▶大相撲 ……大相撲記録

【大相撲記録】千秋楽に初日を出した力士

【大相撲記録】15戦全敗した力士という記事では、15日間相撲を取って全敗した力士を紹介しました。

では、14連敗して千秋楽にようやく白星をあげてあやうく15戦全敗という不名誉な記録を免れた力士を見てみたいと思います。

 

場所 地位 力士 千秋楽の相手
1951年01月 東十両4 鬼龍川 那智ノ山
1954年01月 東前頭2 潮錦 大晃
1967年05月 西前頭6 浅瀬川 富士錦
2006年09月 西十両5 武雄山 出羽鳳
2009年05月 東前頭1 豊真将 嘉風
2013年07月 東前頭11 大道 富士東

 

全敗してしまうかもしれない(((゜д゜;)))というプレッシャーのなか千秋楽に勝って1勝14敗になった力士は6人。

15戦全敗してしまった力士は9人だったことを考えると、全敗してしまうかもというプレッシャーで勝つことは容易なことではないなと。

1967年の浅瀬川から2006年の武雄山の間には39年あります。その間に14連敗で千秋楽を迎えた力士7人はことごとく敗れてしまっていたわけですね。

豊真将は2014年3月場所、西十両2枚目で初日から14連勝。千秋楽に大道に敗れ、惜しくも15戦全勝とはいきませんでした。

14連敗からの1勝、14連勝からの1敗。両方を経験しているのは豊真将だけです。

 

◆関連記事

【大相撲記録】15戦全敗した力士

1勝14敗の力士たち(予定)

 

大相撲記録関連記事一覧

大相撲関連記事一覧

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……大相撲記録