大相撲 …予想番付

2016年3月場所予想番付

大相撲2016年1月場所は、大関琴奨菊が初優勝。2006年1月場所の大関栃東以来10年ぶりの日本出身力士の優勝となりました。

 

 

琴奨菊の優勝を目の前にして、以前から期待されているもう一人の大関も燃えないわけにはいかないですよね。来場所以降火がついて大いに活躍してくれるものと期待していますよ。

 

琴奨菊には来場所綱取りがかかります。先代師匠である琴桜は今の琴奨菊とほぼ同じ年齢で連続優勝して横綱を勝ち取りました。琴奨菊もじゅうぶん可能だと思います。

そんな来場所の番付を予想してみました。

【参考】

大相撲2016年(平成28年)1月場所番付|相撲レファレンス

 

◎…新昇進 ○…再昇進 ×…陥落

横綱~三役

地位 西
日馬富士 横綱 白鵬
鶴竜 横綱
琴奨菊 大関 稀勢の里
豪栄道 大関 照ノ富士
嘉風 関脇 ◎宝富士
○豊ノ島 小結 ×栃煌山

 

千秋楽結びの一番を制した日馬富士が初めて2場所連続の東正横綱に。

33歳で新関脇の嘉風が勝ち越したのは立派。

三役の入れ替わりは2名。地位の高い宝富士が新関脇になると予想。豊ノ島はもう一番勝って13勝に乗せていれば関脇になったかも。

 

 

前頭

地位 西
琴勇輝 前頭 隠岐の海
高安 2 ×栃ノ心
蒼国来 3 碧山
安美錦 4 ×勢
旭秀鵬 5 妙義龍
正代 6 松鳳山
豪風 7 魁聖
貴ノ岩 8 千代大龍
佐田の海 9 臥牙丸
豊響 10 ○英乃海
玉鷲 11 ◎大翔丸
徳勝龍 12 阿夢露
○大栄翔 13 逸ノ城
千代鳳 14 ○里山
御嶽海 15 大砂嵐
北太樹 16

 

琴勇輝と蒼国来がはじめて上位陣総当たりの位置へ。どれくらい通用するか楽しみですね。

幕内から十両に落ちそうな力士が多くて、逆に十両から幕内を狙える星の力士が少なくアンバランス。結局4名ずつの入れ替えと予想しました。

本来なら十両陥落でもおかしくない大砂嵐と北太樹が残留すると予想。明瀬山の5枚目での8勝は幕内に届かないと判断しました。

 

 

十両

地位 西
朝赤龍 十両 明瀬山
青狼 2 錦木
×誉富士 3 千代の国
×輝 4 富士東
荒鷲 5 鏡桜
佐田の富士 6 東龍
×遠藤 7 石浦
旭日松 8 北磻磨
×常幸龍 9 剣翔
千代翔馬 10 千代皇
天鎧鵬 11 千代丸
阿武咲 12 出羽疾風
朝弁慶 13 ○翔天狼
天風 14 旭大星

 

栃飛龍、栃丸が7戦全勝をかけた相撲で敗退。さらに若乃島、大翔鵬が入れ替え戦的な取組で敗退したので、時天空陥落・翔天狼昇進の1枠のみの入れ替えとあまり変動なし。

 

2016年3月場所は

番付発表が2月29日(月)

初日が3月13日(日)です。

 

予想番付一覧

大相撲関連記事一覧

 

■全カテゴリーの一覧

 



..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …予想番付