大相撲 …大相撲記録

新大関初日の成績

2017/07/24

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年7月場所、照ノ富士が新大関として土俵に登場します。

立場も環境も変わる大関としての初日はとても緊張するもの。過去の大関が初日にどのような結果を残したのか振り返ってみます。

新しい方から遡っていきます。

 

新大関初日の成績

※15日間制が定着した1949年5月場所以降

※最終成績の赤文字は優勝

場所 新大関   相手(地位) 最終成績
2017年07月 高安 北勝富士(前2) 9勝6敗
2015年07月 照ノ富士 碧山(前2) 11勝4敗
2014年09月 豪栄道 高安(前2) 8勝7敗
2012年05月 鶴竜 臥牙丸(前2) 8勝7敗
2012年01月 稀勢の里 豪栄道(前2) 11勝4敗
2013年11月 琴奨菊 栃ノ心(前2) 11勝4敗
2010年05月 把瑠都 栃ノ心(前2) 10勝5敗
2009年01月 日馬富士 嘉風(前2) 8勝7敗
2007年09月 琴光喜 栃乃洋(前2) 10勝5敗
2006年05月 白鵬 若の里(前2) 14勝1敗
2006年01月 琴欧州 露鵬(前2) 10勝5敗
2002年09月 朝青龍 霜鳥(前2) 10勝5敗
2002年01月 栃東 安芸乃島(前1) 13勝2敗
2000年09月 魁皇 千代天山(前2) 11勝4敗
2000年07月 雅山 栃東(関脇) 6勝9敗
2000年05月 武双山 全休
1999年09月 出島 朝乃翔(前2) 10勝5敗
1999年03月 千代大海 出島(小結) 3勝8敗4休
1994年03月 貴ノ浪 寺尾(前2) 12勝3敗
1994年03月 武蔵丸 三杉里(前1) 9勝6敗
1993年09月 若ノ花 琴富士(前2) 9勝6敗
1993年03月 貴ノ花 栃乃和歌(前1) 11勝4敗
1992年07月 全休
1990年05月 霧島 若瀬川(前4) 9勝6敗
1987年11月 旭富士 栃乃和歌(関脇) 11勝4敗
1987年07月 小錦 太寿山(前1) 9勝6敗
1986年09月 北勝海 水戸泉(関脇) 12勝3敗
1986年01月 北尾 陣岳(前3) 10勝5敗
1985年09月 大乃国 寺尾(前2) 12勝3敗
1983年07月 北天佑 青葉城(関脇) 9勝6敗
1983年05月 朝潮 蔵間(小結) 9勝6敗
1983年01月 若島津 大潮(前1) 10勝5敗
1982年03月 隆の里 高見山(前2) 11勝4敗
1982年01月 琴風 飛騨ノ花(前1) 11勝4敗
1981年03月 千代の富士 栃赤城(前2) 11勝4敗
1980年03月 増位山 出羽の花(小結) 3勝5敗7休
1977年03月 若三杉 増位山(小結) 9勝6敗
1976年05月 旭国 増位山(前1) 9勝6敗
1976年01月 三重ノ海 若三杉(小結) 8勝7敗
1975年03月 魁傑 富士桜(前3) 11勝4敗
1974年03月 北の湖 黒姫山(小結) 10勝5敗
1973年09月 大受 魁傑(関脇) 2勝6敗7休
1972年11月 輪島 大麒麟(大関) 11勝4敗
1972年11月 貴ノ花 旭国(関脇) 9勝6敗
1970年11月 大麒麟 大受(前3) 9勝6敗
1970年09月 前乃山 全休
1969年07月 清国 麒麟児(小結) 12勝3敗
1967年11月 琴桜 藤ノ川(前2) 8勝7敗
1966年11月 玉乃島 長谷川(前2) 9勝6敗
1966年09月 北の富士 明武谷(前5) 10勝5敗
1968年03月 豊山 金乃花(前5) 7勝8敗
1962年07月 栃ノ海 若秩父(前4) 9勝6敗
1962年07月 栃光 若三杉(前3) 11勝4敗
1962年05月 佐田の山 岡ノ山(前5) 13勝2敗
1961年07月 北葉山 金ノ花(前4) 8勝7敗
1961年01月 大鵬 出羽錦(前6) 10勝5敗
1960年09月 柏戸 若秩父(前1) 12勝3敗
1959年11月 若羽黒 若秩父(前4) 12勝3敗
1958年05月 琴ヶ浜 時錦(前4) 11勝4敗
1957年05月 朝汐 北ノ洋(前3) 9勝6敗
1956年01月 松登 栃光(前2) 5勝10敗
1956年01月 若ノ花 三根山(前2) 13勝2敗
1955年05月 大内山 出羽錦(前6) 9勝6敗
1953年09月 三根山 国登(前3) 8勝7敗
1953年01月 栃錦 若ノ花(前3) 11勝4敗
1951年05月 吉葉山 清恵波(前2) 10勝5敗
1951年05月 鏡里 清水川(前3) 10勝5敗
1949年10月 千代ノ山 大内山(前5) 13勝2敗

 

新大関初日の成績は、48勝16敗3休。

 

新大関で全休

新大関場所を休場した武双山、曙、前乃山の大関としての初日の成績は

武双山:○闘牙(前2)→最終成績4勝11敗

曙:○琴錦(前1)→最終成績9勝6敗

前乃山:●三重ノ海(前1)→最終成績9勝6敗

 

初日から連敗

初日に負けてずるずると連敗してしまったのは

4連敗:日馬富士(8勝7敗)

3連敗:千代大海(3勝8敗4休)

2連敗:雅山(6勝9敗)、大麒麟(9勝6敗)、三根山(8勝7敗)

 

新大関初日に大関と対戦

1972年11月場所に新大関として登場した輪島は、初日に大関の大麒麟と対戦。1970年代は時たま初日二日目に大関以上同士の取組を組むことがありました。

 

 

新横綱初日の成績

昭和以降大関一覧

 

≫大相撲記録INDEXへ

≫他の「大相撲記録」関連の記事を見る

≫他の「大相撲」関連の記事を見る

 

≫全カテゴリーINDEXへ

 

(大相撲記録アナリスト:まるほん)

..

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログを書いている人=まるほん

握手会アンバサダー
松井玲奈推しのKSDD
大相撲記録アナリスト
野球記録調査員
サザン愛好家
カラアゲニスト志望
etc……
まるほんの詳しいプロフィールはこちら

フォローしていただけたら泣いて喜びます。

Twitter @maruhon38

   
Google+ まるほん


Feedlyに登録できます。
follow us in feedly

-大相撲, …大相撲記録