▶大相撲 ……名前 ……四股名

【四股名】本名関取一覧

2017/08/28

2015年9月場所の新十両力士は正代(しょうだい)。

正代というのは変わった四股名ですが、自分の本名(名字)をそのまま四股名にしているんですね。

昔はみんな、○○の山とか、▲▲ノ海とか、どんな新弟子であろうとも四股名を付けていたいました。

しかし、いつからか本名のままで相撲を取り、晴れて十両昇進して関取になったときに四股名をつける、というような力士も多くなってきました。昭和初期の出羽海部屋あたりかな。力士の人数が多すぎていちいち四股名を考えるのが面倒くさかったんでしょうか。

 

関取になってからも、四股名を本名のままで通す!という例は戦後になってから多くみられるようになりました。

本名のままで関取として土俵にあがった力士をまとめてみました。

本名関取一覧

※時代順

※改名…改名を複数回している場合は代表的な四股名のみを記載

四股名 本名関取期間 改名 最高位
小役丸 1940.05 十両9
岩平 1946.11 ~ 1947.06 若葉山 小結
大内 1947.11 大内山 大関
山口 1948.05 ~ 1950.01 神錦 前頭5
本間 1949.05 信夫山 関脇
藤田 1949.10 ★ 藤田山 前頭10
米川 1950.09 ~ 1952.01 朝潮 横綱
小川 1952.09 ~ 1954.05 星甲 前頭4
成山 1953.01 ~ 1962.05 小結
八染 1954.05 ~ 1962.03 前頭16
松井 1955.05 ~ 1956.01 福緑 十両15
及川 1956.09 ~ 1962.03 前頭10
戸田 1957.03 ~ 1957.05 三笠山 十両13
富樫 1957.11 ~ 1959.01 柏戸 横綱
明歩谷 1957.11 ~ 1961.03 明武谷 関脇
西中 1958.07 ~ 1959.11 十両7
公地 1958.11 ~ 1963.09 十両3
花田 1959.01 ~ 1960.07 栃ノ海 横綱
宇田川 1959.05 ~ 1961.03 ★ 宇多川 前頭3
坪井 1959.05 十両19
大塚 1961.01 ~ 1961.09 豊国 小結
富山 1961.03 ~ 1961.07 若浪 小結
宮永 1961.05 ~ 1961.11 天津風 前頭3
新川 1961.07 ~ 1962.09 前頭2
内田 1961.09 ~ 1961.11 豊山 大関
牧山 1961.09 ~ 1962.01 荒波 前頭4
長谷川 1963.01 ~ 1976.05 ▼ 関脇
荒川 1964.03 ~ 1966.01 十両8
朝岡 1964.11 ~ 1969.03 前頭10
杉浦 1965.05 ~ 1966.01 和晃 前頭1
佐々木 1965.09 ~ 1965.11 禊鳳 前頭2
戸田 1965.11 ~ 1970.11 羽黒岩 小結
花田 1968.03 ~ 1969.03 貴ノ花 大関
川崎 1968.11 ~ 1969.05 錦洋 前頭1
株本 1970.01 ~ 1971.05 ▼ 十両9
輪島 1970.05 ~ 1981.03 横綱
長浜 1970.09 ~ 1972.05 豊山 小結
丸山 1970.09 ~ 1976.07 ▼ 前頭13
牧本 1970.11 ~ 1972.11 ▼ 前頭12
荒瀬 1972.11 ~ 1975.07 荒勢 関脇
金城 1973.03 ~ 1979.01 ★ 栃光 関脇
尾堀 1973.05 ~ 1973.07 大錦 小結
土師 1975.03 十両11
板倉 1975.03 ~ 1975.07 大剛 前頭11
蔵間 1975.05 ~ 1989.09 関脇
小沼 1975.07 ~ 1978.03 ▼ 前頭9
安達 1975.07 ~ 1977.11 蔵玉錦 前頭1
石川 1975.09 大ノ海 前頭4
松岡 1975.09 ~ 1976.03 ▼ 龍門 十両1
蜂矢 1976.05 ~ 1987.07 ▼ 前頭6
岩下 1976.09 ~ 1978.01 照の山 前頭8
金谷 1976.11 ~ 1977.03 栃赤城 関脇
山口 1977.05 ~ 1978.03 ★ 谷嵐 前頭4
尾形 1977.09 ~ 1979.01 天ノ山 前頭1
松村 1978.03 佐田の海 小結
長岡 1978.07 ~ 1979.01 朝潮 大関
斉須 1978.11 ~ 1979.01 ★ 宝国 前頭2
松山 1979.05 ~ 1982.11 ▼ 十両1
福薗 1981.07 ~ 1981.11 逆鉾 関脇
草竹 1982.01 十両11
板井 1982.05 ~ 1991.09 小結
保志 1983.03 ~ 1986.07 北勝海 横綱
市ノ渡 1983.03 ~ 1987.05 ▼ 十両5
服部 1983.09 ~ 1985.05 藤ノ川 前頭3
周詞 1984.01 花龍 十両12
北尾 1984.01 ~ 1986.07 双羽黒 横綱
高道 1987.03 ~ 1987.07 森乃里 十両9
寺木 1991.11 蒼樹山 前頭1
金親 1993.11 ~ 1998.03 ▼ 十両2
出島 1996.09 ~ 2009.07 大関
十文字 1999.11 ~ 2010.11 ▼ 前頭6
霜鳥 2001.05 ~ 2007.05 霜鳳 小結
古市 2002.11 十両12
垣添 2003.03 ~ 2011.07 ▼ 小結
中尾 2003.05 ~ 2004.03 ▼ 前頭12
石出 2004.11 ~ 2005.09 駿傑 前頭12
萩原 2004.05 ~ 2004.09 稀勢の里 横綱
片山 2004.07 ~ 2008.07 前頭13
上林 2005.05 ~ 2011.07 ▼ 大岩戸 (前16)
白石 2005.09 ~ 2005.11 白乃波 十両4
里山 2006.01 ~ ▼ (前12)
境澤 2007.07 ~ 2011.05 ▼ 前頭15
市原 2007.11 ~ 2008.11 清瀬海 前頭13
松谷 2010.05 ~ 2011.09 ▼ 松鳳山 (小結)
高安 2010.11 ~ (大関)
遠藤 2013.07 ~ (前1)
石浦 2015.03 ~ (前8)
正代 2015.09 ~ (関脇)
佐藤 2016.05 ~ 2016.11 貴景勝 (前1)
宇良 2016.05 ~ (前4)
山口 2016.11 ~ (大喜鵬) (前16)
小柳 2016.11 ~ 2017.03 豊山 (前16)
矢後 2017.09 ~ (十13)

 

▼…期間中に幕下以下への陥落あり

★…他の四股名を挟んで再び本名に戻る

・藤田(1949.10)→藤田山(1950.01)→藤田(1950.05~1951.05)→藤田山(1951.09~1953.09)

・宇田川(1959.05~1961.03)→宇多川(1961.05~1966.09)→宇田川(1966.11~1967.03)

・金城(1973.03~1979.01)→栃光(1979.03~1985.01)→金城(1985.03~1987.05)

・山口(1977.05~1978.03)→谷嵐(1978.05~1980.03)→山口(1981.09)

・斉須(1978.11~1979.01)→鴻国(1979.03~1979.07)→斉須(1980.03~1980.05 1980.09~1981.01 1981.05~1984.03)→宝国(1984.05~1985.07 1985.11)

 

本名関取あれこれ

本名関取第一号は四股名みたいな本名

本名関取第一号は小役丸。そのまま四股名にしてもおかしくない立派な名字で、下の名も勇走。

その本名関取デビューの場所は、初日から休場。8日目から出場するも黒星でなんと翌日休場して不戦敗。そのまま千秋楽まで休場してしまいました。成績は0勝2敗13休み。星取にすると「ややややややや●■やややややや」という珍しい形。この場所限りで廃業してしまいました。

本名幕内第一号は岩平。生き別れた両親を探すため本名の岩平のままで取っていましたが、幕内2場所目に若葉山に改名。両親が見つかったのかどうか知りませんが、もしまだ本気で探すんだとしたら、横綱大関と当たるちいまで本名でいたらいいのにと思いましたね。幕内下位だと一般の人はそんなに注目しないでしょう。

本名三役(小結)第一号は成山。それまでの力士は本名関取の期間が短かったんですが、成山は10年近く本名で通した初めての関取です。

本名関脇第一号は長谷川。本名そのままの四股名で三役の常連に。8場所連続関脇を2回達成するなど「史上最強の関脇」の異名を取りました。

本名大関第一号は輪島。輪島のほかに本名で大関にあがったのは北尾と出島しかいません。保志は大関昇進時に北勝海に改名。

本名横綱は後にも先にも輪島ただひとり。しかし輪島の出身地の石川県には輪島塗で有名な輪島市があり、あまり本名っぽくなく地元にあやかった四股名のようにも感じられます(輪島の出身は石川県七尾市)。北尾は横綱昇進時に双羽黒に改名。

 

関取になった時には四股名がついていたけど…

関取になったときに、四股名を名乗っていながらのちに本名に改名したのは次の力士たち。

吾妻山→本間(→信夫山)、藤田山→藤田、五ッ潟→坪井、玉響→新川、轟→牧本、佐賀ノ海→土師、高鉄山→板井、月山→金親、階ヶ嶽→十文字、若孜→中尾、駒光→石出(→駿傑)、小緑→古市、大喜鵬→山口。

 

幻の本名関取・高橋(三山)

1968年5月場所での新十両を決めた高橋は、郷里の出羽三山にちなんで「三山」に四股名を変えることになりましたが、改名届を出し忘れて番付には「高橋」と載ってしまいました。

化粧まわしなども既に「三山」で作ってしまっていたので嘆願書を出してどうにか初日から「三山」の四股名で相撲を取ることができました。

「高橋」という名の本名関取は番付面だけの幻になりました。

ちなみに「三山」の読みは、出羽三山から当初「さんざん」でしたが、「散々」に通ずるからということで、翌場所から「みやま」に変わりました。

 

名字被りは3つ

関取の四股名として使われた名字で2回以上登場するのは次の3つ。

・花田→栃ノ海
・花田→貴ノ花

貴ノ花の兄である横綱・初代若乃花は、同郷(青森県)で同じ名字ということでけっこう目にかけていたようです。

 

・戸田→三笠山
・戸田→羽黒岩

羽黒岩の戸田は、誤審疑惑で有名になった大鵬の連勝記録ストップの相手です。

 

・山口→神錦
・山口→谷嵐
・大喜鵬→山口

谷嵐の山口は、横浜DeNAベイスターズ・山口俊投手の父親です。「どすこい」のニックネームもここからきてます。

 

生涯本名

生涯(初土俵から引退まで)一度も四股名を変えず本名を貫きとおした関取は、及川、長谷川、荒川、朝岡、株本、輪島、蔵間、小沼、市ノ渡、出島、垣添、境澤の12人。

現役では、里山、高安、遠藤、石浦、正代、宇良がまだ本名だけで取っていますが、新たな四股名が付けられる時が来るんでしょうか。

 

豊山にまつわる因縁

時津風部屋には過去、二人の「豊山」という関取がいました。

どちらも新潟県出身で東農大卒のの学士関取。内田改め豊山は柏鵬時代に大関として活躍。引退後は相撲協会理事長も務めました。長浜改め豊山は輪島とライバル関係にあったりして小結まで昇進。

このふたりが新十両になったとき、いずれも同じ時津風部屋から新十両が誕生していて、しかも本名関取。

1961年9月場所:内田(→豊山)、牧山(→荒波)が同時新十両。

1970年9月場所:長浜(→豊山)、丸山が同時新十両。

どちらも9月場所というのもそうなんですが、加えて同時に新十両になった相手も「まやま」「まやま」と読みが1字違いと似通っています。

 

四股名のような名字

本名関取第一号の「小役丸」もそうですが、本名の中にはそのまま四股名としても立派に通用するものも混じっています。

かっこいいと思うのは「明歩谷(みょうぶだに)」。名字由来net.によると全国32,046位の珍しい名字で100人ぐらいしかいないとのこと。のちに「歩」を「武」の字に変えて、より四股名らしくなりました。

あと「市ノ渡(いちのわたり)」もいいですね。青森県天間舘村に集中している名字だそうですが。

その他の珍しい本名の全国順位と人数は、小役丸(21,736位、約200人)、八染(48,720位、約40人)、公地(29,087位、約120人)、尾堀(68,677位 約20人)、周詞(49,031位、約40人)など。

現役の千代大龍の名字は「明月院」というんですが、名字由来net.では調査中とでるほど希少なもの。ぜひ「明月院」のままで取ってほしかったと思ってるのは私だけじゃないはずです。

 

 

≫他の「四股名」関連の記事を見る

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

(大相撲四股名研究家:まるほん)

 

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-▶大相撲, ……名前, ……四股名