撲」関連の記事を読む

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …大相撲記録