▶大相撲 ……予想番付

2015年11月場所予想番付

2015/09/29

白鵬が横綱昇進以来はじめて休場して大混戦となった2015年9月場所。千秋楽結びの一番があっけなく終わるんじゃないかという懸念のなか、照ノ富士がすばらしい相撲で優勝決定戦にまで持ち込み、最後に場所を大いに盛り上げました。

 

では、来場所11月場所の予想番付を作成してみました。

【参考】

.

 

◎…新昇進 ○…再昇進 ×…陥落

横綱~小結

地位 西
鶴竜 横綱 白鵬
日馬富士 横綱
照ノ富士 大関 稀勢の里
琴奨菊 大関 豪栄道
栃煌山 関脇 妙義龍
栃ノ心 小結 ○嘉風

 

横綱初優勝を遂げた鶴竜が、東正横綱で初めて全力士の頂点に立ちます。

小結で10勝の栃ノ心、西筆頭で11勝の嘉風が関脇に昇進して4関脇になることも考えられますが、余程のことがないかぎり頑なに東西ひとりずつというのを守っていますので、嘉風が再小結になるだけかと。

もし栃ノ心が来場所も東小結なら、1場所15日制が定着した1949年11月場所以降で東小結10勝ながら翌場所も東小結なのは、栃乃和歌、稀勢の里、栃煌山に次ぎ4例目となります。4例中3例が春日野部屋の力士とは因縁めいてますね。

もし来場所4関脇になるならば、東に大砂嵐、西に逸ノ城があがると予想されます。

 

前頭

地位 西
大砂嵐 前頭 逸ノ城
碧山 2 豊ノ島
×隠岐の海 3
安美錦 4 遠藤
阿夢露 5 琴勇輝
佐田の海 6 誉富士
旭秀鵬 7 魁聖
徳勝龍 8 宝富士
玉鷲 9 ○松鳳山
◎御嶽海 10 蒼国来
臥牙丸 11 佐田の富士
豪風 12 ○豊響
千代大龍 13 高安
大栄翔 14 時天空
北太樹 15 千代鳳
朝赤龍 16

 

千秋楽7勝7敗で迎えた幕内下位力士負け過ぎぃ!

おかげで幕内下位が大渋滞して、十両から上がった力士は昇進幅がアップ。負けが込んだ佐田の富士や休場し高安も思ったほど番付は下がらないような感じがします。

十両からの昇進は3人に留まると予想。貴ノ岩と輝の入幕があるとすると、落ちるのは朝赤龍と千代鳳?

 

十両

地位 西
十両 貴ノ岩
×青狼 2 ×鏡桜
常幸龍 3 北磻磨
×英乃海 4 正代
荒鷲 5 富士東
里山 6 阿武咲
明瀬山 7 旭日松
若乃島 8 旭大星
石浦 9 ◎朝弁慶
○東龍 10 徳真鵬
天風 11 大翔丸
千代皇 12 錦木
天鎧鵬 13 ○大道
千代丸 14 ◎安彦

 

上位と下位が詰まりすぎて、中盤がすこしすかすかといった印象。

錦木など1枚しか上がれないぐらい下位は詰まっていて(なんとか2枚上がる位置に当てはめ)、幕下で6番勝った朝弁慶と東龍をかなり高い位置に上げざるをえませんでした。

新十両は神奈川県から久々の朝弁慶と、千秋楽に阿炎との入れ替え対決「あび・あびこ」対決に勝利した安彦の二人。

 

11月場所番付発表は10月26日(月)。

初日は11月8日(日)です。

 

 

予想番付記事一覧

大相撲関連記事一覧

大相撲記録記事一覧

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……予想番付